虫除けスプレー,飛行機

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

虫除けスプレーは飛行機に持ち込める?

読了までの目安時間:約 8分
hikouki

虫除けスプレーは飛行機に持ち込めるのでしょうか?
気になったので、調べてみました!!



虫除けスプレーは機内に持ち込める?


虫除けスプレーは機内に持ち込めるのでしょうか?


飛行機にはたまにしかのらない
という私のような人はあまりよくその辺の
ルールが分かりません。


そこで虫よけ剤(液体・スプレー)は飛行機に
持ち込めるのか調べてみました!!


結論からいうと一応OKです。


虫除けスプレーは機内に持ち込めます



最近は夏にデング熱が流行したりと
蚊が媒介する感染症も流行っていますので
虫除け対策が欠かせません。


デング熱ももともと日本ではあまり
聞きなれない病気でした。


国際化の影響で海外から持ち込まれた
という可能性が高いとも言われています。



海外に行けばなおさら蚊を媒介とする
感染症にかかる可能性があります。


こういった病気にならない為にも
虫に刺されない対策が必要です。


そこで必要になるのが、虫よけ剤


最近は虫よけリングや虫よけ
パッチ、虫除けアロマなども
色々な種類がありますね。



でも確実なのはやっぱり虫よけ
スプレー
でしょうか・・


特に海外旅行に行く場合は
虫除けスプレーは必須ですよね。



海外では今でも蚊を媒介とした感染症が
流行している地域がありますので
本当にあなどれません。


特にお子さんがいる場合は
絶対に持っていった方がいいです



海外に行ってから虫除けスプレーを調達しようと思っても・・


表示が英語とか中国語とか他の国の
言語だと読むことができません。



それに、お店の人に聞くにしても日本語以外の
言語でやり取りするのは大変。


虫除けスプレーとなるとデリケートで
肌荒れとかも心配です。


肌や弱いお子さんに付ける場合は
普段使い慣れている物を持参したいですよね。



虫よけスプレーは最初にも言いましたが


持ち込めます!!


虫除けスプレー(直接肌につけるタイプ)は、
基本的に機内への持ち込み、手荷物としてお預け、
両方ともOKです。



「やった~~~!!よかった!!」

jyoseiureshi

でも安心していられません。


持ち込むにしても色々と
細かいルールがあるのです。



そのまま持ち込むという訳にはいかないのです。


そこでもう少し詳しく説明します。


虫除けスプレーを機内に持ち込む時のルールとは?



飛行機に持ち込む時には機内への持ち込みと
手荷物として預ける場合があります。


それぞれについて解説していきます。


機内への持ち込みの場合は?



100ml以下の個々の容器で、それらの
容器を1リットル以下のジッパー付き
透明プラスチック袋に入れる必要があります。




透明な袋でないとダメ


ですので注意してください。


中が見える様にしないとダメということですかね・・。


ここで注意しないといけないのが
このジップロックのような透明な袋


この透明な袋に入れないといけないのです。


もし入れないと100ml以下でも
残念ながら持ち込みができません。



透明な1リットル以下のジッパー付き
プラスチック袋なんですが、


これだとどのくらいの大きさなのか
分かりませんよね。


スポンサードリンク

サイズの目安は、
縦20㎝以下×横20㎝以下です。




そこで、日本で販売されている
ジップロックのサイズを調べてみました。

ジップロックのサイズ


Sサイズ 縦12.7㎝×横17.7㎝

Mサイズ 縦18.9㎝×横17.7㎝

Lサイズ 縦27.3㎝×横26.8㎝


Lサイズだと20㎝を超えてしまっている
ので、Mサイズぐらいが良いかと思います。



因みに、マチ付きの物はダメなんだそうです。



マチ付きだと沢山物が入ってしまうので、
使用できないそうです。


1人につき1袋のみです。


色々とルールが厳しいですね。


袋は一般的なジップロックを買って
おけば大丈夫でしょう。


そして、このジップロックは成田空港でも
販売されているそうです。



でも、混雑とかお店を探す手間とか
考えると事前に用意していった方が
確実です。



特にお子さん連れの場合は特に事前に
しっかりと準備して余裕を持って
搭乗手続きをしたいですよね。


虫除けスプレーの機内への持ち込み
方法を説明しましたが・・・


航空会社は基本的には機内で
必要がない物は持ち込まないで欲しいと
思っています。



航空会社によっても多少運用の
仕方が違う場合もあるようです。


虫除けスプレーは機内ではあまり
必要が無いと思います。



事前にスプレーしておけば数時間は
効果があります。


また、貼るタイプのパッチを事前に
服とかに貼っておいたり、リングを
腕に付けておけば、虫除けは十分です。



なので基本はスーツケースに入れて
預ける荷物に入れた方が良いかと
思います!



そこで、スーツケース等、チェックイン
カウンターに預ける荷物に虫除けスプレーを
入れる時の注意点を調べてみました。


手荷物として預ける場合



1容器500ml以下、一人様2Lまでです。


「防除用医薬部外品」(医薬品・医薬部外品の
表示も同様)の記載がある場合のみ。


日本から虫よけ剤を2Lまで持って
いければ、海外など感染の広がっている
地域に行くときも安心ですよね。


ここでも注意があります。


1人2Lまでというのは化粧品とか
医薬品、日用品の液体を全て
含めて2Lだそうです。



通常の虫除けスプレーは200mlが
多いので、長期旅行とか出張だとしても
1人分で2本あれば十分です



多分1本でも十分だと思います。


だから、上限はあまり気にしなくても
大丈夫かもしれませんね。


蚊が媒介する感染症は色々あります。

蚊が媒介する感染症


ウエストナイル熱


チクングニア熱


デング熱


日本脳炎


マラリア

海外に行く時には自分が行く国で
どんな感染症が流行しているか
チェックすることも大切ですね。



それに予防接種で予防できるものも
ありますので・・・・


しっかりと予防接種を受ける事も大切です。


虫除けスプレー飛行機に持ち込めるかのまとめ


市販されている虫除けスプレー200mlを
1~2本、預ける荷物に入れて持って行く
ことは可能です



飛行機の機内では事前に虫除けスプレーを
しておくか虫よけパッチやシートタイプを
使用しましょう。



海外に行く時は蚊が媒介する
感染症には十分に気を付けて下さいね。


その為にもきちんと虫除けしましょう!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー