仙台七夕まつり 2014年

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

仙台七夕まつり 2014年

読了までの目安時間:約 4分
fukinagashi

2014年の仙台七夕まつりについて
調べてみました!!


名称:仙台七夕まつり

 

開催日時:

2014年8月6日・7日・8日

 

開催時間:

[飾り付け時間]
8月6日(水)・8月7日(木)/10:00頃~22:00頃(予定)
8月8日(金)/10:00頃~21:00頃(予定)

 

[おまつり広場] ※勾当台公園市民広場
8月6日(水)~8月8日(金)/11:00~21:00

 

開催場所:仙台市中心部および周辺商店街
※5日(火)の仙台七夕花火祭は仙台西公園付近

仙台の七夕まつりは子どもの頃によく祖母に

 

連れて行ってもらった思い出があります・・・・・・・。

 

祖母の家が岩手県の一関市だったので、
確か電車で連れて行ってもらったと思います。

 

その時に、通り一面に飾ってある豪華な
笹飾りに圧倒されたのを覚えています。

 

笹飾り、色鮮やかで、とても華やかですよね。

 

この笹飾りは和紙を中心に作られているんだそうでそうです。

 

また、飾りは七つ飾りと言って、7つの種類の
飾りがあり、それぞれに願が込められています。

 

7つとは①短冊、②紙衣かみごろも③折鶴
④巾着(きんちゃく)⑤投網(とあみ)
⑥屑篭(くずかご)⑦吹き流しです。

 

①短冊→学問や書道の上達

 

早朝、カラトリの葉にたまった夜露を
硯(すずり)に集めて墨をすり、 詩歌を
書いて、学問や書の上達を願ったそうです。

 

②紙衣(かみごろも)→病気や災難の厄除け、裁縫の上達

病や災いの身代わりに捧げたという衣。

昔は、母や師匠に教えられ、裁縫の腕が
上がるよう願いながら縫われました。

 

③折鶴(おりづる)→家内安全と健康長寿

 

家の長老の年の数だけ折り、延命長寿を願いました。

折り方を習う娘たちは、折り紙を通じ、教わる心、人に教える心を学びました。

 

④巾着(きんちゃく)→商売繁盛

富貴を願いながら、節約、貯蓄の心を養いました。

しっかりとひもで結ばれ、無駄遣いを戒めています。

 

⑤投網(とあみ)→豊漁・豊作

 

 

幸運を寄せ集めるという意味も。

仙台近海の豊漁を祈願しました。

 

⑥屑篭(くずかご)→清潔と倹約

 

七つの飾り物をつくり終えた裁ちくず、紙くずを拾い集めて屑かごの中にいれました。
ものを粗末にしないで、清潔と倹約の心を育てました。

 

 

⑦吹き流し→織姫の織糸

 

織姫の織り糸を象徴し、昔の織糸をたらした形を表しています。

 

機織りや技芸の上達の願いを込めました。

 

私は個人的には吹き流しの笹飾りが好きです。

 

くす玉の下に長い紙が垂れ下がっている飾りです。

 

この吹き流しが沢山、飾られているのを見ると、

おまつりって感じで元気が出てきます。

 

また、懐かしいな~~と子どもの頃を思い出します。

 

まだ、この笹飾りを見たことがない人は

是非、一度足を伸ばしてみては・・・・・・・。

 


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー