情報

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

結婚式の両親へのプレゼント【手作り編】

読了までの目安時間:約 5分
present002

手作りで結婚式の両親へのプレゼントを作ったとう体験談を紹介します!!



スポンサードリンク


結婚式の両親へのプレゼント



両親へのプレゼントと言うと、結婚式では
必ずといっていいほど、花束や生花での
アレンジメントが多いと思います。


うちの両親特に母親は、鉢をたくさん買って
ベランダに飾ったり地植えにしたりするのが
趣味でした。


昔から良く家の庭にはたくさんの植物が
育っていたのを良く覚えています。


また私が小さい頃住んでいた家の近所に、
フラワーアレンジメントを教える教室が
ありました。


その教室でお花が余ったときに頂くこともありました。


そのような環境で育ったため私も成人になってから、
フラワーアレンジメントを習うようになり、地元の
お花屋さんに勤め始めました。


そこで花にたくさん触れる内に、花の生態や
育て方など詳しくなりました。



母が鉢や種などを買ってくる度に


「これにはあまりお水をあげない方がいいよ」


「この鉢はあまり日に当てない方がいいんだって」など、
色々アドバイスしたものです。


それから数年後、私の結婚が決まり慎ましやかですが
チャペルで結婚式を行うことになりました。



結婚式場のホテルでプランナーの方と式の
打ち合わせをしました。


そのとき、花に携わるもの、例えばブーケや
花婿さん用のブートニア、花嫁用のコサージュは
全て自分が作ることに決めました。



手作りで結婚式の両親へのプレゼント



打ち合わせの中で、両親用の花束贈呈の話が
出たときに、普通の花束ではなく何か思い出に
残るものをあげたいと思いました。



その当時流行になり始めたのが、
プリザーブドフラワーでした。


生花を化学液体につけて、様々な色にして
長期に渡って楽しむことが出来るため、
贈り物には最適だそうです。


当時はやはり値段も高かったのですが、
プリザーブドフラワーのみを購入し、


母親には手提げの小さなバッグを、
父親には胸につけるコサージュを
作って渡すことにしました。



コサージュは簡単に出来ました。


しかし、バッグは大変でした。


型を作ってプリザーブドフラワーの
バラやカーネーション、ダリアなどを貼り付けて行く
ため、かなり時間がかかりました。


勤め先の花屋さんではプリザーブドフラワーは
取り扱っていませんでした。


初めて行う作業だったためバッグを作っている
はずが、全然形にならず花が取れてしまったり、
バラの花びらが落ちてしまったりなど・・・・・。



本当にプレゼントとして渡せるのかと不安になりました。


結婚式当日プレゼントを両親へ



どうにかこうにか出来上がり、結婚式当日に
両親へ渡すシーンでそのプレゼントを見せたときです。


周りの出席者の方々から「あれ、何?」と言う声が
聞こえてきて、とても恥ずかしく思うと同時に
自分の不器用さを恨みました。


ですが両親はそれが花で出来たバッグであることに
すぐに気づき、母親はバッグを受け取ると腕にかけて、
父親はコサージュを胸につけてくれました。



母親の目には涙が溢れており、見映えがいいとは
言えないバッグを大事そうに抱えながら、堪え
きれず俯き泣いていました。


父親はそんな母親を支えていました。


結婚式のあと、すぐに母は2つのプレゼントを
入れるためのプラスチックのケースを購入し、
居間に飾っていました。


実家に帰る度に母は「これ(プレゼント)を見る度、
今でもあの結婚式を思い出して涙が出るんだよ」と
言いながら涙ぐんでいました。



あれから約8年、父親も母親も癌で他界し、あのときの
プレゼントは家に飾ってありますが、両親の想いがまだ
残っているのかあまり色褪せず形もそのままです。


花が大好きだった両親のため、生花は欠かさず
両親の仏壇に添え、プレゼントは今でも
仏壇の近くに飾っています。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー