狭山スキー場,混雑,正月

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

狭山スキー場の混雑【正月編】

読了までの目安時間:約 5分
skitome

狭山スキー場のお正月の混雑状況について狭山スキー場のお問い合わせ電話番号に直接電話して聞いてみました!!。



スポンサードリンク

狭山スキー場のお正月の混雑は



お正月に狭山スキー場に行こうと検討してたので
狭山スキー場に電話してスタッフに聞いてみました!!


ネットで検索しても分からなかったのですが
スタッフに聞くととても丁寧に教えてくれました。


最初から電話しておけばよかって感じです。


それでは狭山スキー場の正月の混雑ですが、
1月1日はそれほど混雑していないようです。



2日から学校の冬休み期間(7日頃まで)


超~~混雑しているようです。


この期間はチケット売り場も30分待ちだったり
リフトも15分から20分待ちになるようです。



レンタル用品も物によっては品切れになってしまうようです。


レンタル用品で特に女性は足のサイズ23センチは
すぐに無くなってしまいます。



男の人の場合は足のサイズ26センチ~27センチ位は
やはりすぐに無くなってしまうそうです。


狭山スキー場のオールナイトの混雑状況についてはこちら


お正月混雑の攻略方法は



そこでお正月の混雑を攻略する方法です。


狭山スキー場は場所自体は9時に開場するようなので、
9時半のチケット発売まで中で待ちます。


9時半にチケットをゲットして10時のスキー場が
オープンするまで、着替えたり、レンタルしたり
して時間を潰します。



そして10時にゲレンデがオープンしたら滑る
というのが一番良いようです。


ちなみに、この時期は(山のスキー場がオープンする為)
オールナイトはそれほど混雑していないようです。



あとは、レンタルせずにスキーやスノーボード
用品は持ち込むというのはいいかもしれません。


狭山スキー場の場所は



狭山スキー場は埼玉県にある室内スキー場で、
西武線の西武球場前駅から徒歩3分程の
ところにあります。



西武ドームのすぐ隣にあります。


西武球場前からは西武遊園地まで行ける
レオライナーも出てるので、野球観戦の後や
遊園地帰りの子連れの方でも気軽に利用できます。



もちろん、1日狭山スキー場で楽しむこともできます。


次に狭山スキー場に通っている方の体験談やおすすめ情報です。


狭山スキー場の体験談



近くにはコンビニもあり、スキー場内にも飲食店が
あるので食事に困ることはないです。



また、レンタルサービスも充実していて、
スキースノーボード道具・スキーウェアの
レンタルが行われています。


道具を持っていない初心者にも優しいスキー場です。


そして初心者の方は、無料貸し出しされている
ヘルメットの着用をお勧めします。



スキー場は一人乗りリフトが2基あり、
平日は待ち時間はほとんどありません。


初心者の方でもリフトに簡単にリフトに乗れる
ようにスキー場のスタッフが補助してくれます。


子連れの方も安心してお子様を任せられます。


コースの上の方は初心者の人にとっては若干
急かもしれませんが、コース全体的には
なだらかなので誰でも楽しむことができます。



上級者の人にとっても基本的な滑りを身に
つけることができるコースです。


また、スノーボードの人はコース脇にある
小規模なジャンプ台で技を磨くこともできます。


私自身は高校時代スキー部に所属していた
こともあり、この狭山スキー場にとても
お世話になりました。


シーズン前の時期の基本練習、シーズン中の
滑りのチェックなどいろんなことができました。



平日は夕方頃から行ってリフト待ちは
ほとんどありませんでした。


土日はシーズン前は多くのスキーヤー、
スノーボーダーで賑わうことが多く、
リフトに並ぶことも多かったです。



私達はリフト混雑時にはコース脇を
板を持って登ったこともありました。



体力がある上級者の方には混雑時にオススメです。


電車で行くことができるスキー場、都会に
近いスキー場ということで多い時には平日3回と
土日のどちらかの週4回通うこともありました。


遠くに行くことなく滑ることができるので、
レベルアップには最適でした。


シーズン前に狭山スキー場でレベルアップしてから
シーズンに臨むのが最適だと思います。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー