サマーラン ド,プール,混雑

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

サマーランドのプールの混雑は?子連れの 持ち物と場所取り方法は?

読了までの目安時間:約 9分
kodomo-mizuasobi01

プールといえば、やっぱりサマーランドですね!ですがもっぱら混んでいるとの噂も。混雑情報を始め、場所取り方法も紹介します!


屋内、屋外、そして遊園地。


夏を満喫できるテーマパークと
いえばサマーランド。


様々なプールがあって、楽しいですよね。


ですが気になるのが、混雑具合。


あまりに混んでいると
楽しめるものも楽しめない。


うまく避ける方法はあるのでしょうか?


サマーランドのプール、混雑具合は?


jyosei-mizugi
では気になる混雑の傾向を。


プール開き~夏休み前



まずプール開き直後である
6月から7月半ばの夏休みまで


この期間は平日は
そこそこ快適に楽しめます。


開園直後にこだわらずとも、
そこまで大変ではないでしょう。


ただ6月でもやはり土日は混雑します


入り口前の駐車場がすべて埋まり、
第二駐車場へ案内されるほどです。


開園直後に入らなければ
場所取りすら難しいレベルのはず。


6月だとまだ肌寒い時期もありますが、
サマーランドは屋内プールがあります。


なので結構プール開きがされた直後も
来園者が多いようです。


夏休み期間



では本格的な
プールシーズンとなる夏休み期間。


この辺りになると夜間営業も始まり
サマーランド側も気合を
入れて営業しだします。


かきいれどき、というやつですね。


そのため土日祝日はもちろん、
平日でも夏休み前の土日並みの
混雑が予想されます。



ツイッターでは第二駐車場の案内は
あまりされていないのですが、
学生さんがとにかく多いんです。


車よりも電車で来ている人が多く、
入ってみるとびっくりするはず。


そして土日や祝日、
お盆はとにかく混みます



もうイモ洗い状態です。


よく夏のニュース番組で流れる、
人でうまったプール。


あのような状態になるでしょう。


とくに晴れた日はなおのこと混みます


相当な覚悟を持って
出かけて行ってください。


ちなみに実際の雰囲気はこんな感じです。


これは大波タイムなので
いつも以上に人が集まっていますが。


ただピーク時はこんな感じに
なってしまうほどは混雑しているようです。




9月~プールじまい



最後は夏休みが終わった
9月からプールが閉園になるまで。


夏休みは終わったといっても、
大学生はまだ夏休みだったりします


なので8月よりはすいているものの、
まだ混雑は続くはずです。


9月といえどもまだまだ暑いですからね。


しかも9月は
シルバーウィークが控えています。


9月だから即ガラガラ、
ということはあまりないようですね。


ですが10月に入ればだいぶ
混雑は落ち着いてきます。


肌寒くなってきてプールという
感じではなくなって
くるのでしょうね。


9月後半から閉園期間に
入るまでは快適に楽しめそうです。


ただプールシーズン真っ盛りでも、
すいている穴場の日があります。


それは雨の日


サマーランドの公式ツイッターでも
「空いてます」宣言が出るほど。


とくに台風上陸が予想されていて
夜中のあいだに通過してしまった
いう日は絶好のチャンス。


おそらく天気予報で予定を
キャンセルしている人が多いので、
ものすごく空いています。


さらに混み始めるのも遅いので、
午前中は快適に楽しめるはず。


サマーランド内の混雑具合も
ツイッターでちょこちょこ
実況しているので、
のぞいておくといいですね。


子連れの持ち物、場所取りのコツは?


kazoku-syuugou

そんな混雑間違いなしのサマーランド。



スポンサードリンク

子連れで行く場合、
何を持っていったらいいのか。


連れて行くお子さんの年齢にもよりますが
簡単にご紹介します。


まず小学生以上の子を連れて行く場合


・アームヘルパー

・ラッシュガード(薄手のパーカーなど)

・レジャーシート

・クーラーボックス

・ビーチサンダル


小学生ぐらいのお子さんなら
こんな感じですね。


アームヘルパーがなければ、
ウキワでもOKです。


このくらいの年齢の子でも、
大人に紛れて遊んでいると
結構溺れやすいんだそう



思わぬ事故を防ぐ意味でも、
持っていくと安心です。


またラッシュガードは
日焼け防止もありますが、
寒さ対策にも使います。


プールで延々遊んでいると、
真夏でもかなり体は冷えます。


風邪を引かせないためにも
1枚羽織るものを持っていきましょう。


ラッシュガードがなければ、
プールサイドではパーカーなどを
羽織るようにすればOKですよ。


では今度は乳幼児を連れて行く場合。

・水遊び用紙オムツ

・ミルク

・離乳食

・ベビーカー

・ポリ袋
(大小をそれぞれ多めに)

・簡易テント


乳幼児を連れて行く場合は
こんな感じです。


ベビーカーはレンタルもありますが、
混雑時は在庫がないことも


なくて困るよりは、
自分で用意しておく方が便利です。


もちろん小学生以上の子を連れて
行くときに紹介した、
ラッシュガードや
クーラーボックスも忘れずに。


そして広めの場所が確保できたのであれば
テントを張っちゃうと便利です。


オムツ替えや着替えで移動しなくて
済みますし、
日陰の場所を探す手間もなし。


完全に日陰の有料エリアも園内には
あるんですが取れないことが多いうえ、
5千円前後かかります。


年に1回程度しか行かなくても、
買っちゃったほうがおそらく安上がり。


あるのとないのとでは
便利さが大分違いますよ。


ちなみにですが、
いい場所をとるコツも簡単に。

・朝8時までに到着していること

・チケットは事前に購入しておくこと

・目ぼしい場所は
とりあえずレジャーシートで確保

・屋内エリアの狙い目はとにかく奥の方

・2階の無料休憩所も狙い目


こんな感じ。


いい場所を確保する最大のコツは、
レジャーシートで
とりあえず確保作戦だそうです。


レジャーシートを複数枚用意して行って、
目ぼしい場所を見つけたら
とりえあえず敷いておく。


キープしつつ、よりよい場所を
探していくといった感じですね。


ただある程度フットワークの軽い人が
1人いないときついです



子連れだと厳しいものが
あるかもしれませんね。


その場合は屋内エリアの奥の方狙いか、
テントを用意して屋外エリアへ。


開園と同時に入場できれば、
場所がとれないことはないはずです。


サマーランドの混雑状況や持ち物のまとめ



いかがでしたでしょうか。


サマーランドは国内のプールでも
随一の混雑具合なんだそうです。


確かに全国放送で
CM打ち出してるぐらいですからね。


全国から集まってくるはずです。


ですがそれでも
うまく穴場の日をねらったり。


持っていく物を工夫したりすれば
割と楽しく過ごせるよう。


ぜひ参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー