小学校,準備,ドリル

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

小学校の準備おすすめドリルは?

読了までの目安時間:約 4分
enpitukeisan

小学校の準備におすすめのドリルはどんなものが良いのでしょうか?
節約もできちゃう体験談を紹介します!!



スポンサードリンク


小学校の入学準備


小さいと思っていたわが子。


でも、気がついたら成長し幼稚園も
そろそろ卒園が近づいてきました。


基本的にはのびのびおおらかに
育てようと思っていています。



そう思ってはいるのですが、今の世の
中小学校入学までにひらがな、カタカナ、
簡単な計算くらいまでできる子が大半です。



自宅で勉強するにもドリルを購入
したりとお金がかかります。


ただこういうご時世なるべく節約を
していきたいもの。



小学校入学準備におすすめドリルは?



そんな悩める主婦におすすめなのが
百円ショップの問題集です。


いまどきの100円ショップには様々な
ドリルがおいてあります。


ひらがな、カタカナ、知育、簡単な漢字、
より取り見取りです。


市販の問題集だと一冊600円くらいで
ひらがな、カタカナ、知育系、算数と取り混ぜて
買うと2000円超えてしまいます。


しかし、100均だとトータル
400円です



紙質はいいとはいえませんが問題数も
多くイラストも多用されていて市販の
問題集と遜色ありません。


問題集は子供がすぐにぐちゃぐちゃに
してしまったり、途中であきてしまったり
しますが100均ならまあいいやと思えます。


小学生の息子の毎日の学習には一応
教科書準拠の進研ゼミをとっています。


しかし、そのサブ問題集としても
おすすめです。


進研ゼミはおすすめ?



それからおすすめは進研ゼミです。


進研ゼミはやはり教科書準拠なのがいいです。


あまり学校の勉強とかけ離れたものを
してしまうと授業で出てくるころに
忘れてしまったりします。


またあんまり難しいものをやると子供が
自分はできないと自信をなくしてし
まったりします。


その点各学校の教科書にしっかり沿った
内容のものだと授業より少しだけすすんで
やるのでまず授業がよくわかるようになります。


そして添削を出すことで自分の復習にもなり
自信につながります。


そして定期的にある実力診断テストで自分の
全国でのレベルがわかるなどさまざまな
メリットがあります。


もし進研ゼミを定期的にとることが難しいと
したらなるべく自分の子供が進む小学校の
教科書に準拠した問題集をおすすめします。


大体入学シーズンに書店にいくと準拠した
問題集のパックがおいてあったりします。


それから問題集をやるにあたって重要な
ことは学習の習慣をつけてあげることです。



小学校の低学年のうちはそんなに難しい
こともやらないし、正直授業だけでも
ドングリの背比べでそうそう差はつきません。


ただ、だんだん学年が進んでくると家で
学習の習慣があるのとないのでは
どんどん差が開いてきます。



これがその後の中学、高校の勉強へと
影響すると思います。



だから問題集もとにかく毎日10分でも
いいからやること、これが一番大切です。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー