簡単,とろける,生チョコレシピ,高校生,友チョコ

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

簡単とろける生チョコレシピ【高校生の友チョコ編】

読了までの目安時間:約 4分
okashi01

高校生が友チョコに作る簡単でとろける生チョコレシピを紹介します。



スポンサードリンク

簡単とろける生チョコレシピ



材料は
板チョコレート2枚(どの会社でも良い)、
はちみつ10g 、
生クリーム200cc、
耐熱容器(お皿やタッパなどで良い)、
バッド(たっぱでも良い)、
純ココア、
茶こしを用意します。


生チョコの作り方



机はきれいに片付けておくと作りやすいです。


作り方はまず始めにはちみつや生クリームの
分量を用意しておきます。



板チョコレートを溶けやすくするために
細かく手で砕きます。


ですが、細かく砕けば砕くほどチョコレートに
熱が伝わってなめらかな生チョコになるので
わたしは包丁ですごく細かく刻みました。



耐熱容器に砕いたチョコレート、生クリーム、
はちみつを入れて電子レンジで600Wくらいで
チョコレートなどが溶けるまでチンします。



溶けたら取りだし素早く混ぜて型に流します。


冷めたら冷蔵庫に最低4時間は入れて取りだし
たら一口サイズに包丁で切ります。



一晩入れるとしっかり固まっているので
切りやすいです。


冬場は冷蔵庫もすごく冷えているので
生チョコが出したときカチカチになってる
ことがあります。


でも、少し外に出しておくとすぐ切れます。


それか包丁を少しお湯で温めるといいです。


仕上げに茶こしで純ココアをまんべんなく
ふりかけると見た目もきれいに出来上がります。


ものすごく簡単で誰にでも出来ますが、
チョコレートを溶かすときは全て溶けているか
必ず確認することを忘れないでください。



この生チョコはわたしが高校生の頃に
よく作った生チョコレシピです。


友達にあげるために作りました。


友チョコのラッピングは



ラッピングは100均で買ったプラスチックの
かわいい袋に入れておしゃれなリボンをつけました。



純ココアをふっているので、袋にもチョコは
付きにくいです。


バレンタインの日の休み時間になると、
みんなチョコを交換しあったりクラス中は
バレンタイン気分です。



女の子たちのテンションはつねに上がっていて、
男の子たちもつられて俺にもちょーだいと
よく叫んでいました。


バレンタインの日はみんなが笑顔で楽しい1日です。


もらったチョコレートたちはそれぞれ休み
時間に食べたり、みんなでお昼ごはんのときに
最後デザートとして食べたり楽しかったのを
覚えています。



わたしの生チョコを食べた友達は


すごくおいしい!


明日も持ってきてー!


と言ってくれました。


準備はバレンタインの一週間前から試作し、
味見して家族にもおいしいか試食してもらいました。


ラッピングの袋も一週間前に買いに行きました。


まとめ



高校を卒業して以来、仕事や子育てが忙しくて
作ってなかったので今年は旦那と子どものために
ひさしぶりに作ろうかなと思ってます。



二人の喜ぶ顔が想像でき、今から楽しみです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー