代々木公園,花見,見頃,混雑,天気,屋台

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

代々木公園で花見!2016年の見頃は? 混雑は?天気は?屋台は出てる?

読了までの目安時間:約 6分
hanami05

海外の人にも大人気の花見スポット代々木公園。花見に行きたいけど、人が多そう。天気も気になる。ということで色々調べてみましょう。



スポンサードリンク

海外の人にも人気の代々木公園。


花見客の人数は、国内でも
屈指の多さなのではないでしょうか。


シーズン中はほろ酔い気分の
花見客でごった返していますね。


ですがニュースで流れている映像は
馴染みがあるものの。


いざ行くとなるとちょっと疑問が。


代々木公園での花見を楽しむ
秘訣を紹介しましょう。


代々木公園の花見の見頃や混雑、天気は?


sakurauguisu
代々木公園の魅力は
何といってもその広さ。


かなりの規模のため、
混雑していても散歩できるほどです。


なのでシートを広げて花見酒。


のんびり歩きながら花見。


どちらのパターンでも
楽しむことができるのです。


公園内には約600本、6種類の
桜が植えられています。


代表的なソメイヨシノ以外にも
河津桜や山桜などもあるため、
咲く時期がまちまち。


早咲きで知られる河津桜なら、
3月中旬ごろから見頃を迎えます。


ソメイヨシノなどの桜はだいたい
都内では平均的な
3月下旬から4月上旬ごろが見頃。


公園内の大半がソメイヨシノなので、
4月頭ぐらいに行くのがベストでしょう。


そして気になる混雑具合。


河津桜が咲き始めるころから
チラホラ花見客が増えはじめ。


3月下旬から4月上旬の
春休みシーズンに最盛期を迎えます。


学生の春休みや卒業記念。


さらには年度末で送別会などもかねて
行う人が多いようです。


そして花見の時間のピークはやはり夜。


夕方頃から急激に混雑し始めます。


夜に花見を行う予定なら、
昼ぐらいから場所取りを
しておくのがベスト。



スポンサードリンク

夕方で解散するグループの場所を
譲り受けるという方法もアリです。


またいい場所はすぐに
埋まってしまうので、前もって下見を
しておいて目星をつけておくのがおすすめです。


ですがそんな花見も、
天気が悪いと台無しですね。


気になる2016年の春の天気は
周期的に変化し、なかなか安定しないよう。


3月下旬ごろは2~3日周期で
晴れたり雨が降ったりといった予報



週末に雨が降ることもあるため、
花見のチャンスは少ないかもしれません。


4月に入っても周期的な
変化は変わりありません。


長く晴れが続かないため、
予定を立てるなら前もってよりも
直前にすると中止になりにくいでしょう。


代々木公園、屋台は出てる?


yatai001
都内でも5本の指に入るぐらい
人気の花見スポットである代々木公園。


飲食店はありませんが、
ケータリングなどの
屋台が出店します。


どうやらケータリングカーは
土日祝日の噴水広場で
いつも営業しているよう。


さらに花見シーズン中には
桜の園付近に場所を移し、
毎日営業しています



ただ花見シーズン、といっても
本当に最盛期である1週間限定のよう。


いつからいつまでなのかというのは
年によって違うようです。


さらに混雑も相まって、食べものを
一切用意しないというのはかなり無謀。


園内に11ヶ所もあるトイレですら、
ゆうに30分待ちの混雑ぶりです。


2012年の映像ですが、
トイレでここまでの行列。


お子さん、待てませんね。




なのでケータリングカーなんかだと、
長時間待つことは
覚悟しなければなりません。


ただシーズン中の屋台は
そこそこの数が出店するようです。


お好み焼きや焼きそばといった
定番のものなら待たずに
購入できるかもしれませんね。


代々木公園の花見のまとめ



花見の定番スポットである代々木公園。


毎年ニュースで流れていますが、
花見客のマナーが
悪くなっているそうです。


散らかして帰る。


火気厳禁にも関わらず、花火をする。


ほかの花見客とトラブルを起こす。


などなど、ルール違反が
目立ってきているとかいないとか。


せっかく1年に1度しかない花見シーズン。


お酒が入っているとはいえ、
気持ちよく過ごしたいもの。


とくに代々木公園は花見客同士の
距離が近いので、マナーは大事です。


マナーを守り、
楽しい花見にしましょうね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー