干し柿,白い粉,カビ

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

干し柿の白い粉は何?カビとの見分け方は?おすすめ保存方法は?

読了までの目安時間:約 7分
hosigaki-turusi01

昔ながらのおやつとして人気の干し柿。保存食だから日持ちするはずなのに、買ったら白い粉がビッシリ。まさかカビ?見分け方は?保存方法は?


昔ながらの知恵と伝統が
つまった甘味といえば干し柿。


濃厚な甘みとねっとりとした
食感が人気ですね



好き嫌いはわかれますが、
好きな人にはたまらないはず。


甘柿のつもりで庭に植えたはずが、
いざ収穫したら渋柿だった…


せっかくなった柿だから、と
手作りする人もいるみたいです。


そこで気になるのが
干し柿に出てくる白い粉


おいしい証拠とよく言われていますが、
これはなんなのでしょうか。


干し柿の白い粉はできのいい証拠!

hosigaki-turusi

干し柿についている白い粉は、
柿の糖分の結晶です。


干し柿を作るのは
寒くて湿度の低い季節ですね。


そのため、天日干していく過程で
柿内部の糖分が溶けきれずに
表面に浮き出てきます



それが白い粉の正体で、
食べても全く問題ありません


むしろ、甘くておいしい干し柿
である証拠でもあります。


市販品を購入するとき、
目印にすると外れがありません。


手作りでうまく粉を
ふかせるコツは温度と期間


温度は10度以下、期間は1ヶ月以上
天日干しさせると成功しやすいですよ。


ちなみに家庭でも簡単な
干し方は洗濯物干しを利用すること。


動画がありましたので、
ぜひ参考にしてみてください。


また、この白い粉、かつては貴重な
ものとして扱われていたそうです。


砂糖が高価な時代では、白い粉を
削ぎ落し、代用していたんだとか。


中国では柿霜(しそう)として、
生薬としても使われいます。


喉をうるおす作用があり、
熱を下げたり、タンを切る薬
として
使用されているそうです。


さらにヘタの部分も柿蒂(してい)
いって、しゃっくりを止める
生薬として使われるんだとか。


柿はこんな隠れた作用も
持っていたんですね。


干し柿にカビ?見分け方とカビ対策

jyosei-bikkuri

干し柿は白い粉がふくとおいしく
なりますが、意外にもカビが
生えやすい食べ物
でもあります。


カビの大好きな糖分が多いため、
保存方法を間違えると
あっという間にカビだらけに。


ですが、白い粉がふいている
干し柿は一見すると、カビかどうか
見分けがつきにくいですね。



スポンサードリンク

見分けるポイントは、
白い部分の色とニオイ


カビはよくみれば、白一色ではなく、
グレーや緑がまざっています


青みがかっている場合もあるので、
よく見れば一目瞭然ですね。


白一色のカビであっても、
しっかり見ればワタの
ようなものがついています



白い粉の場合は砂糖を
まぶしたようなので、
分かりやすいと思います。


それでも見分けられない場合は
ニオイをかいでみましょう


カビがはえているなら、
特有のニオイがします。


ちょっと嗅いでみて、
カビ臭かったらやめておきましょうね。


しかし、万が一カビがはえてしまっても、
食べられないことはありません。


沸騰したお湯に干し柿を入れ、
沸騰してから1分間加熱



それを天日干しすると、
綺麗にカビを取り除くことができます


おぼえておくと、便利な方法ですね。


また、手作りする際は
天日干しの前に焼酎を吹きかける
カビが生えにくくなります。


湿気の多い地域で手作りするときは、
参考にしてみてください。


干し柿のおすすめの保存方法

hosigaki-turusi02
では、カビをはやさない
ためにはどのように
保存すればいいのでしょうか。


そのままでも干し柿は保存食なので、
1ヶ月程度はもつと言われています


密閉できる保存袋に入れ、
冷蔵庫で保存しましょう


一緒に乾燥材をいれると
なおいいと思います。


常温でもビニール袋にいれれば保存
可能
ですが、湿度が高いとカビが
生えやすいので注意してください。


カビが心配ならば、
冷蔵庫がいちばんですね。


しかし、1ヶ月で食べきれない程
ある場合は、冷凍保存がおすすめ


ビニール袋にいれて冷凍しても、
半年程度は大丈夫ですが、
固くなってしまうデメリットも。


できれば1つずつラップにくるんで、
密閉できる袋へ入れ、空気を
抜いて冷凍するのがベスト。


解凍後も固くならず、
やわらかいままおいしく
頂くことができます



そのままの状態で保存しておくと、
表面が固くなり、おいしさも
どんどん逃げて行ってしまいます



せっかくの干し柿ですから、
最後まで美味しく頂けるような
保存を心がけましょう。


干し柿についてのまとめ



渋柿が手元にあれば、
割と簡単に手作りできる干し柿。


今でも寒い地方では冬は軒先に
たくさんの柿がつるされて
いるのをよく目にします。


生ではとても渋くて食べられない渋柿、
結構もてあましている家庭も
多いのではないでしょうか?


たしかに少々手間ではありますが、
せっかくおいしく生まれ変われるのです


そのまま放置しておくと道に落ちて
つぶれたりして、なかなか見た目も悪く、
衛生的にもあまりよくありません。


この機会に、ぜひ手作りにも
挑戦してみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー