夏,高校野球,座席

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

夏の高校野球!おすすめの座席はココ

読了までの目安時間:約 5分
kyujou-02

夏の高校野球。十二分に楽しむためには、球場内の座席選びがキモとなります。おすすめの座席を紹介しましょう



スポンサードリンク

日々夏らしくなってきましたね。


もうすぐ、夏本番です。


夏本番というと毎年恒例なのが高校野球。


高校球児たちが熱い戦いを繰り広げます。


実際に球場まで足を運ぶ人も
多いのではないでしょうか。


そこで今回は、
より試合を楽しむための座席をご紹介。


夏の高校野球、おすすめ座席はココ!


jyosei-su-tu02

では実際に甲子園球場に行ってから、
そこの座席に座れば試合をより楽しめるか。


目的別で、紹介していきます。


応援団と応援できる、アルプススタンド



まずは各校の応援団と
一緒に応援できるアルプススタンド。


応援団の迫力ある応援とともに
試合を楽しむことができます。



ただこの席は、基本的には1試合限定


1試合ごとに席を
立たなくてはいけないようです。


実際確かな決まりごとはないのですが、
暗黙のルールみたいですよ。


なのでイチオシの高校の試合のときだけ
座る、という人もたくさんいます。


アルプススタンドのチケットは
球場で当日券のみ販売


ただ一般は応援団分をのぞいた
あまりしか販売されません。


数が少ないので、競争率は高め


ただ途中退席者が多い場合は臨時で
追加分が発売されるそうです。


どうしてもアルプススタンドで
見たい人は、追加販売を
狙ってみてもいいかもしれません。


実際のアルプス席の様子はこんな感じ。




2016年春の選抜大会の映像です。


映像内で応援しているのは
敦賀気比高校の方々。


応援団以外にも
一般らしい人が結構座っていますね。


さり気なく一緒に応援もしていて、
盛り上がれそうな席です。


気軽な外野席



高校野球の雰囲気だけでも楽しみたい。


チケットをわざわざ購入したくない。


そんな人は外野席へ。


外野席の魅力はやはり無料であること。


毎年球場の近所の人たちが、
ふらっと訪れることも多いです。


外野席で見るなら、早めに行って
日陰やみやすい場所を
確保しておきましょう。


とくに丸1日観戦するつもりなら
ぜひ日陰を。


外野席は無料なぶん、日陰は少なめ


丸1日炎天下で4試合をみるのは
なかなか厳しいものがあります。



スポンサードリンク

どうしても耐えられないなら、
やはりチケット購入がおすすめですよ。


快適に観戦したいなら、内野自由席



外野席はやはり日陰が少なくていやだ。


そんな人は内野自由席へ。


チケットを購入する手間はありますが、
比較的日陰が多い座席です。


おすすめの位置は1日を通して
観戦するなら少し後ろ側の日陰


前の方で見たいなら、午前中は3塁側


午後は1塁側の席がおすすめです。


午前と午後では太陽の向きが違うので、
日陰の位置も変わります。


席移動が面倒なら
後ろの方でみるのがおすすめですよ。


最高の環境で観戦できる、中央特別自由席



コアな高校野球ファンたちが集うのが、
中央特別自由席。


内野席のなかの、
バックネット裏の席になります。


正面、キャッチャーの後ろ側から
観戦できるので臨場感は抜群。


ただ残念ながら、最前列は
熱狂的なファンたちによってすでに満席。


高校野球ファン、憧れの席でもありますね。


熱狂的ファンたちは、
通し券を購入しています。


そのため当日券を買う必要がなく、
朝一番に最前列に陣取れるのです。


当日券を購入しているファンとは
気合いが違うようですね。


夏の高校野球の座席のまとめ



いかがでしたでしょうか。


高校野球の座席は、全部で4種類です。


無料で出入りできる外野席。


応援団用のアルプススタンド。


比較的日陰が多い内野自由席。


最高の環境の中央特別自由席。


それぞれどのぐらい試合に
思い入れがあるのか。


それによって座席を選んでも
いいかもしれませんね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー