GW,穴場,温泉,日帰り

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

GWの穴場【2016】関東の温泉!日帰 りおすすめ厳選3

読了までの目安時間:約 8分
jyosei-onsen01

GWはちょっと遠出して、日帰り温泉を満喫してみませんか?関東はもちろん、都内でも意外に温泉は多いんですよ。


お出かけ、といえば皆さんは
どこに行くイメージでしょうか。


遊園地、アウトドアなど色々ありますが。


忘れてはいけないのが温泉ですね!


日頃の疲れを癒してくれる、
日本人でよかったなと思える場所です。


そこで今回は関東の日帰り温泉の
おすすめを紹介します。


GWに行きたい関東穴場日帰り温泉スポットベスト3


jyosei-onsen

奥塩原新湯温泉 湯荘白樺




栃木県那須塩原市湯本塩原14

営業時間:10:00~20:00

入湯料:1人500円


東京から日帰りとなると
少々キツイかもしれませんが。


それでも行ってみたいのがこの温泉。


濃厚なお湯は、もちろん源泉かけ流し


泉質は単純酸性硫黄温泉です。


栃木県内でも穴場と名高いこの温泉


宿泊もできますが、日曜日の夕方でも
かなりすいているそう。


ほぼ貸切状態で温泉を楽しめるようです。


ここの温泉はとにかくお湯が濃厚


湯船の近くには源泉から湧き出した
泥がおいてあります。


それを肌に塗って少し待つと、
あっという間にすべすべに。


まさに美肌の湯。


とくに女性におすすめの、
秘湯中の秘湯です。


七里川温泉 いろりの宿





千葉県君津市黄和田畑921-1

営業時間:9:00~22:00

入湯料

大人(高校生以上):800円

3歳~中学生:400円

千葉の素朴な山のなかにある七里川温泉。


千葉県内では珍しい
硫黄泉を楽しむことができます


源泉かけ流しの湯は無色透明で、
少しヌルっとした肌触り。


ただ硫黄が強いのか、
内風呂は硫黄の匂いが強め。


苦手な人は、露天風呂がおすすめです。


入浴後は大広間の囲炉裏で魚介類を
焼いて食べることもできます



じっくりと温泉であたたまり、
おいしい魚介類を頂く。


まさに最高の贅沢ですね。


onsenkodomo01

天然自家源泉 星音の湯





埼玉県秩父市下吉田468

営業時間:10:00~23:00

入湯料

~17:00

大人(中学生以上):930円

小人(3歳~小学生):630円

※バスタオル、フェイスタオル、館内着付

~23:00

大人:730円

小人:430円

※バスタオル、フェイスタオル付

※オムツの取れていない乳幼児の入浴不可


自家源泉を持つ日帰り温泉施設です。


雰囲気は最近よくある日帰り温泉のまま。


温泉以外にも岩盤浴や
リラクゼーションなども楽しめます。


温泉は露天風呂、
内風呂ともに2~3種類ずつ


月、星とテーマが分かれていて、
男女で週替わりになっています。


星の露天風呂は檜風呂。


月の露天風呂は岩風呂と、
違った楽しみがあり。


思わず2度、3度と
足を運びたくなる温泉です。


ほかにも宿泊や、貸切風呂、足湯も完備。


最寄りの秩父鉄道皆野駅から
無料のシャトルバスがある
ため、
アクセスもラクラク。


その割には
比較的すいているので、穴場ですよ。


またYouTubeにも
関東で人気の日帰り温泉を
紹介していました。


こちらもあわせて
参考にしてください。




都内にもある!穴場温泉スポット


onsen01
番外編としてご紹介するのは、
都内の温泉スポット。


東京にもあまり知られていませんが、
しっかり温泉があるんです


奥多摩温泉 もえぎの湯




東京都奥多摩町氷川119-1


営業時間

4月~6月:9:30~20:00

※GW期間中は~21:30まで営業

入湯料

大人:2時間780円
(超過料金:1時間200円)

小学生:2時間410円

幼児・未就学児:無料


青梅街道沿い、氷川トンネルの
そばにある日帰り温泉施設。


駅からもほど近く、奥多摩ですが
アクセスしやすい施設です。


施設内の雰囲気は、
いたってシンプルな感じ。


温泉も露天風呂、内風呂、
足湯とシンプルです。


丁度この辺りにはキャンプ場などが
多いため、その帰りによる人が多いよう。



スポンサードリンク

そのため夏場は込み合いますが、
GW期間中は比較的すいています


2時間という時間制限もあるので、
あまり長居しないということも
すいている要因のようです。


前野原温泉 さやの湯処





東京都板橋区前野町3-41-1

営業時間:10:00~25:00

入湯料

大人:平日830円
土日祝日1,030円

子ども(小学生以下)
平日520円・土日祝日720円

※GW、お盆など特別料金アリ

なんと23区内にも天然温泉があります


この施設では源泉かけ流し、
加水もなしの源泉風呂を始め。


露天風呂、内湯が8種類


さらにサウナが2種類に別途料金が
必要ですが岩盤浴もある充実ぶり。


有名温泉地でも滅多に味わえない、
本物の温泉を楽しめます。


泉質は弱アルカリ性の、ナトリウム泉。


塩化物が多く入っているため、
なめると少々しょっぱいそうです。


さらにその塩分が肌について
汗の蒸発を防ぐため
非常に保温性に優れています。


湯冷めしにくく、いつまでも
あたたかさが持続するのが特徴ですね。


このことから「熱の湯」とも
呼ばれているそうです。


全国的には無名ですが、
板橋区内ではかなり有名なこの施設。


地元の人たちにとても
愛されている温泉なのだそう。


関東とはいえ、遠くまで
行くのはちょっと面倒。


仕事があるから遠くへ行けない。


そんな人はぜひ足を運んでみてください。


GWにおすすめの日帰り温泉のまとめ



関東の日帰り温泉施設は、
これだけでなくまだまだあります。


もう本当に数えきれないくらいです。


とくに群馬、
栃木辺りは密集していますね。


南関東に住んでいるとなかなか遠いですが
足をのばせるならぜひ。


また群馬や栃木まで足をのばすなら、
温泉のハシゴをしてみてください。


源泉が変われば泉質も、
肌当たりも全く違います。


施設の雰囲気の違いを
楽しむのもまたおもしろいでしょう。


そんなに遠くまで行けない、という人は
都内の日帰り温泉へ。


天然温泉であることにこだわりましたので
どれもちゃんとした温泉です。


GWは温泉で日頃の
疲れを癒してみてくださいね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー