夫,家事,育児,手伝ってもらう,秘訣

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

夫に上手に家事や育児を手伝ってもらう3つの秘訣

読了までの目安時間:約 6分
aoujidougu

夫に上手に家事や育児を手伝ってもらう3つの秘訣


夫に上手に家事や育児を手伝ってもらう3つの秘訣について紹介します!!


最近は男性が家事や育児を手伝ってくれる
イクメンパパも登場しています。


しかし、まだまだ、自覚がなくて家事や育児を
なかなか手伝ってくれない残念パパも多いのが現実・・・。



日本ではまだまだ、女性の社会進出が遅れて、
家の事(家事や育児)は女性の担当って感じに
なっています~~~~~~。(涙)


そこで、実際に上手にパパにも育児に参加して
もらっている30代ママの秘訣を紹介します。



夫に上手に家事や育児を手伝ってもらう3つの秘訣



わたしたち夫婦は、夫36才、妻34才の時に
結婚して、1年半が過ぎたところです。


子どもは結婚して3ヶ月ほどで授かり、
現在7ヶ月になります。


今はまだ子どもは1人ですが、夫が40になるまでに
産めるようなら、もう1人欲しいな、と考えています。



夫は従業員50人ほどの会社の正社員で、出勤は
7時半頃、帰宅は平均して18時半頃になる
ことが多いです。


休日は月に1回ほど土曜日出勤を除くと、
土日が休みになりますが、たまに仕事の
混み具合で休日出勤もあります。


わたしは結婚後始めた出産前にアルバイトを辞め、
現在は専業主婦で、娘が1歳になる4月から
パートを始めようと思っています。



夫は基本的には穏やかな性格で、殊に自分の
気に入っている人に対しては、とても優しく
してくれます。


もともと家事は、たまには一緒にしてもいいよ、
と言うスタンスでした。


しかし、わたしが妊娠し、つわり、体調不良、
入院、出産、育児と一連の流れの中で・・・・



夫の家事・育児分担の重要性が増してきました。


そこで、この1年半を通じて感じた夫に家事を
やってもらうコツを、以下3点にまとめたいと思います。


ポイント①夫に情報に触れてもらう



最初のポイントは、夫に妊娠や出産で女性に
かかる体の変化の情報に触れてもらうことです。



わたしは35才になる直前に出産しました。


高齢出産に片足を突っ込んでいる状態です。


しかもつわりを初め、トラブル続きの妊娠生活でした。


そんな中で、やはり心配になって、いろいろな
ことをネットで調べまくりました。



そして、それを夫に伝えました。


そうして会話をしていく中で、夫は自分でも
ネットで調べものをし、いかに妊婦が大変なのか、
無理をしたらダメなのか、を刷り込んでいきます。



「産後クライシス」と言う言葉ができたのも、
妊娠中だけでなく、出産後の育児を手伝って
もらう大きな後押しになったように感じます。


夫に妊娠生活や出産の情報に触れてもらうこと。


かなり重要です。


情報を伝えるという妊娠や出産前からの
コミュニケーションが大切とも言えますね・・。


ポイント② 男性にしてもらう家事は厳選する



次のポイントは男性にしてもらう家事は
厳選することです。



女性と男性は性別が違うゆえに、


脳の造りが違うそうです。


男性は1つのことに集中力は発揮することには
長けていますが、色々なことを同時に進行する
のは苦手です。



うちの夫も然りです。


そこで、男性に家事をお願いするときには、
1つのことを徹底的にやれるものがいいです。



例えば、お風呂掃除や換気扇掃除など、
普段は適当に目をつぶっているけど、
いざとなったら時間をかけて徹底的にやれるもの。



そういったものがオススメです。


間違っても、手軽に出来るだけからと言って、
あれこれ複数の家事をお願いしてはいけません。


凝り性な性格を利用して掃除道具等を購入する
ところからやってもらうのも良いと思います!!



ポイント③絶対に否定ややり直しはせず、感謝の気持ちを伝える



最後のポイントは絶対に否定ややり直しはせず、
感謝の気持ちを伝えることです。



普段から家事をしている女性にとってみれば、
夫に家事をやってもらったはいいけど、


やり方が違う!とか


不完全だ!とか


不満を感じることばかりだと思います。


でもそこはグッとこらえて、


「ありがとう」


「助かったわ」


労ってあげましょう。


絶対にこれ見よがしに、夫の目の前でやり直し
なんてしないで下さいね。



男性は小さな子どもか!


とツッコミたくなるくらいに、単純です。


頑張ったから誉められたいんです。


役にたったことを、態度や言葉で認めて
もらいたいんです。


だから夫の家事の出来が、自分の合格ラインの
半分を越えていたら、及第点をあげて、ほめて下さい。



それがまた、家事をやってもらうコツです。


あとは、繰り返し家事の前にしっかり指示し、
自分好みの状態に仕上げてもらえるよう、
教育して行きましょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー