インフルエンザa型 症状 2014 子供

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

インフルエンザa型の症状(2014年)は?子供:小学生編

読了までの目安時間:約 5分
doctorkannjya

インフルエンザa型の子供(小学生)の症状や2014年の流行について紹介します。





インフルエンザが流する季節が近づいてきています。

2014年~2015年の流行はどうなるのでしょうか?


その季節によって流行する菌の型が違うし、
時期の早かったり、遅かったりと、違いますので
気になるところですよね。

2014年もインフルエンザA型とインフルエンザB型が流行する様です。


時期は1月~3月の時期が一番流行しやすいです。


インフルエンザa型に感染した時の家族の予防について知りたい方はこちら


子ども(小学生)のインフルエンザa型の体験談



子どもが、小学校の低学年の頃、学校で
インフルエンザの感染にかかりました。


インフルエンザa型の初期症状は



初期の症状は、


だるさです。


何だか、身体が重たような感じで辛いと言いだし、
みるみるうちに熱が上がりました。


だいたい、38度位ありました。


頭痛もすると言っていました。


頭痛と発熱でぐったりとしていました。


病院へは、インフルエンザに感染して翌日に行きました。


はじめは風邪かなと思っていましたが・・・・。


インフルエンザA型でした。


インフルエンザの検査は、耳鼻咽喉科で
あれば、上手に鼻に検査棒で調べてくれますが、
(耳鼻咽喉科の検査の仕方によりますが...)


小児科では、鼻に検査棒で調べる際、痛くて
痛くてうちの子どもも小学生になっていましたが、
検査後には、涙が出ていました。



もっと小さい子どもだとホント大泣きです。


インフルエンザは、普通の風邪とは違って、
注意が必要です。


なぜなら、普通の風邪は、合併症はあまり
ないですが、インフルエンザは気管支炎
肺炎、脳炎などの合併症があります。



子どもが合併症になったらホントに
かわいそうですから・・・。


インフルエンザA型で嘔吐する?について詳細を知りたい方はこちら

インフルエンザAの予防には



インフルエンザの予防にはやはり予防接種ですよね。


子どもは2回打たないといけないから大変ですが、
面倒がらずにきちんと受けないとですよね。


インフルエンザが流行る季節では、マスクは
必要ですね。



最近では、流行の兆しが見られると学校の先生が
マスクを着用するように子ども達に指導する事も
ありました。


また、普段から、体調をしっかりと管理して、
栄養と休養を取って体力をつけておくことも
大切ですね。



夜更かしはいけませんよね。


最近は小学生でもネットやっている子がいたり
しますが、親が管理しないとですね。


自宅では、乾燥に気を配ることも大切です。


湿度を上げると飛沫感染の防止になります。


我が家でも加湿器で部屋の湿度を管理していました。


でも、何よりもまずは、外出からの手洗いと
うがいが大切ですかね。



インフルエンザa型の潜伏期間と感染経路について知りたい方はこちら


インフルエンザAの治療は



インフルエンザのA型にかかった時の治療薬は、
抗ウイルス薬の経口薬の処方にて完治しました。


薬を内服するとすぐに熱が下がりました。


最近の薬はすごいですよね。


私が子供の頃はインフルエンザの薬なんて
ありませんでしたから・・。


でも、うちの子どもの小学校では、その後
学級閉鎖になっていました。


子どもが治癒したころに学級閉鎖って、
親にとっては辛いですよね・・。


仕事が休めないよ~~~。


でも、子どもがインフルエンザになった時は
他の家族にうつさない様にすることが大切ですね。


特におじいちゃんやおばあちゃんと
同居している人は注意が必要です。


特に高齢者は免疫力が低下していると
感染して、しかも重症化しやすいですから・・。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー