デング熱,妊婦,重症化

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

デング熱!妊婦は重症化に

読了までの目安時間:約 6分
ninnpu

デング熱!妊婦は重症化になるの?





デング熱が100人を超えました~~。


どんどん増えているので、正直心配です。


そしてなんと妊婦さんは重症化になるという
ニュースが流れていました。


11日、日本産科婦人科学会が声明を学会
ホームページに掲載したようです。


さっそく、日本産科婦人科学会の
ホームページを見てみました!!


妊娠女性が感染した場合の影響



妊娠女性が感染した場合の影響について、
流行が蔓延しているブラジルからの
報告がありました。




妊娠女性が感染すると妊娠していない女性に
比べて重症化しやすい傾向があります。


そして、


妊娠後期ほど



重症化しやすいとされています。



2014年のWHO(世界保健機構)の発表では、
重症化するのは感染者200名に1~2名程度。


この数字は多いのでしょうか?


少ないのでしょうか?



日本でも、感染者が100人を超えたので、
これ以上感染者が増えると重症化した人が
1人位は出そうな数字ですよね・・・・・。


さらに、死亡に至るのは


感染者中約6000名に1名


程度だそうです。



さすがに、今の日本で6000人も患者が
でることは考えられないので、死亡者は
出そうにない数字です。



日本では過去約1500例の感染例があります。


でもそのうち死亡例はありません。



声明では、過度に不安を抱く必要はないと
伝えています。


なぜデング熱が重症化するのか?



デング熱患者が重症化する要因については、
血清型の異なるウイルスの再感染に
起因するという説が有力です。


重症型デングの 90%以上が二次感染時に
おきていることも、この説を支持しています。



しかし、三次、四次感染ではむしろ防御的に
働くことが多いそうです。



一方、ウイルス自体の病原性の強さに
よるとの説も存在します。



一度、デング熱になった人は2回目に
デング熱に感染しない様に注意しないとですね・・。



でも1度目でも2度目でも、予防は大切です。



予防とはヤブ蚊(ヒトスジシマカ)に
刺されないようにすることです。



デング熱、妊婦の予防



ヤブ蚊(ヒトスジシマカ)に刺されないよう、
長袖等を着るようにして注意しましょう


ヒトスジシマカは昼間吸血する習性があり、
蚊の対策は昼間に行うことが必要です。


虫除けスプレー使用も有効と考えられます
(妊娠中使用に関して問題ないとされています)。



デング熱の可能性のある症状があらわれたら
すぐに医療機関を受診しましょう。



虫よけスプレーも感染が公表された地域では
売り切れが続出しているそうです。


妊婦さんは、早目に購入しておいた方が
いいかもしれません。



次に、デング熱の症状についてです。



デング熱の症状




蚊に刺されてから3-7日後に高熱のほか、
頭痛、目の痛み、関節痛等の症状が見ら
れれば、デング熱の可能性もあります。


解熱するころに発疹も見られます。


特に妊婦さんはすぐに病院を受診しましょう。




デング熱に感染した人が日々、増えているので
一体、今は何人いるの?


とわけが分からなくなってきているので、
ちょっと、情報を整理してみました。



デング熱の感染者



103名(平成26年9月11日11:00時現在)

2.感染したと考えられている場所
代々木公園周辺(97名)
新宿中央公園(2名)
神宮外苑もしくは外濠公園(1名)
千葉県千葉市(1名)
外濠公園又は都立青山公園(1名)
東京都台東区(1名)

厚生労働省ホームページより




また、一番最近に公表された千葉の患者の
情報が公開されていました。


デング熱患者に関する情報(千葉)


・患者は、千葉市稲毛区在住の 60 代男性。


・最近の海外渡航歴はなし。


・ 最近の東京都内への訪問歴はない。


・蚊の刺咬歴は不明。


・8月 31 日、発熱、倦怠感、食欲不振の出現を認める。


・9月2日、市内医療機関に入院。


・9月8日、千葉市環境保健研究所での血液検査の結果、
 デング熱であることが確定。現在、国立感染症研究所
 において、ウイルスの解析を実施中。

・現在、患者の容態は安定している。




発熱などの症状がでたのが8月31日とすると

潜伏期間は3~7日なので・・・。


蚊に刺された時期は8月24日~28日ごろと
推測されますね・・・。


感染した時期は8月なんですね~~。


もう9月になって、蚊も少なくなってきたから
8月よりは蚊に刺される機会は減るのかな??


でも、油断は禁物ですね。



まとめ




妊婦さん、


特に



妊娠後期の方は、



蚊に刺されない様に十分に予防しましょう!!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー