おたふく風邪,症状,出席停止

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

おたふく風邪の症状は?頭痛が出たら髄膜 炎かも?

読了までの目安時間:約 7分
sick_otafukukaze

2015年は、おたふく風邪が大流行したそうです。ですが最近はおたふく風邪にかかったことがない人が増えていて、症状を知らない人も多いみたいですね。


かつては麻疹、水ぼうそうと並んで
1度はかかる病気だったおたふく風邪。


最近は麻疹と水ぼうそうは自己負担なしで
予防接種が受けられるようになり。


さらに自費ではありますがおたふく風邪の
予防接種もありますね。


なので一度もかからずに大人になった人も
多くなっていると思います。


そのためお子さんがおたふく風邪になっても、
なかなか気づかない人が増えているのだとか。


おたふく風邪の代表的な症状と、
危険性について解説します。


コレっておたふく風邪?症状と出席停止期間をチェック!


jyosei-batu
おたふく風邪、という
名前はいわゆる通名


正式には
流行性耳下腺炎と呼ばれています。


ムンプスウイルスに感染することに
よって発症する、
感染性の高い病気のひとつ。


そのため水ぼうそうなどと同じように、
出席停止期間が設けられている
病気でもあります



基本的には発症後5日が経過していること


それでいて全身の状態がよく、
医師から問題ないとされれば
登園や登校が可能になります。


とくに保育園や幼稚園の場合、
登園を再開する場合は必ず再度受診を
しなければならないことが多い
です。


抵抗力の弱い幼児が
集団生活する場でもありますので、
ぜひおぼえておきましょう。


ではおたふく風邪の
代表的な症状をあげていきます。


・耳の下やアゴなどの腫れ

・発熱

・風邪のような咳、鼻水

おたふく風邪だと判断する最大にして
唯一の症状が、やはり耳の下の腫れ


性格には耳の真下ではなく前側の下辺り


ちょうど下あごの骨の
カドがある辺りですね。


ここに唾液腺や顎下腺(がっかせん)と
いうものがあり、
それが腫れるんだそうです。


腫れ方には個人差があり、
パンパンに腫れる場合もあれば、
左右どちらかした腫れない場合も



ただ触ると痛み、発熱が伴うのなら
ほぼ間違いなくおたふく風邪です。


実際発症した様子はこんな感じ。


確かにはれてますね。




そしておたふく風邪の場合、
ノロと同じように直接的な
治療法がありません。


見た目が痛々しいのですが、
熱や咳、鼻水をおさえる
薬が処方される程度。


そのため基本的には自宅で安静に
過ごすことがいちばんの治療法。



スポンサードリンク

普段の風邪と同じような過ごし方を
していれば、1週間ほどで回復します


腫れが引けば感染力も
ほぼなくなるそうですよ。


ただ万が一がありますので、
腫れが引いても発症後5日は
自宅で安静にしましょう



おたふく風邪で激しい頭痛は要注意


kodomo-zutuu
耳の下が腫れる以外には風邪と
ほぼ変わりないと
いわれるおたふく風邪。


ただおたふく風邪は合併症を発症する
確率の比較的高い病気



次のような症状が出たら、
すぐに受診するようにしましょう。


・頭が割れるように痛い

・1日3回以上のおう吐

・急に意識を失う

・けいれんを起こす

・激しい腹痛

・耳がきこえにくくなる


これらは合併症を発症しているサインの
可能性が大きいです。


このなかで特に注意したいのが、
頭痛とおう吐、腹痛。


まず激しい頭痛は、髄膜炎を
発症していることがあります。



あわせておう吐を
繰り返しているなら、要注意。


髄膜炎は脳の周囲にある髄膜に
炎症が起こるもので、
おたふく風邪患者の
約10%が発症するそう



そしてさらに危険なのが、
脳自体が炎症を起こす脳症


発症するのはおたふく風邪患者全体の
約0.2%と稀なケースではありますが、
即命にかかわります。


そして激しい腹痛は、
すい炎の可能性があるそうです。


すい炎を発症すると血液中に
たんぱく質をとかす成分が
流れ出てしまう
のだとか。


そのため全身の臓器にダメージが
与えられるため、
こちらも命にかかわる合併症です。


また耳がきこえにくくなる、
というのも難聴を発症しているサイン。


耳の聞こえにも
注意を配ってあげてください。


どの症状も、おたふく風邪のときに
起こるとかなり危険な症状ばかり。


とくに重症化しやすい大人が
おたふく風邪になった場合は
気を付けてください。


ちなみに頭痛や腹痛、おう吐があっても
程度が軽ければ
深刻に考える必要はありません。


耐えがたくなってきたら
迷わず受診するようにしましょう。


おたふく風邪の症状のまとめ



おたふく風邪。


最近大人になってからかかる人が
すごく増えたそうです。


大人になってからかかると重症化しやすく
40度の高熱が出ることも


子どもの頃にかかっていないのであれば、
ぜひ予防接種を。


おたふく風邪は感染してから
症状が出るまで。


いわゆる潜伏期間が
もっとも感染力が高い
のだそう。


ぜひご自身がかかったことがないのなら、
予防接種を受けてくださいね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー