ゴールデンウィーク,キャンプ,寒い,シュラフ,服装

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

ゴールデンウィークのキャンプは寒い?シュラフは?服装は?

読了までの目安時間:約 5分
a0555_000064

ゴールデンウィークのキャンプの寒さについてリサーチしてみました。シュラフの選び方や服装や就寝時対策は?



ゴールデンウィークといってもまだまだ寒いです。


もちろん、場所にもよりますが・・。


また、日中と夜の寒暖の差が激しい
ことが多いです。


それにキャンプするような場所は
普段より標高の高い場所である
ことが多いと思います。



だから寒さ対策はしっかりと
しておきましょう。



GWのキャンプにおける寒さ対策~服装~


まず、ウエアはレイヤードで防寒対策をします。


レイヤードとは、重ね着の装いのことです。


子どもの着ぶくれや薄着には、
充分気を付けてください。


テント内ではフリースソックスなどを
使用すると、足元が冷えずに済みます。


GWのキャンプの寒さ対策は?【ファミリー編】についての詳細はこちら

GWのキャンプにおける寒さ対策~シュラフ~



シュラフは冬対応の寝袋を使用します。


もしオールシーズンの寝袋を使用する場合は、
0℃対応になっているものを使用します。


寝る前は、着替えを済ませて身体を
ドライな状熊にしておきましょう。



寒さに関しては、個人差があります。


自分が寒がりかそうでないのかを
ショップの人に伝えて、自分に最適な
商品を選んでもらうのが賢明です。


また、汗をかきそうになったら早目に
脱ぐことも大切です。



汗をかいてからでは、身体の熱量を
奪われやすく、身体が冷えてしまいます。


スノーピークのテントの評判について詳細を知りたい方はこちらをクリック

GWのキャンプにおける寒さ対策~就寝時~


GWのキャンプにおける寒さ対策で
重要になってくるのは寒さで
寝れないときです。


夜は足が冷えていては、
なかなか眠れません。



スポンサードリンク


着ていたアウターを足に巻く
などして、足を冷やさないよう
にしましょう。



足がどうしても暖まらない場合には、
アルミ水筒で湯たんぽを作ります。


水筒にお湯を注ぎ、低温火傷し
ないように、バスタオルなどで
包んでから足先を暖めましょう。



寝てからは肩から冷えてきます。


バスタオルやブランケットなどを
肩にかけましょう。


また、ハイネックの衣類やネック
ウォーマーを着用して、空気に触れる
肌の面積を極力減らすことも大切です。


顔が冷える場合には、マスクを
して寝ましょう。



結構、効果があります。


また、冷えや寒さは、地面を
渡って身体に伝わります。



地面に断熱シートを敷いたり、
毛布やブランケットを敷いたりしましょう。



そして、できるだけ熱を遮ることの
できるテント造りも重要です。


何枚か余分に、フリースの
ブランケットや毛布などを
持って行きましょう。

GWのキャンプにおける寒さ対策~食事~

autodor
春キャンプは日中はポカポカと暖かく、
夜はキンキンに冷え込みます。


特に夕方から夜にかけては一気に
冷え込むので、身体の芯から温まる
メニューがオススメです。



バーベキューのように皿に小分けに
するものよりも、スープものが
良いでしょう。



シチューや豚汁、煮込み、鍋などがあります。


身体を温める食材は以下のものがあります。


参考にしてください。


根菜類、赤身の肉、卵、チーズ、魚介類。


北方産の果物(りんご、さくらんぼ、
ぶどう、プルーンなど)


塩気のある食べ物(味噌、しょうゆ、
明太子、ちりめんじゃこ、漬物など)です。


特に、ネギ、ショウガ、トウガラシは
身体を温める食材として有名です。


これらを全部一緒に入れても美味しく
食べられるメニューとして、
豚汁があります。 



また、お酒は一定量を越えると身体を
冷やして酔い冷めをしてしまいます。



長い時間をかけて、ちびちびと
飲むのがコツです。

アウトドア料理のデザートで絶対に
喜ばれる話題のスモアについて
詳細を知りたい方はこちらをクリック




スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー