クーラー病,のどの痛み,めまい,頭痛

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

クーラー病って?のどの痛み&めまい&頭痛も?

読了までの目安時間:約 7分
jyosei10

クーラー病ってどんな症状なの?のどの痛み、めまい、頭痛の症状もあるの?そこで徹底リサーチしてみました。


夏のよくある体調不良として、
何だか体がだるい、疲れが
抜けないなどがあります。



また食欲がなくなったり、
むくんだりする方も
多いのではないでしょうか。



いわゆる夏バテとして知られるこの症状、
もしかして、クーラー病かもしれません。


聞きなれない名前ですが、症状を
見てみると誰しもが
経験のあるものばかり。



夏に起こりがちなクーラー病について、
解説します。


クーラー病ってそもそもどんな病気?原因は?



クーラー病は別名、冷房病とも呼ばれます。


夏の暑い外気と、クーラーのきいた
室内を往復することで、体に様々な
不調が起こることを言います。



この原因は、自律神経の
乱れ
だと言われています。


自律神経は体温の急激な
変化についていけません。



クーラーによって急激に冷やされたと
思ったらまた外気であたためられ…


無意識に夏は、自律神経が
非常に消耗しているのです。



簡単に言えば、周囲の寒暖差に体が
ついていけていないということです。


よく、季節の変わり目は風邪を
ひきやすいと言いますね。



それも、気温の乱高下に体が
ついていけない事が原因です。


そのために、体のありとあらゆる
ところに不調が起こります。


特に生理や妊娠、出産などホルモンの
変化の激しい女性は自律神経が乱れがち。


更に、冷え性の方は体温調節の
機能が低下しているので、
影響を受けやすいそうです。



女性がクーラーを嫌う方が多いのは、
クーラー病が一因なんだそうですよ。


また、自律神経の働きが鈍い乳幼児や
老人もクーラー病になりやすいです。



赤ちゃんや子供にはクーラーはダメ、
という通説はこの事が由来なんだとか。



では、具体的にクーラー病になると
どのような症状が出るのでしょうか?


のどの痛み、めまい、頭痛も?症状を徹底調査!

katakori001
クーラー病の主な症状は、冷え、むくみ、
頭痛、肩こり、疲労感に食欲不振。



他にものどの痛みや鼻炎、中には
めまいを覚える方もいるようです。


よくある夏バテの症状に見えますが、
スタミナのある食事をとっても
なかなか治らなかったりします。


夏風邪がいつまでも治らない、
という方も要注意です。


体が悲鳴を上げているのかもしれません。


また、これらの症状は夏だけの
一過性のものとも限りません。


何度も夏を経験し、症状を繰り返して
いくうちに、体に染みついて
いってしまうんだそうです。



極限まで達すると、クーラーアレルギー
のような症状が出てきます。


クーラーのきいた部屋に入っただけで、
ひどい頭痛に見舞われたり、吐き気を
おぼえる方までいらっしゃるそうです。



夏にはよくある症状だし、と甘く
見ていると後々大変なことになりますよ。


しかし、これらの症状はどうすれば
良くなるのでしょうか。


クーラー病の気になる対策は?



クーラー病の原因は、体温の急激な
変化による自律神経の乱れです。


そのため根本を取り除くには、
出来るだけ体温を変化させない事


クーラーの設定温度は高めにするか、
出来るだけつけない。



暑すぎる場所には出かけない。


しかし、お店やオフィスでは、
そうも言ってられませんね。


さすがにお店に乗り込んでいって
設定温度を上げろ、とも言えませんし。


大勢が働いているオフィスで、
自分のためだけに設定温度を
上げるわけにもいきません。


ましてや夏の間ずっと部屋に
引きこもっているわけにもいきません。



そこで、自分で出来る対策は
やはり体を温める事が基本です。


夏は圧倒的に体が冷える事が多いので、
出来るだけ冷やさないよう
工夫することが必要になってきます。



オフィスなど室内にいる方は靴下や腹巻、
カーディガンなど肌の露出をおさえます。



座ったまま長時間過ごす方は特に
下半身を温めると効率がいいですよ。



他にも飲み物や食事は、体を温める
効果のある物を選んでください。



ちなみに体を温める作用の
ある飲み物は紅茶や
ウーロン茶、ココア
などです。


ホットが難しい場合は、
常温でも大丈夫ですよ。



他にも冬に活躍する
生姜や辛い物も有効です。


しかし、夏場は胃が荒れていることが
あるので辛い物は注意してください。


他にはお風呂にゆっくりつかる
ことも効果があります。


夏はシャワーでササッとすませる
ことが多いと思いますが、
それでは体は温まりません。


40度くらいのぬるめのお湯に、
20分以上しっかりつかりましょう。



リラックス効果のあるアロマをたいて
リフレッシュするのもおすすめです。


体の芯から温まり、冷えを撃退できます。


自律神経を整える、という面では
運動も非常に効果的


軽く体を動かすだけでストレス発散にも
なりますし、すごくスッキリします。



会社帰りにちょっとジムで1時間ほど
汗を流すだけでグッと違ってきます。


帰宅後はお風呂でゆっくり
温まる事も忘れずに。



ストレスをためないことも、自律神経を
整える意味では非常に重要です。


クーラー病についてのまとめ



いかがでしたでしょうか?


医学的には病気ではなくても、
クーラー病はもはや現代病ですね。



しかし、連日猛暑日が続く最近の気温では
クーラーは切っても切れない関係。


クーラーを使わないと今度は熱中症の
危険も出てきてしまいます。



体を温めるなど、対策をしつつ、
上手に付き合いましょう。



もしかして私、クーラー病なのかも?
と思い当たったあなた。


ぜひ今日から対策をしてみてください。


夏のしつこい頭痛や肩こりと
さよならできるかもしれません。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー