小学校,入学準備,文房具,ポイント

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

小学校入学準備【文房具で失敗しないポイント】

読了までの目安時間:約 4分
enoituno-to

小学校入学準備に避けて通れないのが文房具選び。せっかく用意しても学校で使用出来ないなんてことになると2度手間です。
失敗しないポイントを先輩ママさんに聞きました!



スポンサードリンク


小学校入学準備の文房具の選び方



うちの子どもが小学校に入学したのは数年前。


今の小学校は、文具などはほとんど、
学校で統一する場合が多いようです。



地域などにもよるのでしょうが、うちの子が
通う学校は下敷きもノートや消しゴムや手提げバックも
傘もすべて統一で一括購入させられました。


ふでばこなどは自由でしたが、派手でないもの
という指定がありました。



入学祝いでもらう文具セットをたくさん
いただいたのですが、結局学校では何ひとつ
使えませんでした・・・・・・・・。


下敷きもかわいいのを購入してあげたりしたのに、
使えず・・何かすごく残念でした。



なので、無駄になってしまわぬよう事前に確認して
おく方がいいかと思います。


文房具選びは先輩ママに聞くのが近道?



近所の知り合いの先輩ママがいるならその人に
聞くのが近道です。



いないなら学校に直接問い合わせるともいいかと思います。


先輩ママと言っても、同じ学区内でないと無意味です。


わかっている人が保育園の役員さんだと、
卒園祝いに無地の名前入りの鉛筆をくれたり、
消しゴムとセットでくれたりなどあるみたい。


二人目のときは卒園祝いが無地の名前入りの
鉛筆だったのでとても助かりました。



男の子は青で、女の子はピンクだったのですが、
キャラ物ではないので学校でも使えたし、名前を
書く手間もはぶけて一石二鳥でした。


せっかくいただいても、使えないんじゃ
ホントにもったいないですからね。



個人的に知り合いや身内からのプレゼントは
キャラ物で学校では無理なので家で使ってます。


しかし、まだまだたくさんあるので使いきれるか
わかりません…。


売ってるものだし、おもちゃではないのだから
そのくらいいいんじゃないの?と正直なところ
思いますが・・・・・・・・。


嫌な思いをするのは子どもなのでしょうがなく
学校の指示に従ってはいますけど。



失敗しない鉛筆選びのポイント



鉛筆を選ぶポイントとしては、低学年は濃い
鉛筆を勧められます。



私達がよく知るのはHBが一般的な気がしますが、
一年生は2Bてした。



低学年は筆圧が低い子もいるから濃い鉛筆を
勧めるのだと思います。


最初はなぜなのかわからなかったので、あせって
用意したのがBの鉛筆でした。



学校から『2Bにしてください』と指摘されて、
何度も買い直すハメになりました。



また、鉛筆はキャラ物は一切禁止とのことでした。


鉛筆もかわいげのない茶色とか緑や黄色一色の
鉛筆だったり、消しゴムもMONO消しゴムだけとか、
本当に個性がなくなるってほど統一させたがるんですよ。


そんなの最初の子だから知らなかった私は、
かわいい鉛筆や消しゴムを用意して子どもも
楽しみにしていたのに・・・・・・。


結局は、使えなかったので子どももガッカリで
かわいそうな思いをさせてしまいました。



これも学校によって違うと思うので、心配なら
問い合わせる方が確実だと思うのでそうした方が
いいかと思います。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー