離乳食,トマト,初期,加熱,アレルギー

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

離乳食!トマトの初期は加熱は必要?種や 皮は?アレルギーは?

読了までの目安時間:約 10分
tomato002

栄養も豊富で甘みの強いトマトは、食べやすい野菜ですね。ですが離乳食に使うなら、どうしたらいいのでしょうか。


初期の離乳食。


使える食材が少なく、
赤ちゃんを飽きさせないよう
工夫するのは大変ですね。


さらにママの気持ちとしては旬のものを
食べさせてあげたいもの。


例えば夏野菜の代表であるトマト。


好き嫌いはわかれますが、
最近のトマトは甘みが強くて
とても食べやすいです。


昔は青臭くてすっぱくて、と
いった感じでしたが。


最近は本当にフルーツ感覚で
食べられるトマトが増えました。


そこで今回は初期の
離乳食とトマトのお話です。


初期の離乳食、加熱は必要?種や皮は?


rinyuusyoku05
まず初期からトマトを
食べさせてもOKなのかどうか。


答えはイエス!
ぜひ食べさせてあげてください


トマトにはビタミンCやリコピンなど、
ビタミンやミネラルが豊富


さらに整腸作用もあり、水分も豊富です。


暑くて体力の衰えやすい夏場の
赤ちゃんには
ぜひ食べさせたい野菜です。


ただ離乳食が始まったばかりの
赤ちゃんは、酸味に敏感


この頃は酸味=腐っているものと
感じるので極端に嫌がります。


そのため使うのはミニトマトや中玉など、
甘みの強いものにしましょう


では調理の際のポイントを紹介します。


皮と種の処理方法



まず皮はかたく、
飲み込みにくいので
むいてから与えます。


むく方法は湯むきがいちばん簡単ですね。


先端部分に十字の切込みを入れ、
沸騰したお湯に。


先端部分の皮がめくれてきたら
冷水に浸せば簡単にむけます。


ちなみにお湯を沸かすのが面倒という
ズボラさんには直火むきも便利


ガスコンロ専用の方法ですが、
ステンレスフォークなどの
燃えない材質のものをヘタ付近に刺します。


そしてそのままガスコンロで
皮が真っ黒になるまであぶります。


あぶっていると皮が
めくれてくるのが見えるので、
全体にまんべんなく行ってください


あまり長時間やっているとフォークが
熱くなってくるので火傷に注意。


全体的にあぶったら、
流水にさらすと
何もせずに皮がめくれます。


まんべんなくあぶるのにコツがいりますが
慣れるとすごく便利。


とくに離乳食だと使うトマトは
1個ですので、おすすめです。


そして種はスプーンで取り除いてください。


これも赤ちゃんが飲み込みにくいうえ、
舌触りが悪くなるため。


ミルクのみで生きてきた
赤ちゃんにはまだ刺激が強いのです。


ちなみにミニトマトを使う場合、
生のまま1度冷凍すると
処理がラクになります。


水にさらすだけで皮がむけますし、
面倒な種とりも楽チン。


電子レンジでチンして
つぶせばそのまま与えることができます。


ミニトマトは小さくて大変なので、
離乳食分として買った分は
とりあえず冷凍してみてください。


加熱の方法



トマト自体は初期の初期から
使える野菜です。


比較的早い段階から生のままでも
食べられますが、
初期のうちはぜひ加熱を


とくにトマトは
加熱した方が甘みが出ます。


安全性だけでなく、
食べやすさを考えると
加熱がおすすめです。


加熱する方法は電子レンジでOK。


茹でるのもNGではありませんが、
面倒です。


とくにトマトの場合は水に溶けやすい
栄養素がたくさん入っています。


水を極力使わないで与えた方が、
栄養が取り入れやすいそうです。


殺菌のためでもあるため、
熱々にすることを忘れずに。


与えるときはすり鉢ですりつぶす。



スポンサードリンク

フードプロセッサーやミキサーで
ペースト状にして与えてくださいね。


初めて与えるなら面倒ですが
裏ごしすると
食べてもらえやすくなるそうです。


初期のトマトの調理法は
この動画で一通りわかります。


動画の過程がすんだら、
加熱したり調理して
与えてください。




トマトにアレルギーはある?


jyosei-kangaeru
離乳食を初めて始める
ママにありがちな悩み。


それがアレルギーが心配で、
何を食べさせていいのかわからない



確かにアレルギー、怖いですね。


なかには給食にアレルゲンが
入っていて、なんて事故もありました。


自分の子がもしかして、と
思うと食べさせるのに
躊躇する気持ちもうなずけます。


ですがトマトの場合、
食物アレルギーの原因物質としては
あまりあげられない食材です。


もちろんアレルギーを起こす確率がゼロ、
というわけではありませんが。


アレルギーを起こす可能性は
低いと考えるのが無難でしょう。


でもトマトは要注意!



ただ食物アレルギーではないものの、
赤ちゃんに気になる症状が
出るケースがあります



食物アレルギーとは、
食べたものを体が外敵とみなし、
過剰反応することによって起きるもの。


しかし食材自体にアレルギー物質が
含まれていて、アレルギー症状を
起こすことがあります。


それが仮性アレルギーと呼ばれる症状です。


トマトにはもともとヒスタミンという
化学物質が存在しています。


アレルギーに敏感な人ならば
ピンときたでしょう。


ヒスタミンは花粉症などの
アレルギーを引き起こす物質そのもの。


花粉症などの治療薬には
抗ヒスタミン剤が処方されるので
ヒスタミン自体を知っている人も
多いのではないでしょうか。


それをトマトごと直接体内に取り込むので
アレルギーのような症状が起きるんだとか。


症状は食物アレルギーに
よるものと似ていて、
じんましんや口や喉のはれやかゆみ


下痢や吐き気をともなう場合もあります。


ただ食物アレルギーと比べ、
重篤な症状を引き起こすことは本当に稀


症状が出てもじんましんや
口やのどのはれぐらいなことが多いです。


しかも体調や収穫された時期で
出たり出なかったりということもあります。


さらにいうなれば、
トマトなら加熱すれば原因となる
化学物質は破壊されるそうです。


なので仮性アレルギーと
呼ばれる症状は知りつつも、
過剰に心配する必要はありません


心配ならば念入りに加熱すればOKです。


アレルギーについては、
情報を集めようとすればするほど
あふれてきます。


初めてのお子さんだと
心配になる気持ちもあるでしょう。


ですが気にし過ぎてしまうと、
何も食べさせられなくなってしまいます。


情報として頭に入れつつも、
心配し過ぎないことが大切です。


初期の離乳食のトマトについてのまとめ



今回はトマトのお話でした。


そしてちょっとだけアレルギーのお話も。


アレルギーの情報は、
今はネットで検索すると
驚くほど出てきますね。


実際にアレルギーを持つお子さんを
育てるお母さんのブログ。


子どものアレルギーを専門に扱う
小児科医のサイト。


なかにはアレルギーを発症させないため、
母乳のときからの
食事管理方法までありました。


ザ・ズボラな私としては
めまいがするほどです。


なのでトマトについてはシンプルに。


皮と種は消化にも悪いので
初期は取り除き加熱して与えましょう


初期はコレさえおさえておけば、
とりあえずOKです。


ちなみにアレルギーが心配なら、
平日の午前中に食べさせてください。


万が一アレルギーが出た場合、
すぐに病院に駆け込めるようにです。


そしてヒスタミンに由来する
仮性アレルギーは、
生で与え始める中期以降から
注意してみましょう



ただその日の体調で症状が
出ることもあるので、
心配し過ぎは禁物です。


気になるようならかかりつけ医に
相談してみてくださいね。


離乳食はママにとって不安と
試行錯誤の日々です。


これから中期、後期、完了期と
道のりはまだまだ。


あまり気を張り過ぎず、
リラックスして頑張っていきましょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー