夏休み、自由研究、小学4年生

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

夏休みの自由研究【小学4年生】

読了までの目安時間:約 4分
b9b2235eb22dbdb47db43c47b62a73f1_s

もうすぐ夏休み!他の人と重ならない自分だけの自由研究を探してみませんか?お子さんの為にいくつか紹介します。




本物の草や花を使った自由研究


私が小学四年生の夏休みに実際に
提出した自由研究をご紹介します。


私が提出した作品のタイトルは
「夏の景色」でした。
ジャンルは美術と理科の合体です。


用意するものは、ホームセンターに
売っているスチロール製の水色の
緩衝材
と、草花や木の葉や枝、
スチロールに合うボンド
です。


仕上げに飾りつけを希望する方は
木枠やモール、布等を用意
すると
オリジナリティが出て良いと思います。


ポイントは絵の具や色鉛筆などの
代わりに草花を使ってキャンバスを
埋めていく、という点です。


上記の準備物の中で最も手に入り
にくいものはスチロール製の水色の
緩衝材かと思います。


もし見つからなければ水色の画用紙など
厚手でキャンバス代わり
になりそうな
物であれば代用出来ると思います。


小学生が使いやすい自由研究の材料


夏休みの自由研究の材料にスチロール製
の水色の緩衝材を使う理由は
主に3つあります。


一つは、軽くて持ち運びしやすい
ことです。


私が自身の作品につけたタイトル
から推察できるように、作品または
作品の材料は外に持ち運びする
ことが前提です。


もちろん室内で作ることも可能ですが
作業工程中に何か閃いたときには
作りかけのキャンバスを持って行ける
ということは大きなメリットです。
3cd19766ad7458de9db2d70b604cfba7_s
二つ目は、好きな大きさにカッティング
できるという点です。


キャンバスは必ずしも長方形で
なければいけない、というわけではなく
更に言えばいくつかつなぎ合わせても
良いと思います。


画用紙だとつなぎ合わせた際、安定感が
なくなる為、スチロール製の緩衝材を
推奨します。


三つ目は、スチロール製の水色の緩衝材は
よく見ると水色と白のまだらです。


言い方を変えると、絵の具などを使わずに
空を表現することが出来ます。
作品の小さなポイントになります。


夏休みの自由研究は季節感がポイント



作り方は、まず原画を考えます。
夏休みの自由研究なのでオススメは
夏休みに行った場所の自然風景です。

昔撮った写真でも、近所の風景でも
想像の景色でも大丈夫です。


作業工程の中での変化を楽しむことも
出来ますが、完成度に不安を感じる方は
色鉛筆などで原画を下書きして
おくと良いと思います。


次に原画の配色に合う自然物を探します。
原画が実在する自然風景であれば
その場所に行ってその植物の一部を
もらってくるのが一番良いと思います。


私は原画を近所の公園から見える山と
草花という風景画にしたので、実際に
山へ行って葉や枝を取ってきたり
公園のスミレを摘んで材料にしました。


最後に、原画に合わせて植物を
貼り付けていきます。


ポイントは、植物をそのまま貼る
のではなく、分解して色味ごとに
貼り付ける
、という点です。


私はスミレの花びらの薄紫の部分で
家々の窓を、白い部分で壁を表現しました。
分解することで植物の構造がわかります。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー