離乳食,豆腐,いつから,アレルギー

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

離乳食の豆腐はいつから?保存方法は?こ れってアレルギー?

読了までの目安時間:約 6分
touhu-01

離乳食ではとても優秀な食材、豆腐。でも少量しか使わないので、保存に困りますね。アレルギーも気になるところです。



スポンサードリンク

豆腐は良質なたんぱく質。


さらにやわらかさと
なめらかな舌触りで
離乳食向けな食材です。


離乳食用の本を見てみても、
比較的早い段階から
登場しているでしょう。


では月齢別でみると、
豆腐はいつからOKなのか。


そしてママがもっとも気になる保存方法。


豆腐はアタると症状が重くなりがち。


正しい保存方法も知っておきましょう。


さらにアレルギーについても紹介します。


離乳食に豆腐はいつから?保存方法は?


rinyusyoku001
良質な植物性たんぱく質が豊富な豆腐。


離乳食には初期からOKです。


初期に使う場合は滑らかな絹ごし豆腐で。


木綿豆腐はモグモグ期、と
呼ばれる中期以降からがおすすめです。


どうしても舌触りが悪く
飲み込みにくいので、
初期は嫌がることが多いんだとか。


裏ごしすれば食べられないことも
ないですが、絹ごしを使う方が
手間がありませんよ。


ただ似たような食材でも油揚げや厚揚げ。


がんもどきといった
油を使っているものはNG


油を使っている場合は完了期を
過ぎてからにしましょう。


さらに高野豆腐は舌触りが悪く
飲み込みにくい
ので
中期以降からがベストです。


そして与えるなら必ず加熱を。


ただ加熱し過ぎると固くなることも
あるため、中心が温まる程度でOK。


ゆでるのが面倒ならレンジで
加熱しても構いません。


初期からの下ごしらえは
このような感じ。



レンジの加熱時間の目安も
ぜひ参考にしてください。


700Wで20秒なら、
600Wなら25秒、
500Wなら30秒程度です。


さらにつぶすのも、
このぐらいざっくりでOKです。


裏ごし器、豆腐ではいらなそうですね。




豆腐の保存方法



豆腐デビューが無事すめば、
ほぼ毎食登場するであろう食材です。


なのでまとめて作って
冷凍しておきたいママも多いでしょう。


しかし豆腐は冷凍には不向き


水分が多く含まれている食材なので、
冷凍し再度回答すると
高野豆腐のようになってしまいます。


実際高野豆腐は
そんな感じで作られているんです。


豆腐の大事ななめらかさが
失われてしまうので
冷凍はおすすめできません


ていねいに裏ごしして冷凍しても、
結局そぼろ状になってしまうみたいです。


なので余った分を保存するなら冷蔵保存


加熱したものを冷まし、
タッパーに移し替えます。


水をひたひたに入れ、冷蔵庫へ。


チルド室ではなく、
普通の冷蔵室でOKです。


一度開封した豆腐は、
翌日には食べきるようにしてください。


豆腐は白い悪魔、とも呼ばれる食材です。


肉や魚のように血の気がないので、
傷んでいることに気付きにくい。



スポンサードリンク

さらにアタると症状が
重くなりやすいといったことが由縁。


そのため扱いには細心の注意を。


冷凍には不向きなので開封したら
使い切ってしまうのが理想です。


最近は少量の小分けパックが売っています。


それを使えば1日で使い切れてしまうので
活用するといいでしょう。


とくに湿気の多い梅雨時期は
食中毒が急増する時期。


気をつけてあげてください。


豆腐にアレルギーは?


life_77_rika
豆腐の原材料は大豆。


そして大豆は食物アレルギーの
代表的なアレルゲンのひとつ



豆腐でアレルギーを
起こすことはもちろんあります。


症状としては
痛みやかゆみを伴うじんましん


全身にまんべんなく出ますが、
とくに首周りに多く出るのが特徴です。


さらに下痢やおう吐を
ともなう場合もあります。


もし豆腐を食べさせ、こういった症状が
出た場合は早めに受診をしましょう。


豆腐アレルギーというよりも、
大豆アレルギーの
可能性が考えられます



また同じ大豆製品でも豆腐はOK。


でも豆乳だとアレルギーが出る、と
いったケースもあります。


豆腐を食べさせて何もなくても、
豆乳を飲ませるときは
気をつけてあげてください。


ちなみに食物アレルギーでいちばん多い
卵アレルギーの次に多い
のが
豆腐アレルギーといわれています。


決して珍しいアレルギーではありません


初期から食べさせられる、
貴重なたんぱく質ですが
与えるときは体調に
注意を払ってあげてくださいね。


離乳食の豆腐についてのまとめ



豆腐は離乳食中に
大活躍してくれる食材です。


野菜と白和えにしたり、
スープやあんかけの具。


ご飯とも野菜とも相性ばっちり。


さらにヨーグルト代わりに
果物とあわせることもあるそうです。


初期から使えますので、
上手に活用していきましょう。


ただ与えるときはしっかり加熱を


保存は冷蔵で翌日までに使い切ること


これさえおさえておけばOKです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー