クーラー,電気代,節約,冷房,ドライ

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

クーラーの電気代の節約方法は?冷房とドライはどっちがいい?

読了までの目安時間:約 7分
eakon002

クーラーの電気代の節約方法は?冷房とドライは実際にどっちらがお得なのでしょうか?徹底検証してみました!



ムシムシと暑くなってくると、
クーラーは手放せないものになります。


特に湿度が高い梅雨から
夏にかけては必需品ですね。


しかし、たくさん使うと
電気代が気になってきます。


クーラーをずっと使っていると電気代が
高くなるから小まめに切っている。



冷房では電気代が高そうだから、
ドライ機能を使っている。



そんな方も多いのではないでしょうか。


実際のところ、冷房とドライ機能、
どちらがいいのでしょう?



クーラーの電気代を節約
するのに効果的な方法は?


気になるクーラーに
ついて調べてみました。


クーラーの電気代を簡単に節約する方法は?

shintiku
クーラーの電気代を節約する方法は、
意外にたくさんあります。



どれも、手軽で少し気を付けていれば
いいだけなので実践してみてください。


まずは外気より3度~5度低いぐらいの
設定温度にします。


真夏だと外気は
30度から35度ぐらいなので
27度から30度ぐらいがおすすめ。


外気の暑さに応じて
こまめに変更しましょう。


外気との温度差を5度までに抑えると
冷房病も防げ、一石二鳥です。


冷やしすぎは電気代にも体にも
よくないので、控えめにしましょう。



それでも暑くて耐えられないときは
扇風機やサーキュレーターを併用します。


室内の空気を循環させ、風を起こすと
体感温度も下がりますし、
効率よく部屋を冷やせます。



また、冷房の風量は自動
設定しておくのが電気を無駄にしません。


微風や弱風の方が安いイメージですが、
なかなか部屋が冷えないので
かえって無駄になってしまいます。



冷やすべき時は強風などで
一気に冷やしてしまった方が
意外に効率がいいのです。



他にも、帰宅直後のように部屋が
密閉されているときに使用するなら
一度換気をしてから電源を入れます。


帰宅直後の部屋の中は
屋外以上に暑くなっています。


スポンサードリンク

その状態で冷房を入れると無駄な
電力を消費してしまうので、換気を
して部屋をある程度冷ましましょう。


寝る前の寝室なども、冷房を
入れる前に換気しておくと
効きも早く、節約できます。



そしてよくある、小まめに電源を
切る方法は、場合によっては
逆効果になることもあります。



クーラーは電源を入れる時に
いちばん電力を消費するものです。


なので、電気代を気にしすぎて頻繁に
オンとオフと繰り返すと
かえって電気を消費してしまいます。


ちょっとした用事で部屋をあけるときは
電源は切らなくても大丈夫です。


1時間以上不在にする場合だけ、
切るようにしましょう。



他にもクーラーをこまめに掃除する、
室外機に日除けをつけると冷房効果が
高まり、電気代が節約できます。



掃除は月に2回ほどを
目安に行うとよいでしょう。


冷房とドライ、どっちがいいの?



クーラーにドライ機能
ついているのは、皆さんご存知ですね。


ドライ機能は、室内の湿度を
追い出してくれる機能です。



この機能が有効なのは、気温が
そこまで高くなく、湿度が高い梅雨時期。


暑い、という程ではないけれど、
ムシムシして不快な日にもってこいです。


しかしドライ機能は部屋の
温度自体を下げるのには
あまり向いていません。



真夏のように、高い温度の日は
冷房の方が効率がよいです。


ある程度部屋が冷えたら、ドライ機能に
切り替えるとより効率的になります。



温度が高くなく、湿度が高いならドライ。


温度も湿度も高いなら冷房からドライ、
と覚えておきましょう。



また、このドライ機能にも
実は種類があります。


ドライに切り替えたとき、
弱い冷風が出てくる、弱冷房除湿


風は出てきますが、冷風ではない風が
出てくる再熱除湿があります。


一般的なクーラーのドライは
ほとんど弱冷房除湿です。


再熱除湿が搭載されているのは
最新式のものに多く、
その中でもごく一部。


しかし、消費電力は再熱除湿が
冷房を抜いていちばん大きい機能です。


ちなみにいちばん消費電力が
少ないのは弱冷房除湿です。



節電のつもりでドライを使っていたら、
実は冷房よりも消費電力が大きかった。



なんてことにならないように、
説明書をきちんと確認しておきましょう。


ただ弱冷房除湿はその名の通り、
弱冷房も一緒に稼働してしまいます。


気温が低い時期は逆に冷やしすぎて
しまい、体に悪いこともあります。



少々電気代はかさみますが、
必要に応じて機能を使い分けましょう。


冷やしすぎて風邪をひいてしまったら、
元も子もないですからね。


クーラーの電気代節約方法についてのまとめ



今回ご紹介した方法を実践すれば、
かなりの電気代を節約できます。


特に設定温度はとても重要です。


機種にもよりますが、設定温度を
1度あげるだけで10%も電気代を
節約
できるそうです。


たった1度温度を上げるだけなら、
実践できそうですよね。


暑い夏、クーラーなしで生活するのは
まず不可能に近いと思います。


節電を意識するあまりに、熱中症に
なる方も珍しくないのだそうです。


ある程度我慢も大切ですが、
体を壊しては本末転倒です。



クーラーを使わない、というよりも
いかに上手に利用するかが重要ですね。


無理なく、快適に夏を乗り切れるよう
工夫をしてみましょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー