宮城県亘理町,イチゴ狩り,体験談

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

宮城県亘理町のイチゴ狩りの体験談

読了までの目安時間:約 3分
itogo

宮城県亘理町のイチゴ狩りの体験談について紹介します。



スポンサードリンク


宮城でイチゴ狩り


私の人生の中でイチゴ狩りの体験は一度だけです。


今から5年前に、当時小学生だった息子の
春休みを利用して、宮城県亘理町で
イチゴ狩りをしました。



某旅行誌から電話で大人二人、子供一人と
予約を入れました。



持ち物は特に必要ないとの事でした。


でも念のため長靴を用意して行きました。


まだ東北は肌寒い4月上旬。


行くまで全くイチゴ狩りが想像出来ませんでしたが、
そこに着くと、いくつものビニールハウスがありました。


イチゴってハウスで育つんだ!と、
ビックリした記憶があります。


イチゴ狩りの料金は



料金は一人1200円でした。


お客さんは私達だけだったので、農園の方が
親切に『こちらから順番にどうぞ』と、
案内をして下さいました。


持ち物は特に必要ないと言われましたが…


農園の方から渡された物は、紙コップを一人一個。


食べた終えたイチゴのヘタを入れるそうです。


イチゴの味は



初めてのイチゴ狩りで、あのイチゴの美味しかった
事にとても感動しました。


粒は大きいし、まるでイチゴジャムを
食べているかのように、とてもとても
甘いイチゴでした。



そしてハウスによって、品種が違うので、
沢山の品種のイチゴを食べる事が出来ました。


オススメポイントは、その中から自分達の
好きなイチゴを見つけて、そこを集中して
食べられる事です。



もちろんみんなで、一番甘いイチゴを選びました。


息子の満足そうな満面の笑みがとても
記憶に残っています。


大好物のイチゴをお腹いっぱい食べさせて
あげる事ができ、1200円も惜しくないなと
思いました。



沢山食べたので、ランチが出来ませんでした。


イチゴ狩りのおみやげは



帰りに実家の両親に、イチゴのお土産を
持って帰りたかったですが…



とても高いお値段…お土産は断念しました。


フルーツ狩りは、お土産代が高いと聞きますが


本当だなと思いました。


私達が行った農園が、震災で被災したと聞き、
とても残念に思いました。


もし復活しているなら、是非また美味しいイチゴを
お腹いっぱい食べに、家族で遊びに行きたいです。


次回はお土産代も頭に入れて


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー