蛍,観賞,時間帯,関東,おすすめ,スポット

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

蛍が観賞できる時間帯は?関東のおすすめスポットは?

読了までの目安時間:約 7分
eye_ok2

蛍が観賞できる時間帯は何時頃ばベストなの?また、関東のおすすめスポットについても紹介しています。



スポンサードリンク


蛍と言えば初夏の風物詩ですね。


一昔前はどこでも見られたようですが、
今では見かける機会はかなり減りました。



かくいう私も、まだ本物は
見たことがありません。



一時は絶滅まで噂された蛍ですが、
様々な人の努力によって少しずつ
復活の兆しを見せています。


現在では都内でも見ることが
できるようにまでになったのだとか。


暗闇の中、淡く光る蛍はとても
幻想的で、一度は見てみたいものです。



そんな方のために、蛍を見るのに
最適な時間帯と関東での
おすすめスポットを調べてみました。


蛍を見るのにおすすめの時間帯は?



蛍が飛び交う時間帯は、
一日に3回あるのだそうです。


まず1回目が夜7時から9時の間


その中でも夜8時から8時半までが
数が最も多く、綺麗です。


それ以降では夜11時前後、
最後に午前1時から2時頃だそうです。


遅くなればなるほど、メスも
出てくるので数が増えていくそうです。


スポンサードリンク

しかし出かけることを考えると、
やはり1回目の夜7時から9時の
時間帯がおすすめ。


遅い時間だと、近所にお住いの方々へ
迷惑にもなってしまいます。


ピークは30分間と非常に短いので、
見逃さない様に余裕をもって
出かけてください。


また蛍がよく飛ぶのは
気温が20度以上で、
晴れた風のない日
だそうです。


蛍はとても繊細な生き物で、
少しの刺激で死んで
しまうことがあります。



そのため、雨が降っていたり
寒かったり風が強い日は
あまり見ることができないそうです。



ちなみに、蛍と言っても、光を
発するのは一部の種類に限られます。


日本で見られる、光る種類の蛍は
ヘイケボタル、ゲンジボタル、
ヒメホタル
が一般的。


まず5月中旬から
ゲンジボタルが飛び始めます。



少し遅れてヘイケボタルも飛び始め、
8月ぐらいまで活動
するそうです。


桜と同じように地域ごとに
飛び始める時期が少しずつ
ずれますので、確認してみましょう。


ちなみに東日本では例年、
6月から7月が最盛期のようです。


蛍を見るなら?関東の厳選おすすめスポット



では、関東で蛍を見るのにおすすめしたい
スポットをいくつかご紹介します。


まずは山梨県身延町にある
湯町ホタル公園です。


こちらは公園だけでなく、
一色地区という地域全体で
蛍を見ることができます。


しかも全て、自然に繁殖した、
野生の蛍です



蛍を見られるスポットは数あれど、
野生の蛍を見ることは
なかなかできません。


東日本一の自然繁殖数を
自負しているだけあり、
その数は圧巻なんだとか。


温泉もあるので、日々の疲れも
一緒に癒すことができます。



また、毎年ホタルまつりも催され、
ショーがライブが見られたり、
名物ほうとうがふるまわれます。


長年のファンも多いという一色の蛍、
一生に一度は見る価値があります。


詳細はこちら→下部観光協会


次にご紹介するのは、
千葉県いすみ市の源氏ぼたるの里です。


いすみ市の山田地区につけられた名前で、
普段はなんでもない田園地帯です。


ですがシーズン中は一転、
多くの人でにぎわいます。


特に旧ライスセンターから
山田五区民センターにかけてのスポットでは
蛍の乱舞を鑑賞できます。


分かりにくい場所ですが、
シーズン中は案内も出ますので安心です。


駐車場も50台ほど完備しています。


また、ホタルの生態などを
解説してくれるイベントも開催



申し込み不要ですので、
気軽に参加してみてください。


詳細はこちら→いすみ市商工観光課


最後にご紹介するのは、
東京都文京区にある
ホテル椿山荘東京です。


23区内で蛍が見られる
珍しいスポットです。



庭園内は整備され、ビオトープ
ありますので雨の日でも蛍を
間近で見ることができます。


ホテル内のレストランでは、
蛍をコンセプトにしたメニューも
期間限定で用意されています。



また、閉園後の庭園でゆっくり蛍を
鑑賞できる特別宿泊プランも。


ホテルとして名高い椿山荘ですが、
蛍を見に行くだけなら、
気軽に行けそうですね。


その際はお料理もぜひ一緒に
味わってみてください。


詳細はこちら→ホテル椿山荘東京


他にも都内なら、福生市のほたる公園や
昭島市の昭和の森でも見ることができます。



より自然に近いかたちで見たいなら、
あきる野市の養沢川
日の出町の平井川もぜひ。


まだまだ都内でも蛍は
たくさん見ることができるのです。


蛍観賞についてのまとめ



いかがでしたでしょうか。


数が少なくなってきているイメージの
強い蛍ですが、調べてみると意外に
いろんな場所で鑑賞できます。



関東だけでも、50ヶ所近くの
観賞スポットがありました。



それだけ蛍が色々な人に
愛されている証拠ですね。


また、蛍は繊細ですので
観賞する時は配慮が必要です。


フラッシュは厳禁ですし、
ゴミを捨てていくなんてもってのほか。


自然あってこその蛍ですから、
環境を破壊しないよう気を付けましょう。


近所の方の迷惑にもなりますので、
騒いだりもやめてくださいね。



マナーを守って、
楽しく鑑賞してください。


きっと、素敵な思い出になるはずです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー