母の日,カーネーション,花言葉

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

母の日のカーネーションの花言葉は?

読了までの目安時間:約 4分
ka-nesyon

母の日のカーネーションの花言葉は?あげれてはいけない色があるって本当?調べてみました。



母の日の主役カーネーションの花言葉は?



母の日の主役であるカーネーションの
花言葉は色によって全く意味が違います。



象徴的な赤いカーネーションは「母への愛」と
母の日にぴったりで、母に対する感謝の気持ちが
色で表れています。


ところでどうしてカーネーションを母の日に
送るようになったのでしょうか?


母の日にカーネーションの起源は?



この風習はアメリカからはいって来たものです。


アメリカのアンナ・ジャービスという方がお母さまが
なくなった後で教会で捧げたことが始まりです。


その時には白いカーネーションが捧げられて
いたのですが、日本では赤いカーネーションが
母の日の代表になっています。



もちろんアメリカでも五月の第二日曜日が毎年
母の日となっており、日本でもそれにならって同じように
五月の第二土曜日に定めています。


色で違うカーネーションの花言葉



最近では様々な種類のカーネーションが出回り
何色送っても良いようですが、ある色だけは
避けた方がよさそうです。


赤いカーネーションは母への愛


白いカーネーションは純粋な愛情


ピンクのカーネーションは女性の愛


またピンクのカーネーションは西洋では
母の愛ということになっているので
外国ではピンクのカーネーションが一般的です。


珍しいもので紫色のカーネーションは誇り
という意味がありますが、あまり母の日には
関係がなさそうです。


送ってはいけないのは黄色のカーネーションです。


知っている人も多いと思いますが、花言葉で使用は
悪いものがほとんどです。


黄色のカーネーションの花言葉は「軽蔑」「嫉妬」
ですから相手のことを傷つけてしまう可能性もあり
母の日に送るなら別の色にしましょう。


ほかのときにも黄色の花ことばは相手に対して
鋭い意味を持ったものが多いので、お見舞いの時
贈り物の時に黄色の花は外した方がいいかもしれません。



わからない時は花屋さんに相談してみると
すぐに対応してくれるので助かりますよ。



花言葉は定められていますが、母親としては
大好きな子供が送ってくれるのならどんな花でも
喜んでくれるでしょう。


母の日で気をつけなければならないのは
実の母親ではなく嫁ぎ先の親に送る場合が
大切になります。


自分の母親に贈るのを忘れたとしても、絶対に
姑さんにだけは忘れないように花束だけでも
鉢植えだけでも送っておくと今後の付き合いが違います。


花束で手渡すと、この年代のお母さまもしかしたら
もらったことを忘れることがあるので、鉢植えで
カーネーションを渡した方がいい場合もあるでしょう。


とにかく母の日は赤いカーネーションが象徴的で
お母さんへの感謝の気持ちが込められているので
1年に一度くらい花を贈ってもいいのではないでしょうか。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー