簡単,生チョコトリュフ,レシピ,バレンタイン,100人分,手作り

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

簡単!生チョコトリュフのレシピ【バレンタインに100人分】

読了までの目安時間:約 4分
jyosei13

バレンタインに最適、簡単に作れる生チョコトリュフのレシピを紹介します。


バレンタインが近づくと、毎年何を作ろうか迷います。


塾の講師をしていたわたしは、生徒たちにせがまれ、
100人分くらいのチョコを準備していたからです。


その時のテッパンのレシピが、生チョコトリュフです。


大きさも自在に作れるし、何よりとろける食感がたまりません。


生チョコトリュフのレシピ



【材料】
★板チョコ=12枚(1枚55グラムぐらいなので、660グラムぐらい)
★生クリーム=320CC
★ココアパウダー=適量
★粉砂糖=適量


生チョコトリュフの作り方のポイントは



◎ポイント◎
板チョコと生クリームの割合は2:1
→とろける且つ扱いやすい割合です


大きさにもよりますが、それなりの大きさのものが
20個くらいは作れると思います。


わたしは数をたくさん作ったので、
板チョコ1枚で、10個くらい作りました。



生チョコトリュフの作り方



【作り方】


1、生チョコを包丁を使って、細かく刻みます。


(わたしはまな板にくっつくのがイヤだったのと、
ボウルに移しやすいのとで、まな板の上にキッチン
ペーパーを敷いて、その上でトントンしました。)



2、生クリームを鍋に入れ、沸騰寸前まで温める。


絶対に沸騰させないで。


分離してしまいます。


3、鍋に刻んだチョコを入れ、木べラで
かき混ぜて、しっかり溶かします。


4、あら熱が取れたら、スプーンで一口サイズに
して、ラップを敷いたお皿にとり、冷蔵庫で
しばらく(最低二時間)冷やします。


(わたしは、大量生産のため、絞り袋にチョコを入れ、
ラップを敷いたまな板に棒状に絞りだし、冷やしてから
包丁で1つ分ずつにカットしました。)



5、冷えたら丸く形を整え、ココアパウダーや
粉砂糖をまぶします。


手が温かいとチョコを丸めにくいので、氷水で
冷やしてよく水気を拭き取ってからやるといいです。



6、アレンジはお好みで自由に


チョコを溶かすときに、ラム酒やブランデーを
少量加えると大人な風味に。



まぶすものは、抹茶、きな粉で和風に、ココナッツ
パウダーや刻みアーモンド、刻みチョコなどをまぶすと、
食感が加わってまた美味しいです。



ラッピングは



【ラッピング】

なにせ大量生産なので、ラッピングにも
お金をかける訳にはいきません。



そこで利用したのが、カワイイ柄の
クッキングシートです。



トリュフの大きさにもよりますが、わたしの
場合は8センチ四方くらいにシートをカットし、
真ん中に1つトリュフを乗せ、くるくる巻いて
両端をキャンディー状に絞りました。



端を絞る時には左右で絞る向きを逆にすると、
キャンディーみたいにちゃんと両端を引っ張って
中身がコロンと出てきます。


生チョコトリュフを渡した時の反応は



柔らかさがちょうどよかったみたいで、
とろける~!と好反応でした。



一部の生徒はココアパウダーをこぼしていましたが…。


またラッピングもかわいくて、女子に好評でした。


まとめ



準備自体は配り始める前日にしました。


生クリームも使っているので、冷蔵庫で保存、
2、3日中には食べてもらいたいですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー