帰省土産,お菓子以外

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

帰省土産でお菓子以外におすすめベスト5

読了までの目安時間:約 7分
roujin

帰省土産、何か持っていかなければと思うものの、お菓子は避けたい!そんな方に、おすすめを紹介します。



スポンサードリンク

実家や義実家への帰省の際の手土産。


いわゆる帰省土産、
本当に気をつかいますよね。


というか、センスを問われます。


自分の親の年代の人が、
恐縮しない程度に喜んでくれるもの。


考えてみるとなかなか浮かばないものです。


また親世代となると、
手土産の定番であるお菓子類が
苦手
なケースも多いです。


甘いものは糖尿が、とか胸やけが。


煎餅などのしょっぱい系だと
歯が悪くて食べられない。


手土産の大定番が使えず、
頭を抱えている人は多いはず。


そこでお菓子以外の帰省土産。


おすすめのものを紹介します。


お菓子以外の帰省土産、おすすめベスト5


おばあぁちゃん

今半 牛肉佃煮



歯に負担がかからない上、日持ちする。


さらにご飯のおとも、酒のつまみにも
なる佃煮はいかがでしょうか。


おすすめはすき焼きで有名な
今半が手掛けた牛肉佃煮です。


牛肉なので、歯に負担は少な目。


日持ちもするので一度に
たくさん食べられなくても捨てなくてOK


東京の名店、という知名度もあるので
喜ばれること間違いなし。


ただ少々塩分がきついので、
高血圧の親御さんには避けましょう。


丸武 ネギ入り卵焼き



その日のうちに
帰省できる人限定
にはなりますが。


テリー伊藤さんのご実家として有名な、
丸武の卵焼きはいかがでしょうか。


普通よりも甘みの強い卵に、
しゃきしゃきのネギがいいアクセント。


ノーマルも販売していますが、
ネギ入りの方が人気。


食事のおかず、酒のつまみ。


はたまた小腹がすいたときの
おやつにもぴったり。


絶妙な卵の甘みがクセになりますよ。


孫の写真・絵


お子さんを連れて帰省するなら、
何よりの帰省土産は
お孫さん
だったりします。


そこで手土産として額縁に入れた写真や
お子さんが書いた絵を
渡してみてはどうでしょうか。


意外と実践している家庭が多く、
年に1度しか帰省できない家庭の場合。


お子さんの1年を納めたアルバムを作り
毎年帰省のときに
手土産として持っていくんだそう。


親御さん世代となると、
もやは食い気よりも孫、と
いう人がほとんど。


食べものよりも喜ばれるかもしれませんね。


鉢植え、アレンジメント



次は主にお母様、お姑さん向けの手土産。


鉢植えやアレンジメントもおすすめです。


とくにお母様やお姑さんが
庭いじりが好きならば、鉢植えがおすすめ。


そのまま育ててもいいですし、
庭に植え替えもOK。


さらに新たに球根や苗を買ってくれば、
植木鉢は再利用できます。


また花は贈らず、野菜や
ハーブの苗
を手土産にする人もいました。


新幹線や飛行機を利用する場合は
持ち運びが大変ですが、
車移動ならアリですね。


お酒



そして最後のおすすめは、やはりお酒。


手土産とは言いつつも、
最終的には一緒に
飲むためのものになってしまいますが。


それでも久しぶりに顔をあわせた
子どもと飲むお酒は格別でしょう。


お孫さんが飲める年齢なら、
なおのこと嬉しいかもしれませんね。


お酒の種類は、
主に飲む親御さんの
好みにあわせればOK



親御さん世代だとビールや日本酒、
焼酎といったところが定番でしょう。


普段はあまり買わない、
少し高めの銘柄を購入するのもポイント。


細々とではありますが、
都内でも酒蔵は存在します。


帰省土産として持っていくなら
住んでいる地域の
地酒をチョイスするのがおすすめです。


また新幹線など、
電車を使って東京から
帰省する場合。


東京駅でしか売っていない
限定品もおすすめです。


9割方お菓子ではありますが・・・


もしかしたらお菓子でも
気に入ってくれるものが
あるかもしれませんね。





変わり種!こんな手土産も!



・入浴剤

・スキンケアグッズ
(お母様、お姑さんに)

・ヒートテックやフリース

・ミネラルウォーター


こんな手土産も、
意外と喜ばれるそうです。


ヒートテックやフリースは、
正直驚きですよね。


でもお年寄り世代、
70代以降の方々は
とても喜んでくれるそうです。


同時に「こんなに暖かいの!?」と
驚くのだとか。


確かにお年寄りはヒートテック、
知らないですね。


知っていてもわざわざ
買ってきてまで
着るには抵抗がある。


そこで何かのきっかけで
プレゼントしてもらえると、
嬉しいのかもしれませんね。


ほかにもミネラルウォーターは、
日常的に使ううえ、
重くて持ち運びが大変なため。


品物がどう、というより
買ってもってきてもらえて嬉しい、という
感じのようです。


もしネタに困ってしまったら、
こちらも思い出してみてくださいね。


お菓子以外の帰省土産のまとめ



いかがでしたでしょうか。


やはり手土産、というとお菓子が圧倒的。


甘い、しょっぱい関係なくだと
9割以上がお菓子です。


しかし年齢を重ねると食べものは
あまり欲しくなくなっちゃうんですよね。


せっかくもらっても食べないから、と
なぜか持っていった本人が
いちばん食べさせられていたり。


逆にお土産をそのまま
持って帰る結果になることも。


どうせ手土産を持っていくなら、
やはり喜んでもらいたいもの。


なのでここ数年、なんとなくお菓子が
不評だなと感じたら。


ぜひお菓子以外の手土産も、
考えてみてくださいね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー