エボラ出血熱,対策,アルコール

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

エボラ出血熱の対策にアルコールは有効?

読了までの目安時間:約 6分
syoudok

エボラ出血熱の対策(エボラウイルスの消毒】にはアルコールは有効なのでしょうか?



エボラウイルスはアルコールが有効?



西アフリカでの大流行からアメリカや
スペインでも感染者が出て大騒ぎに
なっているエボラウイルス。


そのエボラウイルスの消毒に有効な
ものはどんなものなんでしょうか?


調べてみたところ、


アルコールも使用可能です。


消毒に可能なアルコールは


消毒用エタノールや


70v/v%イソプロパノールです。



アルコール以外の消毒薬は?



患者の体液や排泄物などの消毒には



次亜塩素酸ナトリウム:


商品名(ミルトンR, ピューラックスR,
テキサントR, ハイポライトRなど) や


ジクロルイソシアヌール酸ナトリウム顆粒:


商品名(プリセプト顆粒R)


金属製小物などには


グルタラール:


商品名(グルタルアルデヒド:ステリハイドR,
グルトハイドR, サイデックスRなど)などが
適しています。


アメリカでのエボラウイルス


アメリカで死亡患者の担当していた看護師が
感染したということで大きなニュースに
なっていましたよね。


先進国であり、感染防止の知識や技術を
持っていたと思われるアメリカでの
二次感染は正直、とても衝撃的でした。



ニュースで病院が写っていましたが、
とても大きな病院という印象です。


でも、この病院で死亡患者の担当看護師に
支給された防護服は首の部分がカバーされて
いなかったという情報も流れていました。


真実は不明ですが、エボラウイルスに対して
感染防止に対する危機感が欠如していた
のでしょうか・・・・・??


でも、このエボラウイルス、分かっては
いましたが非常に感染力が強いようですね。


看護師が感染した詳細な経路はまだ分かって
いませんが、体液や排泄物に等大量に直接は
接触してはいないはずです。


感染した自覚がないとしたら、体液等が
付着したとしてもほんの少しだと思われます。


そして本来、皮膚のバリアー機能が低い、
傷口や目の粘膜に付着して感染が広がると
考えられています。


でも、もしかすると・・・・。


あくまでも仮設ですが、傷口が無くても
皮膚に少し付いただけで、皮膚の表面から
感染するのかもしれません。


それぐらいの事を想像してしまうぐらい
感染力があるように感じてしまいます。


スペインでのエボラウイルス



スペインでも看護師が二次感染しています。


この看護師は患者さんの看護をしていました。


9月24日、隔離された病室に入り、シーツや
おむつを交換しました。


「病室を出て防護服を脱ぐ際に、使用した
手袋で顔を触ってしまった気がする」と
発言しているようです。



とても少量の接触で、本人も気がつくか
付かないか程度の接触です。


これが感染につながったとするとホントに
かなり少量の接触でも感染する可能性が
あるということです。


患者に使った注射針を誤って刺してしまったとか・・・。


吐物が直接手にかかってしまったとか・・・。


そんな大きなレベルであれば感染するかも
しれないとの自覚が本人にもあると思います。


でも、そうではないのです。


日本でのエボラウイルス感染対策



日本でもエボラウイルスに対する準備が
始まっているようです。


もしエボラ出血熱の患者が見つかったら
「1類感染症」に対応できる医療機関が
治療に当たることになっています。


各県に必ず1つ以上はあるようです。


厚生労働省のホームページを見てみると


第一種感染症指定医療機関とは
東京都の場合は3つあります。


①都立墨東病院 2床

②都立駒込病院 2床

③東京都保健医療公社荏原病院 2床



気になったのが、ほとんどの病院が
2床程度しか病床を持っていない事です。


そんなんで大丈夫なの???


今回アメリカでも二次感染した看護師が
同じ病院で2人いましたが、それで1つの
病院のベッドが埋まってしまいますね・・。


とは言え、隔離した病床をたくさん
確保するのは難しいですよね。


ニュース番組でも隔離した病床を公開していましたが、


病床がカメラで監視できるようになっていたり・・。


監視カメラがあるのは、頻回に病室に行かなくても
患者さんの表情が確認できたり点滴がきちんと落ち
ているか確認できるというメリットがあるそうです。


また、薬や食事はドアを開けなくても横に専用の
出し入れするところがあり、そこから入れるよう
になっていました。


病室というより・・・・・。


もしこの病室に隔離される人はかわいそう・・。


感染を防止するには必要なんだろうけど・・・・。


日本に感染が起こらないことを祈るばかりです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー