お雑煮,具,由来

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

お雑煮の具の由来は

読了までの目安時間:約 5分
saratohashi

お雑煮の具の由来について調べてみました!!



スポンサードリンク

おせち料理には具材について意味がありますよね・・。


お雑煮の具にも由来とか意味が込められて
いるのでしょうか?


ところで、お雑煮がはじめて食べられたのは、
いつなんでしょうか?


室町時代の書物に「雑煮(ぞうに)」という
言葉がはじめて登場したそうです。


だからそれぐらいの時代から食べられて
いたんだと思います。


お雑煮の具の由来は



そして具の意味というか由来なんですが・・・。


江戸時代の東海地方では武家が
雑煮を食べていました。


そしてその具はなんと「菜類」


菜類とは小松菜に近い野菜だそうです。


餅と菜類を一緒に食べる意味は


「名(=菜)を持ち(=餅)上げる」


という縁起担ぎだったんだそうです。


具にも意味があるんですね~~。


でも、地域によっても具材や味も違います。


東北など雪国では正月にまだ菜類は手に
入らなかったと思いますし・・。


地域ごとに変化していったんだと思います!!


でも、縁起担ぎに今だったら小松菜と
かほうれん草を入れて食べるといいかも
しれませんね~~。



では、雑煮の作り方について体験談を
紹介します。



定番の雑煮は2種類(白味噌と醤油)



主人と私の実家の雑煮の味付けが違うので
2種類用意します。



主人の方は白みそ、かまぼこ、大根、人参、
ほうれん草です。


お出しを取って大根、人参を入れ火が通ったら
白みそを溶かします。


おもちは丸もちで焼いてから入れます。


ほうれん草とかまぼこはお椀についでから入れます。


私の方は醤油味です。


大根、人参、シイタケ、鶏肉、ほうれん草、かまぼこです。


出しを濃いめに取り塩と濃い口しょうゆで味つけます。



こちらもおもちは丸もちで焼いてからいれます。


白みそは大目に入れてトロットした感じに
するのがいいそうです。



多目に作って2回目三回目がおつゆがクリーミーに
なっていいそうです。


シンプルで甘いです。


主人は白みそが断然いいと言います。


醤油味の方はお澄ましより濃いめに
作った方がおもちと合います。


私はやはり醤油系の方が食べやすいです。


ご飯とはこちらの方が合うような気がします。


子供はどちらもおいしいと少しずつ二種類を
同時に楽しんだりしています。


お雑煮のアレンジ



白みそのお雑煮は飽きたら普通のお味噌も
隠し味的に入れてそこに豚肉を入れます。



豚汁風のおつゆににおもちが入っている
感じになり結構おいしいです。



醤油味の方はうどんやそうめんを入れます。


ちょっと小腹がすいた時にいいです。


鶏肉をブリ、サケ、たらに変えてもいいです。


魚は片栗粉をまぶして一旦フライパンで
焼いて入れると生臭くなりません。



この場合主人は白みそと醤油に麺のお雑煮は
食べますが、魚は嫌いということで魚入りは
食べません。


主人は豚汁風の白みそお雑煮をお餅なしで
白いご飯にかけて猫まんまみたいにして
食べるのが好きです。



「行儀が悪いけれどやめられない。」
言いつつ毎年食べています。


私はどれもおいしく頂きます。


私は体重が気になるのでお雑煮にお餅なし
で食べることもあります。



子供はやはりどれもおいしいと全部食べます。


特に麺を入れた鶏肉の醤油味が好きなようです。


子供はこの醤油味のお雑煮に温泉卵を乗せたりしています。

まろやかになっておいしいのだそうです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー