長野,善光寺御開帳,2015,日程,見どころ

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

長野善光寺御開帳【2015年】日程は?見どころは?

読了までの目安時間:約 5分
kattpuru01

長野善光寺御開帳の2015年の日程や見どころについてリサーチしてみました。




長野市の善光寺の御開帳をご存知ですか?


2015年の4月5日から
5月31日まで7年に1度の
御開帳があります。



なんと700万人の参拝者が
この御開帳にやってくるそうです。



7年に1度だと、この機会に
行ってみないとという心理に
なりますよね・。


長野善光寺御御開帳って何?


そもそも御開帳って何なんでしょう?


普段は見る事ができない
前立本尊(まえだちほんぞん)の
お姿を拝むことができる期間です。



この前立本尊は鎌倉時代に
建造された国の重要文化財です。



普段は善光寺のご宝庫に安置されています。


だから、普段は見ることができません。


この7年に1度だけその
お姿を見る事ができるのです。


長野善光寺御開帳の日程は?



2015年の御開帳の期間は
4月5日から5月31日です



今年は北陸新幹線も開通した
ので多くの参拝者が来そうですね。



長野駅から善光寺表参道(中央通)を
まっすぐ約2km進めば良いので迷う
心配はいらないと思います。


また、この参道でも楽しめるように
「日本一の門前町大縁日」も開催されます。


参道でも楽しめるなんて本当に良いですね。


2015年長野善光寺御開帳の見どころは?

hisyaku この御開帳期間に回向柱
(えこうばしら)が奉納されます。



この回向柱に触れるとご利益が
あると言われる柱です。



この回向柱は松代から寄進されます。


なんと300年前から松代からの
寄進されているのでとても歴史があります。


3月29日に回向柱受入式があります。


回向柱は奉納行列と共に、
善光寺へ向かいます。


途中引縄に触れるとご利益が
あるということです。


その為、奉納行列の沿道にも
沢山の人が詰めかけます。


そして、2015年4月3日に
回向柱が建立されます。



そして、4月4日に前立本尊が
ご宝庫から本堂へ移されます。



白い衣装姿の男たちが担いで
運ぶところも見どころの一つですね。


そして、4月5日がいよいよ御開帳となります。


4月5日の朝のお朝事(おあさじ)に
御開帳されます。



お朝事とは日の出とともに本堂で
始まる僧侶たちのお勤めのことです。


これは毎日欠かさずに行われています。


4月25日には中日庭儀大法要が行われます。


この日、華麗な法衣をまとった
住職の行列が進みます。



厳粛な中にも華やかさがあり
御開帳を彩るハイライトと
言っても良い行事です。


せっかく行くならこれは見逃せない行事ですね・・。


でも、混雑が予想されますので、
参拝だけで良いという方は別日に
行くのがオススメかもしれません。


今年初の試みとして、期間中に
回向柱の夜間のライトアップが
行われる様です。


ライトアップの時間は日没から
夜の9時までです。


期間中は毎日行われます。


闇の中に浮かび上がる回向柱も
厳粛な感じがして新たな感動が
ありそうですね。



北陸新幹線で是非、行ってみたいですよね。


また、長野駅からは一茶の句碑が
街中に立っていたり、丁石が
表参道に立っています。


そんな石碑を探してみるのも
楽しみの一つかもしれません。


また、歴史ある門前町を散策して
みるのもいいですよ。


それに最近は善光寺門前には古民家を
利用したカフェやレストランや
ショップが増えています。


そんな古民家カフェでお茶をする
のも素敵な思い出になりそうですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー