オムツ,安い,メーカー

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

オムツの安いメーカーは?価格を徹底比較

読了までの目安時間:約 7分
chiu-17

オムツの安いメーカーは?毎日使うオムツだから気になります!そこで価格を徹底比較してみました。


新生児からオムツ外れまでの数年間、
毎日使うオムツ。


改めて考えるとものすごい数の
オムツを使っています。


毎日使う物だからこそ、出来れば
安い物を使いたいものですね。


塵も積もれば山となるではないですが、
少しの差でも大きく変わってきます。


でも安いだけではかぶれたり、
モレたりしそうで心配



そんなあなたに機能も価格も嬉しい
優秀オムツメーカーをご紹介します。


安いだけじゃない!機能も充実、優秀オムツメーカー


安いオムツと言えば、やはり
ユニ・チャームが販売している
マミーポコが定番ですね。



Mサイズからの展開ですが、圧倒的に
使用期間の長いパンツタイプでは
一番のシェアを誇ります。


ディズニーを採用したオムツの
デザインも人気ですね。


また比較的どのお店でも
販売しているので手に
入りやすい利点もあります。


気になる価格ですが、
価格.comで調べてみました。

マミーポコ


パンツタイプのMサイズ
58枚入りで914円。



1枚当たり15.7円の計算になります。


メリーズ


メリーズでは1,400円で
1枚当たり24.1円。


ムーニーマン


ムーニーマンでは1,177円で
1枚当たり20.2円です。


比べるとマミーポコはかなり安いですね。


マミーポコは機能も充実しています。


最大12時間分も吸収できる
吸収シートや全面通気シートを採用。



またギャザーの高さも国内で
販売されているオムツでは
一番高くなっています。


動いて汗をかいた時やお休み中も
安心して使えるようになっています。



しかしマミーポコの
サイズ展開はMサイズから。

そこで他のサイズのオムツも見てみましょう。

新生児期やSサイズのオムツ


新生児期やSサイズのオムツで
安いのは大王製紙のグーンでした。


新生児用の114枚入りが
1,419円です。



1枚当たりで比べると12.4円。


次に安かったのがパンパースでした。


90枚入りで1,134円。


1枚当たりが12.6円となります。


大手製紙メーカーである大王製紙で
あれば、グーンの品質は申し分なし。


パンパースもオムツメーカーの
最大手ですので機能も十分でしょう。


紙オムツは、メーカーによって
入っている枚数がバラバラです。


あくまで安さを求めるのなら
1枚当たりの値段で比べましょう。



注目のPBオムツの価格を徹底比較!

omutu002
ここまでは大手メーカーで
比較してきました。


しかし注目なのは、
プライベートブランドのオムツです。


気になる価格や特徴を比べてみましょう。

イオン


まずはプライベートブランドの
パイオニア、イオンから。


サイズ展開はM~ビッグまで。


M、Lサイズのみは
テープタイプもあります。


価格はパンツタイプMサイズ、
44枚696円。



1枚あたりですと15.8円です。


トイザらスのウルトラプラス


次はトイザらスのウルトラプラス


サイズ展開は新生児~ビッグまでです。


テープはLサイズまで、パンツは
Mサイズから用意されています。


気になる価格はパンツタイプの
Mサイズ、52枚入りで949円。


1枚当たり18.3円です。


気になる機能ですが、両方とも、
大王製紙が製造元なんだとか。



使った方からはほぼ同じ!という声が
多数聞こえてきています。


ちなみにイオンのベビーパンツは
少々手触りが固め。


紙っぽさが結構目立ちました。


お肌が弱くてカブレやすい
お子さんにはあまり
向いていないようです。



ウルトラプラスの方もやはり
ムーニーなどと比べると固め。



ただ他のメーカーよりも少々
大きめ設計のようです。


対象の体重の下の方
ギリギリのお子さんには
ワンサイズ下がおすすめです。

スポンサードリンク

また、パンパースからも
お手頃ラインが発売されました。



L、ビッグのパンツタイプだけの
展開ですが、通常よりお安めの設定です。


フィット感と長時間吸収だけに
特化させているので、
日中の使用におすすめ。


普通のに比べると通気性や
肌触りが少々劣るようです。


気になる価格はLサイズ
38枚入りで800~900円程。



オープン価格なので販売店に
よって大きく差があります。


価格.comでの
最安値は848円でした。

1枚当たりだと22.3円です。


就寝中と使い分けるなど上手に
活用すると便利ですね。


安いおむつメーカーについてのまとめ



いかがでしたでしょうか。


少しでも参考になれば嬉しいです。


また安い物を求めるならメーカー
だけでなく、販売店選びも大切。



お店によっては数百円も
価格差が出ることもあります。



買いに行きやすくて比較的安い
お店を見つけるととても便利ですよ。


お店のリサーチは、
ご近所の口コミが一番です



先輩ママさんなどからの
情報を十分に活用しましょう。



オムツを選ぶ時は価格はもちろんですが、
お子さんの肌に合うかも大事。


使ってみて肌に合わないな、と思ったら
迷わず使用を中止してください。



もったいないからとダラダラ
使い続けると、かぶれてしまい、
本当に痛々しいです。



注意してあげてくださいね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー