1歳,うなぎ,食べれる,アレルギー

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

1歳でうなぎは食べれる?小骨は大丈夫? アレルギーは?

読了までの目安時間:約 7分
unagi-unajuu

1歳でうなぎは食べられるのか、不安な親御さんは多いでしょう。うなぎのアレコレ、紹介します。



スポンサードリンク

土用の丑の日といえばうなぎ。


夏バテにはうなぎ。


価格が高騰し、
高級な食べ物となりましたが。


それでも夏場はうなぎを
口にする機会が増えるでしょう。


甘辛味のタレは、
お子さんも好きな味ですね。


ですが離乳を終えたばかりの
1歳児にはどうなんでしょうか?

1歳でうなぎは食べれる?小骨は?


kodomo-tyousyoku01
うなぎは1歳からOKなのか。


その前に、家庭で使う機会の多い
市販のうなぎのかば焼き。


おいしく温め直す方法を
紹介します。


方法を変えると身が固くならず
お子さんも
おいしく頂けるはずです。




これは育児書などでも意見が
わかれている
ため、
親御さんの判断次第でもあります。


ある本では離乳の完了する1歳からOK


別の本では1歳児にはNGで2歳から

また別の本では白焼きのような
味が濃くなければOK
、というパターンも。


ただ世間一般では離乳が完了すれば、
食べさせてもダメというわけではない


これが風潮のようです。


実際うなぎ自体は身も柔らかく、
栄養も豊富。


幼児にマイナスなことは
あまりありません。


なので家族みんなが食べていて、
本人も喜んで食べているなら
与えても構わないでしょう。


ただうなぎは精のつく食べもの
としても知られています。


お子さんによっては
夕食にうなぎを食べ、
寝つきが悪くなることもあるそうです。


なのでまずは試しに
食べさせてみてください。


そしてほかに寝つきの悪くなる要因が
ないのに寝付かない。


その場合はうなぎが原因の
可能性があります。


まだ早かった、ということで
与えるのは控えましょう。


眠いのに眠れない、というのは
大人でもつらいものですから。


小骨はどうする?



そして気になる小骨。


理想としては、小骨は
すべて取り除いてあげるのがベスト


ただ正直難しい部分もあるので、
極力とりのぞく。


そして喉に引っかかりにくいよう
できるだけ細かめに
刻んであげるといいでしょう



とくに1歳前半のお子さんは、
歯もまだ生えそろっていませんね。


もしかしたら前歯しか生えていない、と
いう子もいるでしょう。


そのためできるだけ小骨は
取ってあげるようにしてください。


どうしても難しいなら小骨のない
尻尾付近を与えましょう



ちなみに少々割高ですが、
あらかじめ小骨を
抜いてあるうなぎもあります。



スポンサードリンク

扱っている店が少ないのが難点ですが。


小骨がどうしても心配ならば、
こういったものを活用してみましょう。


うなぎにアレルギーはある?


kodomo-mask
そして気になるアレルギー。


うなぎアレルギーを引き起こす可能性は、
かなり低いといわれています



存在しないわけではありませんが、
かなり珍しい部類に入るのだとか。


しかしどんな症状かなど、
わかっていないことが多いです。


素人では判断がつきにくいので
気になる症状が出たら
受診をおすすめします


とくに1歳児など幼児の場合、
うなぎの刺激によるものなのか
アレルギーなのか判断が
なかなかつきません。


先ほども簡単に触れましたが、
うなぎは滋養強壮としても
使われる栄養豊富な食材。


そのためまだ成長過程の幼児には
刺激が強すぎることがあります。


食べる量にもよりますが発熱や吐き気、
下痢などを起こすケースも



例えば小さいころ、チョコレートを
食べ過ぎると鼻血がでる、という話を
聞かされた経験はないでしょうか。


あの話もうなぎと同じ理由なんです。


チョコレートは登山などの
非常食としても使われる
エネルギー量がありますからね。


実際私も小さいころ、
アーモンドチョコを
食べ過ぎて鼻血を出しました。


おそらく興奮してしまったんでしょうね。


ただこうした症状が出るのは
食べた量や体調も関係してきます


こういう症状が出ることもあるよ、
ぐらいなのでそこまで心配ありません。


実際うなぎだと寝つきが悪くなった、と
いう症状が圧倒的。


それも量を加減したら
寝るようになったというケースも多いです。


なので本人が欲しがるなら一口だけ、
などうまく調整して
与えてあげてください。


1歳児にうなぎについてのまとめ



いかがでしたでしょうか。


うなぎと1歳児。


本当にこれは親御さんの方針次第です。


あまり深く気にしない人は小骨だけ
気をつけてあげて割と早いうちから
食べさせています。


逆に気にする人は2歳を過ぎるまで
何が何でもNG、という場合も。


どちらにするか、どのぐらい与えるか。


それはお子さん本人の様子を日頃から
知っている親御さんにしか判断できません。


幸いうなぎはアレルギーが
起こることは珍しい食事です。


試しに与えたとしても
小骨さえ気をつければ
危険はあまりありません。


さらにかば焼きのあのタレ、
子どもがすごく好きな味なんです。


なので最初は少量から。


平気そうなら徐々に
量を増やしていくようにすればOK。


量を増やす途中でトラブルが起きたら、
それ以上与えなければいいのです。


幼児に新しい食材を与えるときは
何かと心配ですが。


せっかくのおいしいものですから、
おいしく楽しく与えましょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー