七草粥,いつ

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

七草粥はいつ食べる?

読了までの目安時間:約 5分
yukiyama02

冬になると食べる七草がゆですが、正確にはいつ食べるのでしょうか?



スポンサードリンク

七草がゆの起源は平安時代までさかのぼるそうです。


七草がゆを食べて、1年間の無病息災を願います。


また祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも
言われているそうです。



胃を休めるとは、理にかなった風習なんですね・・。


では、七草がゆはいつ食べるのでしょうか?


七草がゆはいつ食べる



1月7日の朝食


に食べるのが一般的なようです。


私自身は、夕食に食べていましたが、
朝食なんですね・・。


朝食は忙しくて、いつものパンとか、
1月頃ならおもちとかが多いのです。


朝からお粥が思い付きませんでした・・。


というか、昔、実家ではあまり七草がゆを
食べる習慣が無かったように思います。


調べてみると、七草がゆと言っても
地域によって違いがあるようです。



たとえば、東北地方はまだ、1月7日ごろは
雪が積もっていて七草は取れません。



だから、七草を使わないお粥を炊くそうです・・。


なるほどですよね・・。


実家の両親も東北とか北海道とか出身が
北国なので、余り習慣がなくても納得です・・。


でも、今はスーパーで七草がゆのセットが
売っているのでどこの地方でも食べられると
思いますが・・。



でも、実際に食べるのであれば美味しい
七草がゆを食べたいですよね・・。


次にご飯から作れる簡単な七草がゆの
作り方を紹介します。



腹持ち抜群の餅入り七草粥の作り方です。


餅入り七草粥の材料



・材料(四人分)
ご飯…260g
水…600~800cc
切り餅…2~3枚
塩…小さじ1/2
昆布だしの元…小さじ1/2
七草、または七草セット



七草がゆの作り方



1、土鍋に水とご飯を入れます。ご飯をほぐし、
 短冊切りにした大根も入れ、火にかけます。



2、沸騰したら弱火にし、底が焦げ付かないよう
 時々かきまぜながら約5分炊きます。


3、ご飯がお粥状になったら、2cm角くらいに
 細かく切ったお餅をいれます。


 蓋をし約2分炊いたら火を止めて、
 余熱でお餅を柔らかくします。


4、お持ちが柔らかくなったら、
 再び火をつけ塩で味を整えます。


5、刻んだ蕪の葉やセリを加えて、さっと混ぜます。
 葉物野菜に軽く火が通れば出来上がりです。



6、余ったお餅を焼いて、焼き餅をトッピング
 するのも美味しいです。



七草がゆの作り方のポイント



土鍋を使用することで、余熱の力を
存分に発揮させることができます。


また、味を調えてから葉物野菜を
入れますから、色よく仕上がります。


お正月に余ってしまいがちなお持ちの
消費にも役立ちます。



家族の反応



主人が元々お粥を好きではないので、七草粥くらい
しか皆でお粥を食べる機会がありません。



なので主人が好きなお餅を入れてみたところ、
嫌がってた七草粥も食べてくれるようになりました。



高齢の曾祖母には、危なくて食べさせられなくなって
いたお餅ですが、七草粥の柔らかいお餅であれば喉に
詰めることもありません。



曾祖母に食べさせたところ、とても喜んでいました。


子供たちは元々お餅もお粥も大好きなので、
競うように食べてくれます。



我が家は昔からの農家で、自家用のお米はもちろん、
自家用のお餅も手作りしています。


七草粥で消費する前は、どうしてもせっかく
作ったお餅をダメにしてしまうことも多かったのです。


しかし、お粥に入れ、さらにトッピングにも
使うことによって、そのまま食べるのとはまた
違った食感でお餅を消費できるようになりました。


また皆で食べれることから、家族全員で食卓につく
機会も増えました。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー