防災グッズ 赤ちゃん

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

防災グッズ(赤ちゃん編)

読了までの目安時間:約 7分
bousai02

9月1日は防災の日ですね!!

そこで赤ちゃんの 防災グッズについて調べてみました!!



スポンサードリンク

3.11の東日本大震災の時は本当に怖かったですね・・。

あれから、もう3年になるんすね・・。

個人的には、あの日は産休で自宅にいました。

自宅にいたから良かったのか悪かったのか・・。

帰宅難民とかにはならなかったので、
その点は良かったのですが・・・。

しかし、まだ2か月の赤ちゃんと2人っきり・・。
大きな揺れがきて本当に恐怖でした・・。

すぐに、夫に電話したら繋がらなかったので、
もし、怪我とかしても救急車も呼べないのか・・と
思うと怖くなりました・・・・。
しかも、今回は高齢出産で出産前後から
体調不良というおまけつき。
高齢ママには、追い打ちをかける出来事でした・・よ。

あの時、思ったのが日ごろからの備えの重要性でしょうか・・。

直接、被災した場合はもっと大変だったと思います。

でも、直接、被災していなくても、大きなダメージが ありましたよね・・。
だって、近所のスーパーから食品が全て消えていましたから。

オムツも水も必要な物は入手困難になっていました。

でも、その時、体調もあまりよくなかったので、
スーパーの列に長時間並ぶとかできないし、
遠くのスーパーに買い物に行くこともできい~~。
だから、ホントに大変でした。
地震でもその他の災害でも、日頃から備えて
おくことが重要ですね・・・・・。

 

備えや知識がないと漠然とした不安が大きくなってしまいます。
いざと言う時の為に準備しておくと
この不安が少しでも解消されるのでは
ないでしょうか???
そこで、地震の時、赤ちゃんのいる家庭の
防災グッズについて見直してみました!!

抱っこひも

抱っこ紐も必須アイテムです。

赤ちゃんが生まれてすぐは、まだ購入して
いない人もいるかもしれませんが
早めに購入しておいた方がいいですね・・。

肩と腰の2点でしっかりと保持できるので
エルゴのような長時間移動が楽なタイプがお勧めです。
ベビー服
ベビー服はいつも使用している物を
準備しておけば大丈夫です。

 

ベビーインナー(短袖) ベビーインナー(長袖) 帽子
タオル類 タオル……幅広い用途で使えます。

大小サイズ 1枚づつは用意しましょう。
オムツのところでも紹介していますが、
タオルはおむつの代用としても使えます。
哺乳瓶 哺乳瓶……プラスチック製が軽くて便利。
使い捨てタイプを 用意しておくといいかと思います。

哺乳瓶消毒剤……錠剤や液体で消毒出来るタイプが良いでしょう。
粉ミルク……キューブや、スティックタイプなどがおすすめ。
または小分け袋にいれて分けておくと便利です。
ベビーフード……スプーンはプラスチックのコンビニとかでもらえる
スプーンで十分代用できます。
ベビー用飲料……調乳に使える赤ちゃんのの水や、
赤ちゃん用イオン飲料などを 用意しておくとと良いでしょう。

マグ・・・・・紙コップでも代用できます。

でも、最悪の時は、哺乳瓶がなくても 紙コップでミルクをあげられます。

そういう事を知っておくと不安にならなくて すむかもしれません!!
※ミルク不足時 短期的には5%砂糖水も良いとされています。
5gの砂糖に水を加えて溶かし、100mlになる まで水を入れれば出来上がりです。
ステックシュガー 赤ちゃんのいる家庭では防災グッズに スティックシュガーを入れておきましょう。
溶けやすくて使いやすいです。
スティックシュガーの容量が4グラムなら80ccのお湯
(最終的には人肌くらいの温度で与える)を、
5グラムなら100ccを目安にしましょう。
氷砂糖 また、乾パンの缶詰の中に通常は氷砂糖がはいっています。
これをコップに入れて清潔な水で溶かし、 赤ちゃんに砂糖水を与えます。

ただし、氷砂糖は非常に溶けにくいです。 お湯があったら迷わず使わせてもらいましょう。
ペットボトルの水は用意して置いた方がいいですね・・。

オムツ オムツは3日分は用意してあると良いと言われています。

おしり拭きは、詰め換え用が便利です。 携帯トイレは、おむつを卒業したら必須。

しかし、もし、緊急時にオムツが手に入らない時は オムツがなくても
生理用品で代用できるなどの工夫を 知っているとパニックにならなくてすみます。

また、ポリ袋とタオルで簡易のおむつを作る事もできます!!

作り方はこちらのホームページを参考に!!

http://yamagata-mekke.awe.jp/?p=770

母乳のママ 震災のショックで母乳がでなくなったという事も聞きますよね。

でもそんなときでも慌てないで下さい。

生まれたばかりの赤ちゃんでもスプーンで飲むことは可能です。

だから、水分を補給することはできます。

紙コップに砂糖水を入れて赤ちゃんに上げましょう。

脱水を防止できます。

離乳食 離乳食は瓶詰など便利な商品がそろっていますので
非常時用としても準備しておくと良いと思います。
その他の便利グッズ   冷却・温熱シート……熱が出た時だけでなく、暑い時期に便利。
ホッカイロ・・・・時期にもよりますが、寒い時期には必須ですね。

帽子……かぶることにより、砂埃などから少しでも避けられます。
ヘルメット……1歳を超えたら、自転車用のヘルメットを。
爪切り・・災害時は衛生状態が悪くなる事も考えられます。

子どもはすぐに皮膚をかいてしまうので、爪を切って おくと皮膚感染などの病気を防げます。
母子健康手帳・健康保険証・・・もちろん忘れずに!!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー