みょうが,効能,夏,おすすめ,レシピ

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

みょうがの効能は?夏のおすすめレシピは?

読了までの目安時間:約 4分
jyoseimizu

代表的な夏の香味野菜のみょうが!みょうがの効能と夏のおすすめレシピについて紹介します。



スポンサードリンク


独特な香りと爽やかさで冷たい
料理との相性が良いミョウガ。



そうめんなどの薬味といった、
暑い夏には欠かせない存在ですね。


しょうがやワサビと並び、冷たい
麺の薬味として肩を並べてきた
みょうがですが・・・・


なんと、知られざる効能があった
ことをご存知でしょうか。



今回は夏にぜひ食べて頂きたい
レシピと一緒にご紹介したいと思います。


みょうが効能は?



ではまず、みょうがの効能に
ついてご紹介します。


みょうがは一般的に90%以上が
水分
と言われ、栄養素の量自体は
あまり多くありません。


ですが、含まれている栄養素は
食物繊維、カリウム、ビタミンCと、
現代人に不足しがちなものばかりです。


特にカリウムには体内の余分な
ナトリウム、いわゆる塩分を
排出する働きがあります。


そのため、血圧を下げたり、
むくみの改善が期待できます。
parts_2_rika
更には胃液の分泌を活発にする
作用もありますから、夏バテなどの
食欲低下にも効果的です。



他にも東洋で漢方として使われて
おり、不眠症や生理不順、生理痛に
よく効くと重宝されてきました。


また近年、みょうがの香り成分の
アルファピネンには脳を活性化させる
ことが分かりました。



また、集中力を高める作用があることも
分かり、話題となりましたよね。


このアルファピネンには他にも
血液循環や呼吸を整えたり、発汗作用や
食欲増進に効果があるとされています。



他にも辛み成分には強い殺菌・
抗菌作用があります。


だから食材が傷みやすい季節の料理や
風邪予防としても最適な食材と言えます。


みょうがの夏のおすすめレシピは?



次は夏にぜひ食べて頂きたい
おすすめレシピのご紹介です。


麺類や冷奴の薬味として利用する方が
多いかとは思いますが、他にも様々な
場面で使うことが出来ます。


スポンサードリンク


食欲がなくなり、何となく体が
すっきりしない夏には甘酢漬け
おすすめです。

甘酢漬け


酢、砂糖、酒、みりん、塩を小鍋に
好みの味に合わせます。



そして、一煮立ちさせたものにサッと
湯通ししたみょうがを付けるだけの
簡単レシピです。



疲れたときにとりたいお酢とあわせる
ことで、より一層夏バテに効果があります。


保存できる瓶に作れば日持ちします。


また、刻んで他の食材とあえて酢の物に
したり、ちらし寿司の具として使ったりと
様々なアレンジが出来るのもポイント。

みょうがの天ぷら


他にも天ぷらにすると薬味で食べる時とは
また違った香りや食感が味わえます。



そばの様なサッパリした物と合わせ
やすいので夏にはおすすめです。


みょうがの効能とレシピのまとめ



いかがでしたでしょうか。


いつも脇役としてそうめんや冷奴の
薬味として使われがちなみょうが。


でも、暑い夏、夏バテ防止のためにも
ぜひ積極的に取り入れたいですね。



特に今回ご紹介した甘酢漬けは、
甘酢さえ作り置きしておけば
いつでも手軽に作れます。



だから常備菜としても大活躍して
くれるレシピです。



ぜひこの機会にみょうがをたくさん
使ってみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー