七夕,料理,愛媛県,松山市,郷土料理,五色そうめん

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

七夕の料理は愛媛県松山市の郷土料理「五色そうめん」

読了までの目安時間:約 5分
a0002_jyosei

七夕の料理は愛媛県松山市の郷土料理「五色そうめん」を作ったという方の体験談を紹介します。





七夕にそうめんを食べる理由は?恋愛運が上がるの?


あまり馴染みが薄いかもしれませんが、
日本では七夕にそうめんを食べると
よいと言われています。


古くは延喜式という平安時代中期に
作られた書物に


7月7日にそうめんを食べると
大病にかからない
」という
記述があります。


元は千年前に宮中で楽しまれていた
行事だったのです。

昔の人も七夕にそうめんを食べていた
なんて考えるだけでもワクワクしますね。


確かに暑さがどんどん厳しくなる
七夕の季節、さっぱりとしたそうめんは
七夕だけでなく夏バテ予防にもピッタリですよね。


また、七夕は乞巧奠と言われました。


織姫星にあやかり、裁縫の上達を
お祈りする行事だったのです。



細く白い糸のようなそうめんを
お供えすることで、着物作りの
上達を祈ったとも言われています。


一部の地域ではそうめんを七夕に
食べると恋愛運が上がる!



とも言われているそうです。


一年に一度カササギの橋を渡る
織姫星と彦星に掛けたのでしょうか。


ロマンチックですね。


七夕に愛媛県松山市に「五色そうめん」



愛媛県松山市に「五色そうめん」
という郷土料理があります。


読んで字のごとく、
赤・白・黒(茶)・黄・緑の
五色のそうめんです。


中国の乞巧奠では五行説に則り、
五色の糸をお供えしたそうです。


七夕にピッタリですね。


この五色そうめんを使った、天の川
みたいにキラキラなそうめんの
レシピをご紹介します!


天の川キラキラ五色そうめんの材料



◯材料

・五色そうめん

・オクラ(小口切り)

・ミニトマト(4等分に切っておく)

・キュウリ(千切り)

・ハム(千切り)

*その他お好みで!


・麺つゆ(ストレート)

・柚子胡椒

・炒りごま

・ゼラチン
柚子胡椒は入れすぎると辛く
なってしまいます。


だから、小さなお子様が居る
場合はお母さんが味見を
しながら調整してください。


また、柚子の皮をすりおろしたり、
スダチの果汁を利用すると
辛くならず・・・・。


爽やかな香りが広がるのでオススメです。


天の川キラキラ五色そうめんの作り方



①麺つゆを弱火にかけ、
柚子胡椒をしっかり溶かす。


※沸騰しないように気をつける


②水でふやかしたゼラチンを
 ①に入れ、溶かす。


③ゼラチンがしっかり溶けたら、
炒りごまを入れる。


※スダチの果汁を利用する場合は
 この時入れてください

④平いバットに注ぎ、そ熱が
 取れたら冷蔵庫に入れて冷やし固める。


⑤五色そうめんを少し固めに湯がく。


⑥器にそうめんを盛り、
 オクラ等を盛り付ける。


⑦④で作ったジュレをスプーンで
 砕き、⑥の器に盛り付ける。

キラキラひかるジュレがひんやりと
美味しいレシピです。


夏野菜のオクラは小口切りにすると
まるで星の様な形なので、
七夕料理にピッタリです。



お子様と一緒に他の野菜も星型で
抜いて飾ってみたら、まるでそうめんが
天の川のようで可愛らしくなりますよ。


カラフルな五色そうめんと夏野菜、
キラキラのジュレ...


小さなお子様も喜ぶこと間違いなしです。


お子様と一緒に楽しく作ってみてください!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー