2014,横浜開港祭,花火,感想,穴場

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

2014年横浜開港祭の花火の感想は?穴場スポットは?

読了までの目安時間:約 5分
hanabi02

2014年横浜開港祭の花火の感想や花火見物の為の穴場スポット等を紹介します。



横浜開港祭とは



横浜開港祭とは毎年6月2日及び
その前後に神奈川県横浜市にて
開催されている大きなイベントです。



主催は、横浜市・横浜商工会議所・
横浜青年会議所などから構成される
横浜開港祭協議会です。


2013年は、アフリカ開発会議の
開催の関係から6月8日と9日に
開催されました。


しかしもともとの開催日の由来は
横浜港の開港です。


安政6年の6月2日開港されたことが
由来となっています。



開港時には、特にこれを祝う行事などは
行われませんでした。


しかし翌年の6月2日には開港1周年を
記念して民衆が山車などを繰り出して
祝ったそうです。



この事が横浜の開港記念日の始まりと
されています。


例年、横浜みなとみらい21地区の
臨港パークをメインの会場として
その周辺地区にて開催されています。



主な催事は、開港祭ライブやドリーム
オブハーモニーや開港祭ストリートや
花火大会などです。



2014年横浜開港祭の花火の感想



横浜開港祭の中でも、花火大会が
非常に人気が高く見どころ満載です。



家族連れやお子様にオススメの
イベントの一つと言えます。



そこで花火を見物するにあたり穴場と
なるオススメのポイントを紹介します。



その内の1つは、横浜駅の東口に
ある大桟橋ふ頭です。



横浜開港祭の会場からは離れてしま
いますが、花火見物だけを目的とし
ているのであればこの場所が最適です。



また、花火を見終わった後にも
街中でのデートを楽しむ事が出来ます。


2つ目のおすすめ穴場スポットは、
中区新山下貯木場です。



出来るだけ人が少ない場所を好み、
周囲を気にせず伸び伸びと花火を
見物したい。


そんな場合にはこちらがオススメです。


手前にある山下公園には、毎年花火を
見物するに為に沢山の方々が詰め掛けます。


しかし、そこから本牧ふ頭方面に
向かい少し歩いた場所に、この
スポットはあります。


また、貯木場交差点付近は人通りも
少ないです。



その為、自分だけの特別な世界に
浸り易く落ち着いて花火を見物
する事が出来ます。



横浜開港祭のおすすめスポット~レストランで花火~



その他では、メイン会場の近くに
あるクイーンズスクエア内にある
レストラン
がおすすめです。


ここは少し奮発して豪華なディナーを
味わうことができます。


デートを楽しむ事が出来たり贅沢な
気分を味わいつつ花火を見物することが
できます。



優雅に景色などを楽しむ事も出来る
ので家族連れの方やお子様にもオススメです。


多少の出費は避けられませんが・・・。


その分かもしくはそれ以上に誰にも
邪魔をされずに優雅に花火を
見物するに事が出来ます。


昼間は、開港祭の花火以外のイベントを
存分に楽しみ夜間には少し離れた場所から
花火を見物。


こうすると1日中横浜の街や横浜開港祭を
満喫する事が出来ます。



2014年横浜開港祭の感想のまとめ



その他には、横浜開港祭ライブでは
ご家族やお子様と一緒に素敵な歌を
なんと無料で楽しむ事が出来るのです。



きっと、あなただけの素敵な
思い出の1ページとなる事でしょう。


この様に、横浜開港祭では幾つもの
楽しいイベントが用意されております。


だから終始飽きる事なく満喫出来ること
間違いないでしょう。


是非、一度行ってみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー