アウトドア料理,子供,デザート

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

アウトドア料理!子供が喜ぶデザートは?

読了までの目安時間:約 4分
ba-bekyu

アウトドア料理で子供が喜ぶデザートはどんなモノがあるのでしょうか?調べてみました。



スポンサードリンク


アウトドア料理のおすすめデザートは?



季節に関係なくアウトドアでキャンプを楽しむ人も
多いと思いますが、バーベキューをする場合
その火を使ってデザートも作れます。


焼きリンゴ


一番代表的なものはなんといっても焼きリンゴ
大きめのリンゴとバターとアルミホイルがあれば
じっくりと火で温めるだけで完了です。


ただ、中まで火が通るのに1時間近くかかるので
バーベキューの始まりから隅っこに置かせてもらい
食事が終った頃に食べられるように考えましょう。



焼きりんごを作る場合りんごの中心部分を包丁か
スプーンでくりぬいて、その部分にバターを
入れておくと早く火が通ります。



リンゴによっては甘みが足りないので、はちみつなど
足してもいでしょう。


焼き芋



もう一つ火を利用してシンプルな石焼き芋を作るのも
楽しいと思います。



子供自身に芋を選ばせて、アルミホイルにくるんで
バーベキューの網の上で焼いてもいいですし
専用の火をおこしてもいいでしょう。


これは本当に放置していていので、デザートに時間が
かけられないような小さなお子さんがいる家に
向いていると思います。


焼きバナナ



王道の炙りデザートで忘れてはいけないのが焼きバナナ
ですよね。



これは長めの串、もしくはキレイな網の上でバナナを
焦がさないように焼いてから、さらにその上に板チョコ
などを乗せていただきます。



焼かれて甘くなったバナナの味に、ほろ苦いチョコレートの
甘みがあわさって絶妙なデザートに変身します。



私としてはアウトドアで一番お勧めなのがチョコがけ
焼きバナナなのですが、どうしても子供が服をチョコレートで
汚してしまうのでそこだけが問題です。


焼きマシュマロ


マシュマロは普段はそのまま食べることが多いと思いますが、
バーベキューの火で焼いて食べるととても美味しいのです。


マシュマロを長めの棒に刺します。


そしてそのまま焼き色が付くまで火で炙ります。


外側はカリットしていてマシュマロの中が熱で溶けて
いるのでいつもと違う食感を楽しめます~~~。


とても簡単だし、子供も喜びます。



アウトドアデザートでは簡単にできる寒天、ゼリーを活用する



アウトドアに出かけるときは蒸し暑い夏の季節が多く
そんな時に食べるデザートはなるべく冷たい方が
いいですよね。



とはいっても冷蔵庫はないので、クーラーボックスの中に
ジュースや、牛乳などを入れてきて現地で鍋の中に
寒天と一緒に溶かすと常温で固まります。



寒天は人の体温と同じくらいの温度で凝固するので
外は蒸し暑くてもゼリーのように固まります。


アラ熱がとれたらクーラーボックスの中で冷たく冷やして
固めると食事が終わった後にデザートとして楽しめて
暑さ対策にもなります。


現地でつくるということにこだわらなければ、最初から
寒天ゼリーだけは家から作ってタッパーなどに入れ
持ってくると楽です。


現地で作りたいのであれば、牛乳を入れて固まる
飲むゼリーのようなフルーチェでも自分で作るので
子供たちは喜んでくれますよ。



ただこの場合冷たい牛乳が必要になるので、近くに牛乳の
売店があるか、大量に氷をクーラーボックスに入れて
冷たく冷やした牛乳が必要になります。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー