お風呂,ガス代,節約,方法,家族4人

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

お風呂のガス代!賢く節約する方法を教えて!【家族4人編】

読了までの目安時間:約 8分
fufukoma

お風呂のガス代を節約する方法は?どうすればよいのでしょうか?そこで、家族4人の場合のガス代を節約する方法を紹介します!



ガスは、電気以上に生活には
欠かせないものですね。



料理に使ったり、お湯を沸かしたり、
暖房器具にと用途は様々です。


その中でもガスの使用量の大半を
占めるのがお風呂です。


体を清潔に保つはため、
というのも当然ですが、リラックス方法と
しても欠かせない存在です。


しかし、家族4人ともなれば
ガス代もばかになりません。



請求書を見て、こんなに使ってるの?と
驚くことも多いはず。



生活に欠かせないものだからこそ、
できれば安く抑えたい。


だからと言って、セコセコし
過ぎるのも気が引ける。


子供もいるし、手軽に賢く節約する
方法はないのだろうか。



そんな欲張りな方のために、
家族で楽しくガス代を
節約する方法を調べてみました。



お風呂の一工夫で安く!家族4人のガス代節約法とは?

onsen03
ガス代を節約する最大のポイントは、
使用時間を短縮することです。



シャワーや追い炊き機能などの
時間や回数を減らせば、
それだけ節約につながります。



中でも夏でも冬でも一年を
通して使うシャワーは、
ものすごくガスを使っています



いちばん手軽なのは、
やはり小まめに止めること。



体を温めるのはお風呂の役目として、
シャワーは手早く済ませましょう。


シャワーの時間を1分減らすだけで、
家族4人で1日444円も安くできます。



水道代もあわせて節約
できるので、一石二鳥です。



また、追い炊きをして
お風呂が沸いたら、できるだけ
家族でまとめて入浴しましょう。


家族が間を開けず、お湯が
温かいうちに全員済ませれば、
追い炊きでガスを無駄遣いしません。



中には家族4人、一緒に入ってしまう
という猛者もいらっしゃいます。


更に、お風呂に入る時間帯も
意外に重要です。


冬であっても、湯船のお湯は昼間、
ある程度温められています。



その温められたお湯が冷める前の
夕方にお風呂を沸かせば、
追い炊き時間がかなり短くなります。



お湯を張る時にも使えるので、
昼間の温かい間に水を湯船に
はっておくといいですよ。



日中家にいないときは、前の日の
夜に水を入れておきましょう。


夏であれば夜になっても、そこそこの
温度を保ってくれています。


お湯を張るとき、更に節約したいので
あれば水位温度にも気を付けましょう。


設定温度は38~40度、水位は
腰辺りまでにしておくと
だいぶ安くできます。


38度ぐらいでも、ゆっくり
半身浴すればしっかり体は温まります。



上半身の冷えが心配な時は乾いた
バスタオルを羽織るといいですよ。


小さなお子さんがいるなら、
思わぬ事故を防止するのにも
水位は低めの方が安心ですね。


スポンサードリンク

お風呂から出たら、
フタをするのも忘れずに。


フタをするだけで、お湯が冷めるのを
かなり遅くすることができます。



フタだけでなく、お風呂保温シート
併用するとより効果的。


アルミ製なので非常に
保温性に優れています。



温度計付きのものを使えば、
追い炊きするかしないかの
判断も付きやすいです。


500円から、高くても1,000円程度
なのでぜひ活用してください。


また100円ショップでも
置いてあることもあるようです。


温度計付きではないようですが、
探してみてください。


他にも風呂釜の穴に直接
取り付ける保温グッズもあるようです。



こちらも2,000円程度とお手軽価格。


保温グッズも上手に活用すると、
より効率よく節約できますね。


まだまだ節約!ガス節約方法アレコレ



お風呂でいくら頑張っても、
他のところで無駄遣い
していたら意味がないですね。


他のガス器具の簡単な
節約方法もあわせてご紹介します。

a0002_006937
まずは毎日のお料理に
欠かせないガスコンロ


ガスコンロを使用するなら、
中火で使用するのがベスト。


コンロに乗せたお鍋を見れば
わかりますが、強火だと炎が
結構はみ出しているのです。



このはみ出した炎、
非常にもったいないです


中火であってもお鍋の底
全体をカバーできていますので
強火は避けましょう。


また、お湯を沸かすときは
給湯器のお湯を活用しましょう。


若干ではありますが、
水からわかすよりも0.9円ほどお得。


また、お湯を沸かす時はできるだけ
底の大きな鍋を使いましょう。


炎と触れる面積が大きい分、
早くお湯が沸きます。



2Lのお湯を沸かす時、なべ底16cmと
24cmでは1.3円も違うのです。


給湯器のお湯を、24cmの鍋で
沸かせば1回、2.2円の節約です。



微々たる額ではありますが、
積み重なれば相当な額になります。


毎日のことですので、
少しだけ意識してみましょう。


また、朝顔を洗う時などに
お湯を使うのはNG。



特に寒い冬の朝は
冷え切った水を沸かすので、
意外にガスを使っています。



お湯になるまで水を出しっぱなしに
するので、水道代もかさみます。


ほんのわずかな時間ですので、
目を覚ますためにも水で
頑張ってみましょう。


お風呂のガス代を節約する方法についてのまとめ


光熱費って、本当に
ばかになりませんよね。


気にせず使っていると、請求書を
見るのが怖いくらいになります。


また、都市ガスとプロパンガスでも
金額がかなり違います。



一般的にはプロパンガスの方が
同じだけ使っても高いです。



都市ガスのようにパイプ一本で
繋がっているわけではないので、
仕方のないことかもしれません。


しかしどうしても、料金に納得が
いかないのなら、
プロパンガス会社を変えるのも手。


都市ガスも利用ができるなら、
ぜひ都市ガスへ乗り換えてください。



きちんと探せば、意外に安い
ガス会社さんを見つけられます。


しかし、その場合は詐欺に
注意してください。


安い、と飛びついていざ契約してみたら、
安いは最初の1ヶ月だけだった、
なんて話をよく聞きます。



プロパンガスが主流の地域だと
良くある詐欺みたいなので、
注意してください。


わざわざガス会社を変えなくても、
日々のちょっとした積み重ねで
ガスはかなり節約できます。



一度自分なりに節約をしてみる
ことも非常に大切ですよ。


ですが節約も度を越してしまっては、
家族の負担になります。


気軽に無理のない範囲での
節約を心がけましょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー