おせち料理,意味,ごぼう

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

おせち料理の意味【ごぼう】

読了までの目安時間:約 6分
oseti002

おせち料理の「ごぼう」の意味について調べてみました!!



スポンサードリンク

おせち料理の意味【ごぼう】



ごぼうは地中に深く根をはるということから
縁起が良いとされています。



「しっかり根をはって生きる」みたいに
いい意味で使われますもんね。


また、ごぼうは少し黒い色をしていますよね。


黒色には邪をはらうという意味もあるそうです。


次に、おせち料理の思い出や体験談についてです。


おせち料理の思い出



我が家のおせちは、


毎年お互いの家に帰る実家の味です。


私自身は作りませんが、母とどんなおせち料理にするかを考え、
材料を年末に実母と買い出しに出かけます。


市場に行くことが多いですね。


内容は本当にシンプルなもの。


母はNHKのきょうの料理の雑誌を愛読していて、
そこからレシピを出してきます。


一度美味しかったものは、翌年から作り続けます。


私の実家は海老好きなので、海老料理は多いように思います。


昆布巻きや数の子、煮しめ、黒豆、変わり巻き、などなど。


去年は私が伊達巻を作りました。こうやって、
母と二人お喋りしながら少しずつ作るのが楽しいです。


きっと、母も楽しんでくれているはず。


二重のお重箱に彩りを考えながらつめていく作業は、
今年も作れてよかったなぁと、笑顔になります。



おせち以外には必ず焼き海老とお造り、
茶碗蒸しがつきます。


母の味、沢山お金をかけたものではないけれど、
優しい手作りの味です。


子供たちはおばあちゃんの味が一番すきですね。


今年も一緒に作れますように。


早くメニュー決めないと!


夫の実家のおせち料理



変わって、夫の実家のおせち料理は、
近隣ホテルのものが毎年並びます。


六角形の木箱に鮮やかなおせちです。


大きな伊勢海老が目立ちます。


少しずつ皆でつつきます。義母は煮しめを
一段のお重に詰めます。


あとはカニ鍋。


毎年このパターンですね。


後は、子供たちも私も大好きな、鯖の酢漬け!


新鮮な鯖をさばいて、土佐酢につけます。


その上からたっぷりと大根おろしをかけ、
柚子をすりおろしたものを散らします。


鯖、大根おろし、柚子を一気に食べる!


なんとも言えない美味しさ。


お箸が止まりません。


これにハマった私は、お正月でなくても、
家で作ります。


家族で取り合いですが。


笑。


実家の味を、自宅で再現してくれる事に
夫は嬉しそうです。


まだ、生の鯖からさばいては作れませんが、
いつかはやってみたいです。



私の地元では、穴子や鯛が美味しいので、
それを手土産にしたりもします。


私がメインで作っていくおせち料理は
どのようなものになるのでしょう。


夫や子供たちの好きメニューがおおく
なるのかな?


いや、やっぱりトラディショナルなものも
大事にしたいな。



母から教わった、大切なレシピを取り入れて、
私なりのアレンジも。


と言っても、まだまだ料理見習い中。


家族が一年の初めに食べる、お弁当。


スペシャルな物なので、手抜きせず、
一つ一つ丁寧に作りたいものです。



意外とおばあちゃんな味が好きな子供たちなので、
トラディショナルなメニューもきっと歓迎して
くれるでしょう。


夫用にお肉料理も増やし、もちろん私の大好きな海老も!!


このお弁当で三が日を過ごしたいです。


家族が一年の初めに食べるお弁当。


だから、一つ一つに意味が込められている。


すごく素敵な事ですね。


家族の誰もが健康でハッピーな一年になるように、
どのお料理にも母の願いが込められて。


こんな事を書いていると、おせちの素晴らしさが
ムクムクと湧いてきます!!



あぁ、今すぐに作って食べたい!


お正月にしか食べないメニュー達ですもんね。


そんな大切な三日間にラーメンやファストフードに
手を出しちゃうなんて愚か者のする事です。


コツコツ作った母にも感謝し、食っちゃ寝
食っちゃ寝の、のんびり正月が一番!



お正月お出かけするのは、神社に行く時のみです。


皆さんも、毎年同じお正月でも、毎年そうやって
過ごせることをありがたく思って、味わって
もらいたいと思います。


さぁ、まずは私用のお重箱GETしないと!


あれこれ考える時間も、もうおせち作りの
一歩を踏み出している証拠。



まとめ



家族の笑顔を頭に浮かべながら、メニュー作り。


きっと、私が食べたいおせちになってしまいそうですがね。笑


海老はどれだけ手に入れよう。


蒲鉾が食べられるようになった私は、
沢山入れちゃいそうー。


キラキラの売ってあるおせちには見た目は
負けるけど、味は天下一品のはず!



夫よ、子供たちよ、母の作るおせち。


しっかと味わえよ?!残すなよ?!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー