クワガタ,採集,時期,時間

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

クワガタ採集の時期は?時間は?

読了までの目安時間:約 7分
otokonokomushi

夏になると子供からクワガタ採集したい~とねだられます。そこでクワガタ採集の時期や時間についてリサーチしてみました。



夏も本番になり、セミがうるさく
鳴く頃の代表的な昆虫と
言えばクワガタですね。


いつの時代もカブトムシと
人気を二分する甲虫の代表格です。



そんなクワガタを実際に採りに
行った経験はありますか?


実際に採りに行ったことのある方は
思いのほか少ないかもしれません。


採集に出かけた事はないけど、
今年の夏、チャレンジしてみたい!



子供にクワガタを採って見せてやりたい!


そんな方々のためにクワガタ採集の
ための基本をまとめました。



クワガタ採集の時期や時間はいつがおすすめ?



まずクワガタ採集に適した
時期や時間についてです。


せっかく勇んで出かけても時期や時間が
間違っていたら元も子もありません。


クワガタの発生時期はカブトムシと
同様に6月~8月がメインです。


しかしクワガタの場合、早い物では
5月中旬から活動を始めます



天敵であるカブトムシがまだ少ない
6月~7月中旬が狙い目です。



コクワガタなら場所に
よっては10月頃まで
採集できることもありますよ。


また、採集に出かける時間は
暗い時間がいいでしょう。



夜ならば日が落ち始めた夜7時以降、
明け方なら午前4時~6時がベストです。



風がなく、蒸し暑い夜が
特におすすめです。


採集方法によって違いますが、
ライトを使って採集するなら
新月の日など、月が陰っている日が
いいですよ。



クワガタを採るならココを探せ!採集時のコツ



クワガタ採集の時期や時間が分かったら、
次は探すポイントです。


採集に出かける場合、必ず行って
おきたいのが下見です。


樹海のように広くはなくとも、
雑木林に入るわけですから
多少の危険は伴います。



道のりや滑りやすいなど
危険な場所を明るいうちに
必ず確認しておいてください。

スポンサードリンク

野生のクワガタの餌は樹液です。


なので、樹液が出ている木を探せば
おのずとクワガタにも出会えます。



樹液を出す木はコナラ
クヌギなどの広葉樹です。


採集に行く際は、どんな木が多い
雑木林なのかをまず
チェックしておきましょう。


スギやヒノキなどの針葉樹が
メインの雑木林は採集できる
可能性は低いです。



昼間の間に広葉樹が多く生息している
雑木林を見つける事から始めましょう。


樹液が出ている木を見つけたら
目印を付けておくのを忘れずに。



また、樹液が出ている木を探す
ポイントは樹液の香り。


夏の強い日差しを受け、樹液は
甘酸っぱい独特の香りを出します。



その香りに虫たちは次々と
引き寄せられてくるのだとか。


人間でもその香りを一度かぐと、
絶対に忘れられないそうです。


樹液が出ている木が近くに
あるかどうかの判断材料になります。



この樹液の出ている木を探す方法が、
地道ではありますが最も確実です。


しかし、そうは言っても簡単に樹液が出て
いる木を広い雑木林の中探すのは大変。


そんな時はライトを使って
おびき寄せてみましょう。


月の光に似た、青や白のライトをつけ、
寄ってくるクワガタを待ちます。



月の光に向かって飛ぶ、という
クワガタの習性を利用した方法です。


しかし、この方法だとガやコガネムシなど
余計な虫もひきつけてしまいます。



虫にあまり耐性のない方
にはおすすめできません。


他にも外灯に引き寄せられた
クワガタを捕まえる方法もあります。


しかし、外灯を利用する場合は
運の要素が非常に大きくなります。


確実に採集したいのであれば
樹液の出ている木を地道に探しましょう。



クワガタ採集に行くなら?服装と持ち物



では最後に、採集に行く際の服装と
持ち物について解説します。


いくら昆虫採集と言っても
暗い時間に森に入るわけですから
ある程度の準備は必要です。


まずは虫刺されや植物によるカブレ、
ケガの防止のための長袖長ズボン


同様に帽子、手袋、首元のタオルも
忘れないようにしましょう。



首に巻く以外に、汗を拭くための
タオルも必要です。



靴は歩きやすい運動靴か、
長靴がおすすめです。


長靴であれば万が一マムシなどに
噛まれた時の対策になります。


次に持ち物です。


忘れてはいけないのが懐中電灯に、
採集した虫を入れるケース


また、虫刺され防止のための
虫除けスプレーなど、
虫除けグッズも必需品です。


懐中電灯は頭に取り付けるタイプが
両手が自由に使えるので便利です。


虫を入れるケースは仕切りを
付け、1匹ずつ入れられる
ようにしておきましょう。



何匹も同じ空間に入れると
ケンカして持ち帰るまでに
死んでしまう事があります。


仕切りをつけ、お互いが
見えない様に工夫してください。


また、ピンセットペンチ
必需品と言えます。


クワガタはカブトムシと違い、
木のうろに隠れている
ことが多いためです。



引きずり出す時に非常に
便利ですので忘れない様にしましょう。



他には地図やコンパスも大事ですが、
現在はスマホがあるので代用可能です。


電池切れなど起こさない様に
充電は忘れずにしておいてくださいね。



ちょっとした切り傷などに対応できる
応急セットも持っていくと便利です。


クワガタ採集についてのまとめ



今回は、クワガタ採集に
ついて調べてみました。


参考になりましたでしょうか?


大人になると何となく気持ち悪く
思えてしまう昆虫も、
子供にとっては宝物です



採集のために暗い森を歩いたり、
樹液の出ている木を探したりは
きっと良い思い出になりますよ。



お子さんを連れて、ぜひ昆虫採集に
出かけてみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー