ママ友,上手,付き合う,コツ

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

ママ友と上手に付き合う4つのコツ

読了までの目安時間:約 5分
egaojyosei03

誰もが一度は悩んだことがあるのがママ友との付き合い。
ママ友と上手に付き合う時のコツについて先輩ママさんが伝授します。



ママ友との付き合いに悩むのは子どもが幼い時だけ



小学生と幼稚園の子供を持つママです。


私もママ友について、上の子供が幼稚園入園
前後に悩みました。



ママ友といっても、一番悩みが多い時期は、
公園デビューあたりから、幼稚園時代だと思います。



小学校に上がれば、親の手から子供が少しずつ
離れるので、親まで付き合う機会は減っていきます。



中学校にいたっては、子供の友達が大体わかる
程度になり、親同士の交流名どほとんどなくなります。



学校への親の参加も、強制的な役員や手伝い程度です。


割りきって付き合う



だから、子供が幼い頃だけと割り切って、
お付き合いしましょう。



ママ友は大事な情報源です。


上手く付き合えば、子育てには欠かせない
存在になります。



でも、上手くといっても、自分に負担がない程度に、
最低限で大丈夫です。


気をわずに、浅く広く、そして何より「割り切って」
これがなんといっても大事です。



ママ友は、子供を通しての知り合いにすぎません。


気が合い、心許せる人に出会えればそれは幸せ。


そうでなくても大丈夫です。


幼稚園のママ友と修羅場!?について詳細を
知りたい方はこちらをクリック



しっかりと挨拶する



ご近所ママさんとのお付き合いは、それこそ
家族絡みですので、しっかり挨拶をして・・。



自治会活動などに普通程度に参加していれば、
相手がとても変わっていない限り大丈夫です。



ご近所だからと、旦那さんや奥さんの勤め先や、
子供の学校(高校名)などは相手が言ってこない
限り立ち入りません。


もちろん、我が家のこともペラペラしゃべる
必要はありません。


無関心ではなく、あまり干渉しない事です。


では、一番の難関である、公園デビューから幼稚園時代です。


幼稚園時代のママ友と上手く付き合うコツです。


ポイント③カラーの違う人とは別の幼稚園を選ぶ



地域や幼稚園のカラーで様々ですが、
ご近所でもあまりにもタイプが違う
ママたちばかりだったりしたら・・・。



幼稚園選びの際に、そうゆう人たちとは
違う幼稚園を選ぶという選択肢もあります。



幼稚園は、同じタイプのママさんが多いです。


今は入園前にプレ保育をしている幼稚園が
ほとんどです。



なので、不安があれば、幾つかプレ保育に通い、
幼稚園の雰囲気とともに、ママたちの様子を
探る事も大事です。



入園前に友達が出来なくても大丈夫です。


入園し、年少さんの秋頃になると、子供が
上手く気の合う子を探してきます。


そうなると、幼稚園以外でも遊びたいとなります。


すると、親同士で連絡先の交換を自然に
するようになります。


あさイチで紹介されていたママ階級とは何なの?
詳細を知りたい方はこちらをクリック


ポイント④クラス役員を引き受ける。



これは少し上級編ですが・・、


それでも不安という人は、いっそクラス
役員をしちゃいましょう。



役員をすると役員同士がまず仲良くなります。


また、クラスのママたちは、役員さんに
なぜか媚をうります。


なので、話しかけられる機会が増えます。


気をわずに、浅く広くをモットーに、誰にでも
挨拶だけはしっかりしていたら、大丈夫です。



是非、参考にしてください!!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー