情報

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

ITパスポート試験の勉強時間は

読了までの目安時間:約 5分
danseitcyou04

ITパスポート試験に挑戦して合格した人はどれくらい勉強時間を確保したのでしょうか?実際の体験談を紹介します!!



ITパスポート試験に挑戦



2013年7月21日、ITパスポート検定試験に
挑戦を決意しました。



昨今の企業の人事評価は目標管理と行動管理を
ベースにできる限り、デジタル化・数値化できる
勤務実態や態度をデジタル化するんだ、


という手法に基づき運営されます。


根底にあるのは、誰かが強要した目標ではなく、
個人が熟慮し上司と擦り合わせ、随時の途中確認と
修正を加えながら進めるということです。


そうすれば、納得性において形式上有無を
言わせない仕組みが導入されています。


例えば自己啓発という項目にしても、何という
資格をいつまでに受講し受験し取得します。
と期首にコミットします。



自己防衛の為の資格取得



通信系の企業に勤務しておりました当時の私は、
社内のムーブメントに乗っかるように、高い壁で
あるITパスポート資格試験への挑戦を掲げました。


その目標は期首に掲げました。


期首ですから4月です。


そして放置しておりました。


例年のパターンですが。


7月の上司面談で指摘を受けました。


士気を高めるためでしょう。


年齢的な限界やスキル、業界動向を勘案したとき、
40歳台中盤は既に戦力外通知を受けてしまう年代。


さればこそ、自己啓発ではなく、自己防衛の為の
資格取得である、と。いい上司です。



かくして7月21日土曜日に、書店でテキストを購入。


極めてネガティブな動機付けの果てに
私の挑戦は始まりました。



不可能を可能にする挑戦です。


ITパスポート試験の勉強時間は



翌年3月上旬に受験という正念場を具体的に設定し、
3月8日土曜日と決めました。


そこから逆算して、週単位でテキストの項目を
スケジュール化しました。


ITパスポートを突破したければ、最低限100時間学習せよ。


それを越えられなければ受験料の無駄である、
という言葉をネットでみました。


その100時間もスケジュール化の要素になりました。


ウィークデイは会社での勤務があり、
時に残業もあります。


私が自由になるのは土日。


そして、そのすべての土日を学習で拘束しない。


それをやってしまうとストレスが溜まります。


黙々と、粛々と、私の学習は途切れず続きました。


テキストを読み上げ、ノートにポイントをまとめ、
得意な項目と、無理だわこれは、というウィーク
ポイントも明確になりました。


過去問もリアル書籍型のものと、ウェブ版を
繰り返し行いました。


中学生の頃に使った単語カードを百均で買ってきて、
パターンで覚える項目をそこでカバーしました。


やれるだけのことは、やりました。


累計学習時間が私の手帳に記されています。


62時間でした。


人間って・・・弱いです。


私のスケジュール化戦は六割の執行率で
受験日を迎えました。


でも、やったよ。という感はありました。


ITパスポート試験の合否は



結果がどうであれ、受験料が勿体無いとの
姑息な根性は出ませんでした。


試験もやれるだけのことはやりました。


結果が届いたのは、年度が変わった4月14日でした。


合格でした。

2013年度の私の会社での評価は最低のものでした。


新年度、私はリストラ対象要員として職制表の
隅の隅にいました。


検定の合格が年度内なら私はリストラ要員に
ならなかったのか?


残念ながら答えは否です。


8月に私は会社を退職しました。


資格は無駄ではありません。


無職となった私は、たちまち履歴書を書く身になりました。


まだ、銭になる効果は出ていませんが・・。


その資格が真の意味で武器になるかどうか?


そこには、年齢が深く関わってきます。


学んだことは決して無駄ではない。


ただ社内のムーブメントではなく、自分が生きて
いく上で、銭になるのは、どんなスキルか?


それが、中年親父の遅きに失した学びであり、
恥ずかしながらの気づきでありました。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー