共働き,家計管理,口座

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

共働きの家計管理と口座は?

読了までの目安時間:約 5分
jyoseisenn

共働きの家計管理について口座はどうやって分けているのか他の人の事も気になりますね・・。



スポンサードリンク


共働きの家計管理は



大学時代の友達数人と久々にランチをしたときのこと。


皆、結婚して小さな子どもがいます。


そして、皆、まだ働いていています。


共働きのワーキングマザーですね。


そこで、話題になったのが、家計管理についてです。


食費とか住宅ローンとかどうやって夫婦で分けているのか。


銀行口座など、どうやって管理しているのか。


食費とか日用品とか住宅ローンとか子どもの
教育費とか共通で支払う必要がある物もありますよね。


自分の服とか友人とのランチとか趣味に
ついては自分で払うのが当然かもしれませんが。


ある友人は住宅ローンは夫の口座から引き落とします。


それ以外の食費とか日用品は自分が支払うと言っていました。


また、共通の口座を作りそこから共通の支払いを
するという友人もいました。


これは、個人的には抵抗があります・・。


私は、口座は一緒にしていません。


ウチの場合は、生活に必要な基本的は支払いは
夫にやってもらっていました。

(住宅ローンと食費など)


そして、私は子どもの習い事や旅行費は
私が支払っていました。


それ以外に貯蓄ができれば、住宅ローンの
繰越払いにすればいいのかなと思います。


基本的な支払いを夫にやってもらうのは、
何か起きて1人分の収入しか無くなった
時のリスクへの備えです。


私が支払う部分はもし収入が減ったときは
最悪は無くしても大丈夫な物。


そうすれば、何か起きても1人分の収入で
なんとかでききます。


安心ですよね・・・。


それでも、2人で収入があると家計管理が
大雑把になってしまうので、家計簿を付ける
事にしました。


スポンサードリンク



家計簿を付けるきっかけは



私自身現在、育ち盛りの小学生と保育園児の
男の子二人を持つ母です。。


家計簿を始めたきっかけは、長男の妊娠でした。


それまでは夫婦共働きで、極端な話し経済的には
余裕があったのですが…まぁ、こういったご家庭
とても多いのではないでしょうか?


そんなきっかけで始めた家計簿。


でもわざわざ買っても続かなきゃもったいない!!


ノートで家計簿



う思い、ノートで始めてみることにしました。


自分のめんどくさがりな部分を考えあみ出した方法が、
レシートの金額だけ書いていこう作戦!


レシートをお財布に溜め込む方にオススメかも(笑)


書き方は、日付とカテゴリー(食費や衣類等)の
横にレシートの金額を書くだけ!



商品名や1つ1つの金額なんかはめんどくさいので
一切書かず。


実際、自分自身もこんなのが役に立つとは
全く思えていなかったです。


でも文字にしていくと無駄遣いが目に見える
ようになり、なんとなくでも前回よりも安く
買い物を済ませようと意識する様になりました。


また、買い物した日付が続くようなら数日
我慢したりと、自然と節約していこうと
思うようになるんですよ!



買い物の回数が多いのも無駄な買い物を
してしまうので良くないとテレビで見た
事があります。


次に公共料金や家賃、ローンのまとめ。


これも上記と同じく、明細をまとめていくだけ。


これこそ無意味に感じると思うのですが、
こちらのほうが後々為になるんです!!


季節によって変動のある光熱費。


これって節約難しいですよね?


でも止める事なんてもちろん生活に支障きたすし…


ただまとめていくだけでも、上記のように
節約心に火がつくのはもちろんなのですが、
来年度の予算などを計算しやすくしてくれるのです。


誰でも生活の変化(結婚,出産,イベント等)ありますよね?


そういったところで月の生活費を簡単に
算出することが可能なのです。


そして最後にカテゴリー別の合計を出し、
最終的には一ヶ月の合計を出します。


数ヶ月続けて大体の額が読めるようになったら、
その月の目標額を決めて続けます。


そんな家計簿を続けて8年経ちますが、
書き忘れはもちろんいまだにあります(笑)


でも良いんです。


時間のあるときにやっちゃえば良いのですから。。。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー