黄色,彼岸花,花言葉

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

黄色の彼岸花の花言葉は?

読了までの目安時間:約 6分
eye-kiirohiganbana

赤が印象深い彼岸花ですが黄色があるってご存知ですか?花言葉は?


彼岸の頃に咲くことから
彼岸花と呼ばれるリコリス


またの名を
曼珠沙華(まんじゅしゃげ)
とも呼びます。


お墓の近くなどに群生しているのを
見かけたこともあるでしょう。


その咲く場所柄のせいか、
昔からあまり縁起の良くない
花とされてきました。


赤い彼岸花に至っては、遺体の
血を吸って赤い花を
咲かせているなんて逸話も。


そんな彼岸花にも、赤以外に
様々な色があるのをご存知でしょうか



白い花は割と見ることがあると
思いますが、黄色もあるそうなのです。


今回はその、黄色い彼岸花に
焦点を当ててみます。


黄色の彼岸花の花言葉は?

kiiro-higanbana
まず黄色の彼岸花は、厳密には
赤い彼岸花とは種類が少し異なります。


同じくヒガンバナ科の
植物ですが、正式には
ショウキズイセンと呼ばれます。


大きく反り返った黄色い花が
4輪から10輪ほど集まって咲く、
とても優雅な花です。


ショウキ、という名前は端午の
節句などに飾る神の
鍾馗(しょうき)様が由来
です。


大きく波打つ花びらを、
ショウキ様の髭に
たとえたんだそうです。


毎年、9月から10月の間に
見頃
を迎えます。


ちなみに9月9日と9月11日の
誕生花でもありますので
覚えておいてくださいね。


そして花言葉は


黄色の彼岸花の花言葉


「深い思いやり」

「追想」

「元気な心」

「陽気」


追想は、過去を思い出して偲ぶ
という意味です。


これは花が咲くときにはすでに
葉がなく、花と葉が共にないことから
つけられたのだとか。


そして黄色は人を元気に
させることから、元気な心という
花言葉がうまれたのでしょう。


また、このショウキズイセンは
非常に手間がかからない
ことでも有名です。


そのためガーデニング愛好家の間では、
初心者向きの花として親しまれています。


黄色の色になると、
あまり縁起の悪い花として
扱われなくなるようですね。


赤い彼岸花は死の花!?不吉な花と呼ばれるワケは?

higanbana01
彼岸花、と聞くと何となく
縁起の悪い印象があります。


ホラーの世界でも彼岸花は
よく題材にされ、非常に
死に近い花とされています。


赤い彼岸花は別名、
死人花(しびとばな)
地獄花とも呼ばれていたり。


これは彼岸花が植えられていた
場所と深く関係しています。


かつて日本が土葬だった頃、
墓を荒らす動物除けとして毒のある
彼岸花を墓の周りに植えました



そのせいで彼岸花と言えばお墓
というイメージができあがったのが
そもそもの始まりのようです。


更にこの頃の日本は頻繁に
飢饉が起き、食糧難になることも
珍しくありませんでした。


スポンサードリンク

彼岸花の球根には豊富なデンプンが
含まれており、飢饉の際、人々は
非常食として食べていたそうです。


ですが、彼岸花の球根にはがあります。


そこまで強力ではありませんが、
大量に摂取すれば神経が麻痺し、
生死にかかわることも。


幸い、彼岸花の毒は水溶性なので
水で洗えば消える
のですが、不十分だと
中毒を起こすこともありました。


亡くなった方もいたそうで、
このことから死の花、という不名誉な
名前で呼ばれるようになったんだとか。


彼岸花が不吉な花と呼ばれるように
なった背景は、毒を人が利用した
結果
だったのです。


何とも彼岸花にとっては
迷惑極まりないエピソードですね。

黄色の彼岸花が観賞できるスポット
都内では、東京都の江東区にある
清澄庭園(きよすみていえん)で
黄色の彼岸花が見られるそうです。

園内の池の周辺ではなく、
広場の方で咲いているそうです。

開花時期は9月~10月頃です。

興味のある方は一度足を運んでみて下さい。


黄色い彼岸花についてのまとめ

insurance_7_mika
赤い彼岸花は有名ですが、黄色い
彼岸花については私自身、初耳でした。


道端でも咲いているのは
ほとんど赤い彼岸花なので
存在すら知りませんでした。


調べてみると、やはり
黄色い彼岸花は少々珍しいようです。


球根を販売している園芸店も
少ないように感じました。


その反面、非常に育てやすく、
ほぼ植えっ放しで育つ、
とても丈夫な植物
なんだそうです。


その割に黄色くて見た目が
派手な花が咲くので、
人気なんだそうですよ。


もし道端で黄色い彼岸花を
見つけられたら非常に運がいいです。


ぜひ、記念に写真を撮っておきましょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー