車,雪かき,やり方

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

車の雪かきのやり方

読了までの目安時間:約 4分
kurumayuki

雪が降ると雪かきが大変です。車の雪かきのやり方について紹介します。


車の雪かきのやり方は



雪の降る地域の方にとって、また辛く
長い季節がやってきてしまいました。


毎年雪かきや屋根の雪降ろしなどは
重労働で体にも負担が掛かる厄介な
作業だと思います。


とくに雪の降っている日、車を動かそうと
思ったら雪が積もりすぐには動かせない
なんて経験はありませんか?



まず出掛ける時間より早めに雪の積もり
具合を見て下さい。


さらさらした雪であれば丁寧に雪かきをしなく
ても車を走行中、雪が飛んで行ってくれます。



ですが水分が多い雨雪だとそうはいきません。


車の屋根の雪かきは事故防止のためにも必須



サボって雪かきをしないと走行中に屋根から
フロントガラスに掛けて落ちてきて危険です。



私も面倒くさがりなので何回も屋根からフロント
ガラスに掛けて雪が落ちてきて危険な思いをしました。



エンジンスターターがあるなら車を出す前に
スターターを作動させるのが一番良いかと思います。



今、大体の車がガラスにヒーターが備え付けられて
いますので雪はもちろん、曇った窓ガラスにも効果的です。


車の雪かきをする時にワイパーを上げる



雪かきをする時にワイパーを上げていないと、
ワイパーが折れたり曲がったりしてしまいます。



これも経験済みです。


水分を多く含んだ雪は私たちが思っている
以上に重いものです。



雪が降ったらスノーワイパーに換えてあげると
ワイパーが折れ曲がったりする心配がありません。



雪が積もるということは当たり前ですが
寒いからだと言えます。


雪の降り始めはまた良いのですが2月頃に
ブラックバーンと言われる季節があります。


これは道路の表面上が凍っているのが分からない
くらい薄い氷が張っている状態のことなんです。


このブラックバーンの時期は、
ワイパーやラジオアンテナを上げておかないと
氷でくっついてしまいます。



車の雪かきにはスノーブラシ



長く愛用する車ですから傷付けないように
しようとする気持ちは分かります。


大切な愛車には車専用のスノーブラシが必須。


スノーブラシはブラシになっている部分と
ゴムになっている部分に分かれています。



ゴムになっている方が傷付けないと思いがち
ですがブラシ部分の方を使ってあげてください。


さっと払うように使うのがベストです。


坂道でサイドブレーキをかけない



また、車の雪かきとは話が逸れますが坂道に停めた
車にサイドブレーキを踏むとどうなるか分かりますか?



タイヤの回る軸が凍るんです。


エンジンを掛けてもタイヤが空回りしてしまうので
冬にサイドブレーキを踏むのは厳禁ですよ。



お湯をかければいいやと思ってお湯を
掛けましたがだめでした…。



結局車屋さんにお願いして修理するはめに
なったので無駄な出費をしてしまいました。


寒い冬が近付いていますので車の雪かきを
して事故防止につとめましょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー