七夕,離乳食,中期,ちらし寿司,ヨーグルト

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

七夕の離乳食(中期)は「ちらし寿司風ヨーグルト」

読了までの目安時間:約 5分
akachangoha

七夕の離乳食(中期)にちらし寿司風のヨーグルトのデザートを作ったという30代2児の主婦の体験談を紹介します!



七夕の離乳食(中期)はどうしてる?


私は現在、一歳半と五歳の
母をしております。



下の子は歯が生え始めるのも早く、
食べることにものすごく興味を
持っていました。



そのため離乳食中期の頃には
周りの赤ちゃんよりも離乳食が
進んでいました。



そのことをふまえて
この記事を書きます。



七夕と言えば、我が家では素麺に
ちらし寿司というイメージ
があります。


そこで、それにちなんだ
離乳食を作りました。


と、言いましても離乳食の中期なんて
食べられるものは増えてきつつも・・。


まだ固形の物は飲み込むのは
難しいですよね。



なので、白いものは絹ごし豆腐や
水切りをしたヨーグルト
を使いました。


黄色は南瓜やみかんの絞り汁を寒天
柔らかく固めたものにしたりなど
工夫しました。


素麺やちらし寿司に普段使わない
ような食材を使って離乳食を作りました。


リンゴをすりおろして、すこし汁気を
きって、それを織姫と彦星の顔に
使ってみましたが・・・・・・。


それも意外と使えたのでオススメです。


ここでは「ヨーグルトのちらし寿司風の
離乳食
」の実際の作り方について
紹介します。


ヨーグルトのちらし寿司風の離乳食


ちらし寿司風の離乳食に使う食材は、
ヨーグルト、キウイ、みかん、人参です。


寿司飯の代わりにヨーグルトを
代用しました。


ヨーグルトを使う前日から水切り
しておいて、それを使いました。


そして、胡瓜の代わりにキウイを代用。


錦糸玉子の代わりにみかんを代用。


こちらのキウイとみかんに関しては
種と皮を全て取り除きます。


そして、果肉をジューサーにかけて
寒天で薄めに固めます。


かたさてきには絹ごし豆腐くらいにします。


人参はみじん切りにしてから、
甘めに炊いて柔らかくなるまで炊きます。


色のついたお皿に水切りヨーグルトを
ひいて、その真ん中に円を描くように
少しずつ人参を置きます。



そして、その内側にキウイの寒天寄せと、
みかんの寒天寄せを並べます。


人参が寒天をすべりにくくして
くれるので、綺麗に盛り付け
られると思います。



七夕らしい綺麗な彩りのちらし
寿司風の離乳食デザートです。



七夕の離乳食の子供の反応は?



うちの娘はまだ七夕ということも
理解できない赤ちゃんでしたが、


いつもと違う料理の見た目に
いつもとは違う反応してくれました。



お皿をじーーっと見ていて
くれている感じでした。


食べ始めてみると、食いつきもグット。


元々、ヨーグルトが大好きで
よく食べるというのもあったのか、
完食してました。


離乳食だからといっても工夫すれば
赤ちゃんも一緒に七夕パーティを
することができるのです。


五歳の子どもも家族みんなで
楽しめたことをすごく喜んでいまし
た。


親が何もわからないと思っている
赤ちゃんでも、意外と多くの事を
分かっています。



いつも見慣れているお皿にあるご飯と、
見たことのないお皿に彩りのいい
ご飯があるのとでは違いが分かるんですね。


そしてニコニコして、口の中に
物が入っているときは食べながら
手足をバタバタして


とっても喜んでくれていたように
見えました。



口の中に物がなくなったときは
もっと欲しい」というような
素振りをみせていましたよ。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー