モロヘイヤ,離乳食,いつ,レシピ

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

モロヘイヤの離乳食はいつから?レシピは?

読了までの目安時間:約 4分
akachantakaitakai

栄養価の高いモロヘイヤは赤ちゃんの離乳食にも最適です。月齢に合わせていつから食べさせていのか?最適なレシピなどを紹介します。



離乳食に理想的な栄養価のモロヘイヤ


モロヘイヤはエジプトのクレオパトラも
美容と健康のために紀元前から
食べられていました。

morohieya
栄養価が非常に高く、ビタミンとミネラル
豊富に含まれているので赤ちゃんの
離乳食にも最適なんです。


代表的な栄養はカロチン、ビタミンC、
ビタミンB2
野菜の中では珍しい
カルシウムまで含まれています。


これから暑い季節を迎えるので
夏バテ防止のためにも、赤ちゃんのために
食べさせてみてはいかがでしょうか。


乾燥したものは戻すのが大変ですが
水につけておくと元通りの
柔らかい状態に戻ります。


生のモロヘイヤがある場合は
スープにしたり、お粥に混ぜたり
何にでも合います。


味はそれほどくせがなく、味よりも
包丁で切ると粘り気が出るので
その粘りが苦手という人もいます。


この粘りの中には食物繊維が
豊富に含まれているので
、赤ちゃんにも
家族にも良い栄養が入っています。


スポンサードリンク


モロヘイヤの離乳食レシピはいつから?



一番簡単なのはモロヘイヤのスープ
7ヶ月の赤ちゃん出始めるなら
ミキサーを使いましょう。


まずは下ごしらえとして、必ず茹でて
やわらかくし農薬や、汚れなどを
きれいに取り除きます。


乾燥して戻したもの、生の葉っぱ
どちらでもいいのでだし汁を
含ませてミキサーにかけます。

kid0069
このミキサーにかけた後の
どろどろしたものを、ラップに入れ
小分けして冷凍すると便利です。


一番簡単なスープは、いりこ、かつお節
などのだし汁にミキサーにかけた
モロヘイヤを入れるだけです。


入れてから沸騰させてなじんだら
冷まします。


一番最初の一口はスプーン一杯から
赤ちゃんは少ししか食べないので
残りはみそを加えたりして
大人がたべましょう。


そのほかお粥に入れてみたり
一歳前になればお好み焼きの中に
ミキサーにかけたモロヘイヤを
入れるとおいしいです。


とても簡単アレンジいろいろモロヘイヤの離乳食


モロヘイヤを使った離乳食は
栄養価が高く、簡単で一度冷凍保存を
しておくと素早く完了
します。


モロヘイヤは必ず茹でて柔らかくして
だし汁を加えてミキサーか
フードプロセッサー
で食べやすく
細かくしておきます。


細かくしたモロヘイヤは小分けして
冷凍保存しておくのがポイントです。


おすすめのレシピはやはりスープで
クリームスープ、シチュー、みそ汁
中華風に
しても何でも合います。


この時期に食べさせておくと将来
モロヘイヤが苦手ということはなくなり
好き嫌いも減らすことができます。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー