お正月,絵本,乳児

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

お正月の絵本!乳児におすすめ厳選3

読了までの目安時間:約 7分
akachantakaitakai

新しい1年の始まりとなるお正月。赤ちゃんにもおめでたいものということをぜひつたえてあげたいですね。そこで乳児である赤ちゃんでも楽しめる、絵本がないか調べてみました。



スポンサードリンク

世界中がなんとなく
楽しい雰囲気に包まれるお正月。


新年を赤ちゃんと迎える人も
多いのではないでしょうか。


そこで今回は乳児である
赤ちゃんでも楽しめる、
お正月にちなんだ絵本をご紹介。


乳児におすすめ!お正月の絵本


akacyantaberu

乳児でも親しみやすい絵本のポイントは
やはりイラスト


大きくて色鮮やかなイラスト
使われている絵本がベストですね。


淡い色使いだったり細かなイラストだと、
目がしっかり発達していない
赤ちゃんには見えないくいのだそう。


月齢の低い赤ちゃんであればあるほど
イラストははっきりと
わかりやすいものがいいでしょう。


では、厳選した絵本を紹介します。


だるまさんシリーズ



作:かがくい ひろとし


まずはファーストブックとして
名高いだるまさんシリーズを。


赤くて丸い、
赤ちゃんが大好きなフォルム


おめでたいことにはつきものの
だるまですので、お正月にも
ぴったりではないでしょうか。


シリーズは全部で3冊。


だるまさん
「が」「の」「と」があります。


だるまさんがに収録されているのは、
定番フレーズの
「だるまさんが~」をもじったもの。


転んだ、以外にもたくさんの
フレーズが飛び出します。


なかには思わぬものもあり、
大人でも楽しめる1冊。


手足の生えたコミカルなだるまが動く様は
赤ちゃんでも大喜びのはず。


2歳、3歳と大きくなっても
大事にしている子も多いよう。


お年玉の代わりにプレゼントした
という人もいるようです。


おめでたいだるまさんの絵本、
1年の最初に読めば、幸せが訪れるかも?


おめでとう



作: 広松 由希子

絵: 茂田井 武

お正月のあいさつといえば
「おめでとう」ですね。


そんなおめでたいあいさつを
まとめた1冊です。


日本だけならず世界各国
さらには動物宇宙にまで
話が発展する驚きの絵本。


色々な人や動物のおめでとうの
あいさつを知ることができます。


最後のページには、
お祝いしたい人の名前を書き込めます


誕生のお祝いもかね、初めての
お正月を迎えた赤ちゃんに贈ってみては?


シンプルなイラストながら、
とても壮大なテーマを描いた絵本ですよ。


おもちのきもち



作: かがくい ひろし


だるまさんシリーズでおなじみ、
かがくいひろしさんの作品。


お正月に欠かせない食べ物といえばおもち


ですがおもちの気持ちって、
考えたことあります?



そんなおもちの気持ちを語ったのが、
この絵本。


おもちが切々と
自分の気持ちを語ってくれます


その語り口はとってもコミカルで、
大人でも思わず笑ってしまうのだとか。


さらにイラストや
展開も非常にダイナミック




スポンサードリンク

仕掛けなど一切ない絵本ながら、
全く子供を飽きさせません。


適正年齢は4歳~となっていますが、
読み聞かせなら赤ちゃんでも大丈夫そう。


読み聞かせの際は、ぜひ真剣に思い切って
読んであげてくださいね。


そしてお正月の絵本もいいですが
お正月にちなんだ童謡もおすすめ。


赤ちゃんは耳が発達しているので
音には敏感に反応するそうです。


代表的なお正月の童謡の
動画もご紹介します。



お正月、ではないですが
こちらも冬の定番ですね。





乳児なら、こんな絵本もおすすめ



baby04
お正月とは関係がないものの、
赤ちゃんともっと絵本を楽しみたい人に


赤ちゃんと一緒に楽しめるような、
そんな絵本をご紹介します。


くっついた



作・絵: 三浦 太郎

ファーストブックとしても人気の高い、
この絵本。


ほっぺとほっぺをくっつけて、
くっついた!


これだけでママも赤ちゃんも、
にっこにこですよね。


そんな、読んでいるだけで
赤ちゃんとほっぺを
くっつけたくなる作品です。


まだ言葉に反応しない頃は、
「くっついた!」で赤ちゃんの
ほっぺにくっついてあげるのがおすすめ



ママが大好きな赤ちゃんは、
これだけで大喜びなはず。


読み聞かせをしつつ、
スキンシップもたっぷりとれる
素敵な絵本です。


こちょばここちょばこ



作:中川 ひろたか

絵:村上 康成


触られるのが大好きな赤ちゃんの
ツボをしっかりと
おさえてくれるのがこの絵本。


絵本の展開にあわせて
頭を撫でたりくすぐったり


内容よりも、一緒になって楽しめること
重きを置いているようです。


ちょっと不機嫌な赤ちゃんも、
この絵本を読んであげれば即ご機嫌。


スキンシップもかねて、
ぜひ赤ちゃんと
たっぷり触れ合ってあげてください。


乳児におすすめの絵本のまとめ



いかがでしたでしょうか。


まだ言葉も話せない赤ちゃんには、
お正月の由来などの絵本は
ちょっと難易度が高め。


せっかくなら伝えたい気持ちもありますが
理解してくれるにはもう少しかかります。


それよりもママ大好き!の
今しかできない読み聞かせを
たくさんしてあげてください。


だるまさんシリーズでは絵本に
合わせて赤ちゃんを動かしてあげたり



おもちのきもちでも思いっきり
抑揚をつけてあげると
、声の変化に
反応してくれるはずです。


ちょっとしたことでこんなに
楽しんでくれるのは、本当に今だけ。


ぜひ今しかない貴重な赤ちゃん時代の
反応を、親御さんも
楽しみながら読んでくださいね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー