LED,電気代,節約,白熱電球,蛍光灯,徹底比較

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

LEDで電気代は節約できる?白熱電球と蛍光灯で徹底比較

読了までの目安時間:約 7分
appliances_25_rika

LEDにすると電気代はいくら節約できるのでしょうか?白熱電球と蛍光灯で徹底検証してみました!賢い主婦は必見ですよ!



スポンサードリンク


最近よく聞くLEDライト


LEDとは電気を流すと光る、
発光ダイオードという半導体の名称です。



少し前の青色発光ダイオードの
ノーベル賞受賞で名前は
ご存知の方も多いはず。


この半導体を照明器具に応用したものが
LEDライトと言われています。


電球型や蛍光灯型など様々な
かたちがあり、消費電力の低さと
寿命の長さが特徴です。



東日本大震災以降の節電ブームにのり、
どんどん家庭に普及してきています。



しかし、実際に購入しようと店頭に
行ってみるとその価格の
高さに驚かされます。



確かに10年単位で買い替えが
いらないならお得かもしれません。


ですが、実際のところ、どれほど
電気代を安くできるのでしょう?


微々たる金額なら、
蛍光灯で十分な気もします。


価格の高さを加味すると、むしろ損な
気分にもなってしまいますね。


安い安いと言われるLEDの
電気代について調べてみました。


LEDにすると電気代はいくら節約できる?


白熱電球とLEDの電気代の差は?


ではまず、いちばん購入する機会の多い
白熱電球と比較してみます。


LED電球の場合、白熱電球に比べて
消費電力は約5分の1、
寿命の長さは4万時間です。



一方、白熱電球の寿命は
1000~2000時間程度
一般的と言われています。


分かりやすくすると
LEDは11年間、白熱電球は
3~6ヶ月ほどになります。



これだけ見ても、LEDが
すごいのがよくわかりますね。


そして気になる電気代


白熱電球を使用した場合は
年間にして約2,500円です。


それに比べ、LED電球の
場合は500円ほど。


消費電力が5分の1なので、
電気代も5分の1になります。



1年間で2千円ほど差が出ますので、
LEDの寿命が切れるころには
2万円以上も差が出てきます。


また11年間の間に白熱電球は
何度も交換が必要ですので、
更に差は広がります。



それにLED電球なら価格は
せいぜい2千円ぐらい。


1年もあればもとをとってしまいます。


白熱電球となら、圧倒的に
LED電球の方がお得と言えますね。

スポンサードリンク

蛍光灯とLEDの電気代の差は?


では、蛍光灯との差を見てみます。


12畳のリビングのみ、照明をLEDに
変えた際の違いを検証してみます。


1日9時間点灯したと仮定すると、
蛍光灯だとひと月1,100円程度。



LEDライトの場合は400円ほどです。


年間にして8,400円安くなる
計算になります。



これを各部屋全てLEDに
変えたとすると2LDKの
集合住宅なら年間約1万円。



3LDKの集合住宅の場合は
年間1万6千円、戸建てに
至っては1万8千円になります。


どの場合も、かなり安くなっていますね。


電気代だけを見ると、非常に
優秀なライトと言えるでしょう。


LEDには不向き?知っておきたいデメリット



そんな優秀なLEDですが、
もちろんデメリットもあります。



まず、熱に弱いので、浴室などに
使用すると壊れる可能性があります。


また、蛍光灯と比べて明るさや色に
バラつきが出やすいです。



これは製造過程で起こってしまう
ことなんだそうです。


明るさと言えば、蛍光灯や白熱電球と
比べるとLEDは暗く感じることが多いです。


明るくしようと照度をあげると、
かえって寿命を削ってしまいます。



消費電力が少ないのである程度の暗さは
仕様と考え、妥協しましょう。


仕様の面では、直流電流でしか
稼働しないという点も
デメリットとなりえます。



蛍光灯に対応している照明器具に
使用する時は安定器を
外さないといけません。


外さず使用すると点灯しなかったり、
発火することもあるんだそうです。



更に負荷がかかるので、大きく電力を
消費してしまうこともあります。


蛍光灯とLEDの発光する仕組みが
違うために起こる現象です。



交換する場合は照明器具について
きちんと確認しておきましょう。


特に、この照明器具が合わない事での
事故はとても増えているそうです。



交換する場合は販売店などに
相談し、不安な時は専門家に
来てもらうと良いです。


LEDについてのまとめ



LEDについて、少しでも
知って頂けたでしょうか。


最近は照明と言えばLEDが主流と
なってきましたね。



蛍光灯を使っていると何だか
時代遅れな気すらしてしまいます。


しかしLEDはまだまだ開発された
ばかりで、未完成な部分が多いです



そのため、よくよく比べてみると
従来の蛍光灯の方が性能が
よい場合もあるんだそうです。



その辺りは消費者の目できちんと
見極めることが大切ですね。


その一方で時代はLEDへと
確実に流れて行っています。



先々を見越して乗り換えるか、
より性能が上がるのを待つかは
皆さんの考え方次第です。


安くなる、というフレーズだけに
飛びつかずに、冷静に
判断することも重要ですよ。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー